昨日はありがとうございました。
久しぶりのイベントLIVEは何だか新鮮でした。
オープニングはまず出演者一人一人が司会者の方とトークすることから始まりました。

1番目はまだ高校生!のGANBAさんでした。
私の出番は5番目。
最初からお客さんはとても集中して聴いてくれてました。ありがたいです。
1曲目は「指一本で倒されるだろう」
まずパーカッション前田さんが刻む重厚であたたかいリズムを感じました。
そしてyuhkiさんの悩ましいロングトーン。
ベースの徳永さん、彼は糊のように私たちをいい具合にひっつけてくれました。

2曲目「ブラボー!」
これはやられました。
かなりテンポがゆっくりで、ほんとエネルギーを使いました。
走りそうになるのをバックの3人がぐいぐいひっぱって勇気づけてくれてました。
この引っ張り合いの感覚久しぶりです!

「水分」「もう一度僕らは」ラスト「どん」
「どん」では間奏後の最後のサビへの長い長いブレイクがドキドキものでした。
ピアノを弾くのをやめてアカペラにして、もったいぶってもったいぶって(といっても聴いてる人にはそれほど長くなかったと思いますが)引き延ばしたのはいいけど次の入りどころが困ってしまいました。
ちゃんと覚えてないのですが何とかなってたと思います。たぶん。
録音しておけばよかったなーー

またバンド形態でやりたいなぁ、とバンド願望に炎がつきました。
b0026428_136361.jpg

(本日の一曲)
秋山羊子「ニンゲン」
by akiyama-yoko | 2013-03-01 13:18 | ライヴ・レポート | Comments(0)


<< Come On !! リアルな音 >>


Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo