北海道ツアーレポート
ただいま。
戻ったよ。北海道から。
北海道ツアーのこと書くね。

今回はまず網走のちぱしりさんからはじまりました。
あばしりもちぱしりさんも初めてでドキドキしてたの。
ふたを開けてみると、うん、
やさいのおいしさにやられたわ。
自家菜園されてて、畑みせてもらったのだけど、とてもエキサイティングだった。こうふんしちゃった。
ライヴはね、お客さんが少なくてちょっとさびしかったけど、君がとても聴いてくれてるのわかったから、行ってよかったって思った。
見ず知らずの羊子と絢子を受け入れてくださって、ちぱしり篠塚さんありがとうございました。
b0026428_2127092.jpg


2日目は旭川。
赤十字病院内のタリーズコーヒーでの投げ銭ライヴ。
うん、何ていうか、とっても貴重な経験だったな。
フリースペースだから集中するのが難しいと思ったけど、けっこう集中できた。
君がじっと聴いてくれてたから。
昼間ということもあってキッズも多くて、おもしろいね、子供ってベタベタ体さわってきたりつっついてきたりするの。羊子も小さいころそうだったのかしら?
b0026428_21265784.jpg


3日目は苫小牧のアミダ様。
とっても音楽の神様がしみ込んでる店。
そしていい出会いあったの。
カビラさんとくまさん。
羊子もこんな風になりたいって思うくらいリラックスしてた。
人をまき込むリラックスさ。
おおらかっていいね。
10年ぶりのアミダ様は羊子にとって意義深いものだった。また行きたい。
b0026428_21265272.jpg


4日目は札幌盤渓のリブギャラリー。
ただ自然の中にあれば自然になるってわけじゃない。
リブギャラリーは共存してる、ちゃんと。
だから気持ちいい空間なんだね。
生音がやたら気持ちいい。
山の中でちょっと来るの不便だけど、それ以上にとてもいい場所。
ずっとこの場所を続けてほしい。
b0026428_212647100.jpg


いちにち空き日はさんで6日目は小樽文学館。
またまたおもしろい空間でのライヴ。
静粛な場所なので、羊子のロック魂がうずった。
内で燃えた。
君にも炎がもえうつるようにと。
b0026428_21264116.jpg


7日目はニセコねぐら。
とにかくペンションがよかった。
マイナスイオンたっぷり。
水、食べもの、空気、全てよし。
休めた。
会場は屋外。
いろんな音がきこえた。
犬のワンワン、子供が何か鉄琴みたいの叩いてる音。たき火のパチパチ。
問題は虫だった〜
b0026428_21263552.jpg


8日目は函館。
生音生声でやったの。
うん、とても自由になれた。
前日ねぐらさんでゆっくり休めたのもあって身体が自由だった。
とてもとてもきもちよかったの。
b0026428_2126295.jpg


最終日は札幌くう。
絢子は終わりでさびしいって言った。
羊子はさびしくない。
だって、また必ず君に会えるから。
会いたいって思ってたら必ず会える。
くうさんはファイナルにふさわしく、
誇り高くあったか〜い店。
だからすき。
b0026428_21312297.jpg


矢野絢子さんにはとてもとてもパワーもらいました。
本当にいいパフォーマンスばっかりだった。
ありがとうございます。
今回はいっぱいお礼したい人がいて書ききれないの。
ゆるしてね。

北海道ツアーを終えて、
1)わたしはただ歌い続けていればいい、
そう思いました。
2)羊子もいいところあるけど、
みんなそれぞれその人しかもってないいいところがあるって、ほんと実感したの。

(本日の一曲)
yojikとwanda「三月の雪」
by akiyama-yoko | 2011-08-11 18:54 | ライヴ・レポート | Comments(2)
Commented by あや at 2011-08-12 20:53 x
羊子さんの歌を聞いてドキドキしていました。
出逢えてよかったです。
今もCD聴いています。すっかりファンになってしまいました。
ちぱしり来てくれて、ありがとう。ありがとう。
Commented by L.i.b at 2011-08-15 23:50 x
今年も会えて嬉しかったよ。
矢野さん連れてきてくれてありがとう。
この場所、しばらく続けます。
dairi


<< また網走に行くね。 北海道ツアー >>


Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo