サザエさん現象
稲妻にうたれたような衝撃があります。ライヴのときって。
なので、いつもライヴの後は夜なかなか眠れなくなります。
一昨夜も暑くて寝苦しいのも相まって眠りがずぅっと浅かったです。

ライヴの前は普段より敏感になります。
ちょっとしたことで、不吉な予感を抱いたり、いらいらしたり、逆に、ちょっとしたことに嬉しくなったりします。

ライヴはかけがえのない瞬間です。
それぞれ別々の人間が集まって、音楽という媒体を通して、その瞬間共有します。

いろいろな事情があります。人それぞれ。
産まれたところも育った環境も違うし悩みもそれぞれです。
例えば、会社勤めしていない私はサザエさん現象もわからないし(昔学校行ってた頃はそうだったからわかるけど)、子育て中の女性の気持ちもわかりません。

そんな個々が集まって共有する。
それは改めて素晴らしいことだなっと思いました。

今、以前より健康になってエネルギーが溢れてきて私は一肌も二肌も三肌も脱がなくてはと思ってます。
けど、なかなか行動に移せていません。それが歯がゆいです。

人の原動力って何なんでしょうか?
恐怖?
復讐?
欲?

世の中の体制みたいものは、なかなか変わるのは難しいことです。
昔は何でおかしいのにかわらないのだろうっと思ってたけど、今ならわかる部分あります。
今の生活水準を脅かされることはとても恐怖だからです。
そして、人間は必ず弱みがあるからです。

だから苦しい。

都合のいい事はすぐに忘れてしまいます。
わがままになることなんか、人間簡単。ダメになることなんか簡単。

毎日、一瞬一瞬勝負です。
ダメにならないように。正気を保っていられるようにいつも真剣です。私。
だから疲れます。

けどね、ライヴの時は気がつくとニコっとしてるの。

一昨日は自分でも予想以上に力がみなぎってました。
伊藤ハルトシさんに乗せられたせいでしょうか。
お客さんの力でしょうか。

ハテナはアルバムでも神谷きよみさんが荘厳でナイスなチェロを弾いてくださってますが、昨日の伊藤さんのチェロも荘厳さにさらに躍動感が加わりとてもよかったです。
伊藤さんのソロで弾かれたバッハのプレリュードも躍動感がありました。
もっともっと聴いていたかったです。
伊藤さんの演奏はそうなのです、気持ちいいのです、
何とそれは素晴らしいことなんでしょう。

私達音楽家が人に与えられる最大の事は、やはり気持ち良さかしら。
現実をひととき忘れさせてくれるくらいの。

さて、今日はまたライヴです。
3人の歌姫が魔女になるか聖女になるか、お楽しみです。

(本日の一曲)
伊藤ハルトシ「My Name Is 」
b0026428_11423757.jpg

by akiyama-yoko | 2012-09-01 11:38 | ライヴ・レポート | Comments(0)


<< 自分自身が社長 人に仕える。 >>


Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo