私はいつちゃんとラブソングを歌えるのだろうか。
羽場さんが亡くなってから初めて訪れるボブテイル。
羽場さんの大きな写真が入口に飾ってある。
お茶目な教祖のようだ。

改めてラブな人だったなって思った。

ライヴは島崎さんから始まり高津さんそして私。
店内は暑くて空気がとても悪くお客さんも辛そうだった。
エアコン故障と、もともと地下で空気がこもるみたい。
何か出来ないかって客席で聴きながらずっと考えていた。

けど特に名案が浮かばずいつもよりハキハキと親切な感じでMCをしゃべった。
本当は音楽の力で暑さも吹き飛ぶくらいなことをしたい。
それが出来たらいいのに。
何が足りないのかな?
たぶん足りないんじゃなくて何を信じきれてないかだ。

私は馬鹿じゃないから100%信じきるなんて普通にしてたら出来ない。
けどライヴをする時はとりあえず100パー信じきってやらなきゃお客さんに対して失礼だ。
表現してる以上どう思われてもしょうがないけど自分で失礼だなって思うことはしたくない。

あらあらあらあら、反省会になってしまってる。
自分の中のもやもやを吐き出す場ではないのに。

島崎さんのラブソンング、高津さんのラブソング。
それを聴いて心がざわついた。
たぶん嫉妬も入ってる。

私はいつちゃんとラブソングを歌えるのだろうか。
それよっかまず歌いたいって思ってるのだろうか。

(本日の一曲)
rei harakami 「long time」
b0026428_21562820.jpg

by akiyama-yoko | 2013-06-30 21:55 | ライヴ・レポート | Comments(2)
Commented by 齊藤さっこ at 2013-06-30 22:39 x
島崎さんと高津さんと秋山さんすごく行きたかったです。残念ながら働いてました。
そして今日は自分がライブで、この日記と同じようなこと考えながら、秋山さんならどうだろう秋山さんならどう考えどう歌うだろうって思ってました。自分を100パー信じたいとき、秋山さんと同じになりたいわけではないけれど、それでも秋山さんはわたしの指針です。さしでがましくも思わずコメントしてしまいました。
Commented by 羊子 at 2013-07-02 10:41 x
キャー指針なんて、光栄です。
やればやるほど自信はなくなってく気がします。ただし真剣に。


<< おぉ、矛盾 信じることよりも感じることが… >>


Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo