ダンボ - 福岡、熊本
上手くなりたい、そう思った。
というか伝えるために上手くなりたいって。

振り返ってまず福岡のれんげ茶屋から書きます。
最初は西山典彦さん。
3年振りの西山さんのステージ。惹き付けられました。
私の好きな『魂の動く方へ』歌ってくださいました。
一見ちぐはぐなようだけど鋭いMCが面白い。ギターのビートが気持ちよかった。
次はbigmama。
この日は鍵盤ハーモニカの吉田さんとパーカッションの友成さんが加わりました。
鍵盤ハーモニカをこんなに上等な楽器として聴かせられる人ってなかなかいないです。
広島に続きbigmamaいいステージでした。
そして私。
この日は何ていうか全身をフルに使いたいって思いました。
久しぶりに「向かえのレストラン」を歌いました。
「クリープ」はシオンさんになったつもりで少し小節入りで歌いました。
アンコールは「Like a Love Song」
パーカッションの友成さんのビートに押されながら、みんなのコールandレスポンスに支えられながら終了。
楽しい夜でした。
れんげ茶屋のスタッフの方の細やかな気配りにも感謝いたします。

最終日は熊本ルーパ。
ルーパは普段ライヴをしてません。
なので、まず大きなソファーをとっぱらうことから始まります。
最初にbigmamaのステージ。
この日もいいステージでした。
「鈴」から始まり早川義夫さん(原曲はハイポジ)の「僕らはひとり」をカヴアー。
もっともっと聴きたかった。
そして私のステージ。
bigmamaのおかげで既にいい雰囲気でした。
私はツアーの疲れで少し重たーいからだを奮い立たせてのぞみました。
そのせいか「シュークリーム」はやけにたるーいグルーブになりました。
そして最後はギターの阪田健一さんに2曲入っていただきました。歌うギター、やはりいいです。
アンコールはみんなで「ハレルヤ」をやりました。
今回ハレルヤは事前に各自歌詞を考えてきてもらいました。
西山さんと宅嶋さんの歌詞にダンボのように聞き耳をたてて聴いてました。
なかなか興味深かったです。
とっても熱心に聴いてくださったお客さん、cobyさんPAのフジモトさん、ありがとうございました。

これで広島、福岡、熊本ツアーは終了です。
次はいついけるかしら?
b0026428_12183110.jpg

b0026428_12182843.jpg

(本日の一曲)
HEATWAVE「EVERYTHING」
by akiyama-yoko | 2012-08-15 12:19 | ライヴ・レポート | Comments(0)


<< デュエット、魅惑、こうご期待 広島お好み焼き >>


Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo