ライヴレポート京都ネガポジ編「よく食べる人」
初日は京都ネガポジ
DoRED(ドレッド)さんのステージから
黒い服を小綺麗に着こなしてる、ある意味ちょっとネガポジに似合わない雰囲気の男性。
歌は、ふわふわっとしてマシュマロのような感触。
そしてまるで言葉をそぉっとそぉっと置くように歌う。
それをずっと徹底してた。
「たまご」という曲が印象的だった。

次に私のステージ
40分はあっと言う間に終わった。足りない。
けどいや待てよ、、、
きっとこの40分の間にヘトヘトになるくらいぎゅぎゅぎゅっとつめ込めるようにならなければダメじゃないかと思った。
最初の一音から完全に集中する、それが出来なきゃならないと思った。

新曲の「キッス」は敢えてピアノをすごく小さく弾いた。
歌を裸にしたかったから。

最後は「レール」で締めた。
「レール」は最近のお気に入り。
いつまでもいつまでも聴いていられるようなグルーブを出したい。出せてたかな?

そして最後は長野友美さん
何だろー
長野さんは私の中ではよく食べる人っとインプットされた。
リハでそばを食べ、その後楽屋で焼きそばを食べてた。
たまたま食欲があっただけかもしれないけど。

本番は狂牛病のことを歌った曲がとても印象的だった。
ちょっと困ったような表情をして歌う、そこが面白い。
長野さんのギターを聴いてると、自分もギターを弾きたくなる、無性に。
弾けるような気になってくるの。
これは私一人ではなくて、他の人も言ってた。

ネガポジはやはり好きだなぁと思った。
いいライブハウス。
b0026428_18144255.jpg

(本日の一曲)
ゴンチチ「放課後の音楽室」
by akiyama-yoko | 2013-05-28 18:18 | ライヴ・レポート | Comments(0)


<< ライヴレポート神戸ミドリカフェ... 京都ネガポジ出演者紹介 >>


Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo