よこべー通信104通目2017年3月号
メールマガジン「よこべー通信」3月号完成しました。
今月も次の月にずれ込んでしまいました。

「よこべー通信」は1年1度更新の有無をお尋ねしています。
なかなか「もういらないです」と言うのって難しいですので、継続希望の方にお手間ですが「希望」の意思をお伝えしてもらってます。
もう既に更新希望のご連絡をしてくださった方ありがとうございます。

内容としてはまず柱となるのは毎月の書き下ろし新曲を披露することです。
その他はエッセイを書いてます。エッセイはまじめに音楽のことを書いたり日常生活で気になったことを綴ったりしてます。
私は物書きじゃないですが私の音楽にご興味を持っていただくきっかけになったらいいなと。
音楽に関係なく読んでいただいてももちろん結構ですし、お好みでいいです。
そんな中お返事を下さる読者の方もいらして次の新曲のヒントになったり、単純に背中を押されたり勇気づけられたりしてます。ありがたいです。
ぜひ更新してほしいです。
新規希望も受け取り復活希望も大大歓迎です。

それでは以下今月の目次です
0.YOKO's Cafe Members ログイン
1.先月の新曲への感想
2.今月の新曲「あかいろ」
3.エッセイichi「今月は更新の月です」
4.今エッセイni「ひのきやライヴを終えて」
5.エッセイsan「他人の子を叱れる?」
6.エッセイyon「ボンカレー」
7.羊子LIVE
8.羊子のアンテナ
9.秋山羊子のアルバム購入方法
10.羊子へのメッセージ
b0026428_182037.jpg


(本日の一曲)
マイケル・ジャクソン「Girlfriend」
# by akiyama-yoko | 2017-04-03 19:16 | お知らせ | Comments(0)
関門 - ひのきやさんLIVEレポート
18日は三重県大紀町のHINOKIYAライヴにお越しくださってありがとうございました。
2年3ヶ月ぶりのヒノキヤさん。やっぱりここが好きだなーって改めて思いました。

最初にRAMOさんのステージ。
予想していた通り今回も楽しかった。そしていつも以上に伝わってきて時にはとても辛い気持ちにもなったりした。
MCで「とりあえず何でもいいから生きていて欲しい」
「頑張れないのと頑張らないは違う」と歌う。

生きていると人それぞれに葛藤がある。
想い通りにならない自分、そういう自分を責めてしまう自分。

自分のステージの前にとても勇気づけられると同時に恐ろしくなった。
私はこのRAMOさんの強烈なメッセージに匹敵する強いメッセージを持ってるのだろうかと。

でももちろんそんなの今更どうこうなるわけじゃないのでいつも通りやろうと思いステージに上がりました。
お客さんは集中してくれていて、何ていうかとてもニュートラルに居てくれてる、そんな感じがしました。

終演後はCDを買って下さったり、声をかけて下さる方が思いのほかいてとてもとても励みになりました。
自分がやりたいから歌ってるわけだけど、やはり共感されたり、伝わったりがないと続けることは困難です。
まず何よりも自分がいいと思う歌を作り歌うこと。それがまず第一関門、そしてそれが伝わって誰かの歌になることが第二関門、そしてそれを持続することが第三関門。

セットリストです。

羊子
クロックムッシュ
イチ ニー サン
もう一度僕らは
ひびれ
指一本で倒されるだろう
米寿の伝言(with 堀木元木さん)
ジンギスカン
水分

春よ来い(松任谷由実cover/RAMOさんとのセッション)
桜(RAMOさんの曲/セッション)
b0026428_15571420.jpg

(本日の一曲)
土岐麻子「脂肪」
# by akiyama-yoko | 2017-03-20 15:57 | ライヴ・レポート | Comments(0)
親子ユニットRAMOを紹介します。
今週末3/18(土)三重の大紀町ヒノキヤさんでのLIVEでご一緒させてもらうRAMOさんを紹介させてもらいます。

RAMOさんは自閉症の息子楽守(らも)さんとお父さん大徳さんの親子ユニットです。
楽守さんの存在は最大の武器であり個性です。
間違いなく私よりも目立つし、記憶に残るでしょう。
でもRAMOさんはこのことに決して酔っていないし甘えてはいません。
どこかからっとしていて、クールなんです。そしてとても親切。

RAMOさんのライヴは「伝わる」ライヴです。ユーモアもあります。
何度も拝見してますが毎回しびれます。
特にしびれるのは会場の雰囲気が変わることです。
緊張感がほどけお客さんの表情がほぐれてくるのをありありと感じます。

私は伝わるライヴをしたいと思っていながらついつい音楽的なテクニックに走ったりミスをしないことに走ったり自己満足へ走りがちです。
RAMOさんの存在はそういうことに警告を鳴らしてくれます。

そんなRAMOさんとの2マンライヴ
いつも以上に伝えることを大事にしたいと思ってます。
ぜひ聴きにきてほしいです。
b0026428_10474216.jpg

(本日の一曲)
土岐麻子「PINK」
# by akiyama-yoko | 2017-03-16 10:48 | 音楽 | Comments(0)
三重のヒノキヤさんでRAMOさんと
ひな祭りも終わり春へ着々と向かってるのを感じる今日この頃です。いかがお過ごしでしょうか。

今月18日(土)は三重県大紀町のヒノキヤさんでライブをします。ヒノキヤさんは個性の強い場所です。
毎回私はヒノキヤさん色に染まります。
でも不思議なことに私の色が薄まって呑まれてしまうのわけではなくて逆に新しい色を引きだされる、そんな感覚になります。
ヒノキヤさんのスタッフの方々は皆さんそれぞれなのですが共通してらっしゃるのはとてもハートフルでフレンドリー。そしてそれと同時に変にごまかしたり遠慮に対して敏感な方々だと感じます。
普段自分を抑えることや遠慮する習慣になっている私には戸惑いもありつつもとても楽な気持ちにもなります。

私にとってとても特別で大切なお店で歌えることがとてもとても嬉しいです。
ぜひ皆さんと一緒にかけがえのない時間を過ごしたいです。
お待ちしてます。

今回はヒノキヤさんの看板ユニットRAMOさんと対バンさせていただきます。
RAMOさんのご紹介はまた後日改めてさせていただきますね。

2017年3月18日(土)HINOKIYA STOVE(三重県度会郡大紀町)
ラモシオン5周年記念イヴェント

◆OPEN/18:00 START/18:30
◆前売2,000円 当日2,500円
出演:RAMO、秋山羊子
三重県度会郡大紀町滝原870-4
0598-86-3709
http://hinokiya-stove.tk/
b0026428_10584347.jpg
b0026428_10391070.jpg

(本日の一曲)
ウルフルズ「泣きたくないのに」
# by akiyama-yoko | 2017-03-07 10:59 | 音楽 | Comments(0)
3月は始まりの月〜よこべー通信2月号送りました〜
3月に入ってしまいましたが「よこべー通信」2月号送りました。
2月ってなぜ短いのかしら、と思い検索したらその由来は古代ローマの時代まで遡って3月が1年の始まりとして、2月が終わりの月であったその名残りとのこと。
作物の芽が出る3月が1年の始まりにふさわしいと考えたためなのではとのこと。
確かに雪が溶けて土の匂いが香って、桃も咲いて、そして入学式もあるし初めって感じですよね。※でも色々な説があるようです。

それにあやかってというわけではありませんが私のメールマガジン「よこべー通信」も3月が更新の月としています。更新希望のお返事待っています。
1年ごとに更新を設けているのは、止めますってなかなか言えないと思うので、継続したい方にお手間ですけどご一報してもらうやり方をとらせてもらってます。

とてもまめにお返事をくださる方、時々ふとくださる方、とりあえず受け取ってくださる方、色々な方がいらっしゃいます。そういう色々が私的に気にいってます。
なのであまり気負わずに更新してくださるといいなーと思います。
ご希望の方はお手数ですが更新希望とメールで一言お知らせください。
あらたに希望してくれる方、しばらくごぶさただけど再開希望の方も大歓迎です。
よろしくお願いします。

今月の目次です。
0.YOKO's Cafe Members ログイン
1.先月の新曲への感想
2.今月の新曲「ひびれ」
3.エッセイichi「よこべー通信更新のこと」
4.エッセイni「レアハンバーグ」
5.エッセイsan「名古屋と大阪」
6.エッセイyon「素手」
7.羊子LIVE
8.羊子のアンテナ
9.秋山羊子のアルバム購入方法
10.羊子へのメッセージ
b0026428_15373192.jpg

(本日の一曲)
Nozomi Nobody「ふたり」
# by akiyama-yoko | 2017-03-03 15:37 | お知らせ | Comments(0)




Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo