高知、松山ツアーレポート。ハイライト映像付き
「快に変わっていった」

まず高知の歌小屋の2階。
昼の部、まず最初はディアズの登場。
良質な歌謡曲をカバーするというコンセプトのバンド。
超名曲オンパレードで単純に楽しかった。
わりとそのままカバーしてるだけなのだけど、その直球さが何とも清々しかった。

途中1曲「時の流れに身を任せて」でゲストボーカルをとらせてもらう。
ディアズの他の曲は、「100万本のバラ」「桃色吐息」「異邦人」「アニバーサリー」「白い恋人たち」「恋」etc.

歌小屋はなんと!マイクが使えない。
風の噂で耳に入ってきてたのだけど、その真意を確かめるのがどこか怖くて、そのまま当日を向えた。
対策としてくるっと横を向いてお客さんの方を見て歌うことにした。そうすると声が届き易い。
しかし難しかった。ポイントポイントでどうしても鍵盤を見ないと弾けないところがあるし、そういうとき違う音出しちゃったりして、ドキドキしながらだった。
けど、何とも不思議。だんだんそれが気持ちよくなってくるの。
生の心地よさと、そのドキドキ感が「快」に変わっていった。
何かハンディを与えられると人は燃える。
燃えました。

夜の部もまずディアズから。
不思議だった。
MCは若干違ったにせよ全く同じ演目をやってた。
一瞬それでいいのかディアズ!って思ったけど、不思議なことにそれでよかった。
夜は昼と比べてぐっと歌の入魂力がパワーアップして、毎曲毎曲ラストソングみたいな熱のこもりようだった。

歌小屋は私にとってなくなっては困るハコの一つです。
あまり現実的なことを書き過ぎるのには抵抗がありますが、お店を維持していくことってそうとう大変と思います。
同じじゃないけど私自身の活動もそうです。


一夜明けて念願の愛媛のライヴ。

三津駅までマスターとみっちゃんが迎えにきてくれた。
その足ですぐパン屋のユロに直行。
残念なことにパンは売り切れ。こんな早い時間に売り切れるのは珍しいとのこと。

初めての三津浜のサンジャック。
西荻窪の時からの見慣れたポスターなどのせいか、わりと直ぐ店に馴染めた。

リハは私にしては念入りにやった。
本番出来るだけ演奏に集中できるように、そして何よりもお客さんに気持ちよく聴いてもらえるように。

そして本番。客席はいい具合に埋ってくれた。
客席から音楽を求めてる感じが伝わってきた。
1ステージ目はやはりお客さんが入って音の感じが変わったのと、私が興奮したのでちょっと音がひずんじゃったけど、休憩中マスターが調節をしてくれて2ステージ目は出音が落ち着いた。

この日は嬉しくてなんか張り切っちゃって少々しゃべりはちぐはぐ気味でしたが、お客さんが温かく見守ってくださっているのをとても感じた夜でした。

また近いうちに三津浜に行きます。
今からそのライヴに向けて一日一日を大事に過ごします。
ハイライト映像を作りました。四国の香りがぎゅうっと凝縮されてます。



b0026428_1527263.jpg
(本日の一曲)
松任谷由美「アニバーサリー」




[2/1歌小屋の2階 昼の部]
ゆうれい
ブラボー!
夕立
米寿の伝言
バス
どん
ほんとうのこと(井波陽子cover)
ジンギスカン
羊子

[2/1歌小屋の2階 夜の部]
KISS
ようこそおめでとう
深い海とクジラ
スモーキーワインブルース(矢野絢子cover)
時のかけら
指一本で倒されるだろう
水分
コロッケパン
羊子(ディアズのメンバーとセッションで)

[2/2サンジャック 1stステージ]
水分
ブラボー!
ゆうれい
米寿の伝言
夕立
コロッケパン
もう一度僕らは
羊子

[2/2サンジャック 2ndステージ]
スモーキーワインブルース(矢野絢子cover)
ほんとうのこと(井波陽子cover)
レール
深い海とクジラ
シュークリーム
時のかけら
指一本で倒されるだろう
ジンギスカン
HAPPY
もう一度僕らは(アンコール)

by akiyama-yoko | 2014-02-05 13:09 | ライヴ・レポート | Comments(0)


<< 鈴ん小屋・秋山羊子 共同企画〜... 秋山羊子 2014新春四国ツア... >>


Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo