久しぶりの下北
久しぶりの下北沢。
駅構内は今工事中で出口が一瞬わからなくなって迷ってしまった。
Seed Shipに着いていきなり桂有紀乃さんが話しかけてきた。
まるで従来の知り合いのような開けっぴろげさに最初戸惑ったけどそういう風に接してくれて嬉しかった。

最初は岡部遥さん。
何だろう、たぶんそれ程たくさん曲をまだ書いてないっぽいのに、曲がどれも良質でキラキラと輝いていた。
特に「ロンリーサマー」と最後の「マイライフ」が岡部さんの高くて艶っぽい声によく合っていた。
サポートギターの楠瀬大地さんのコーラスが良かった。
カバー曲「CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」を演奏。自動的に映画「ディアハンター」を思い出した。

次は桂有紀乃さん。
桂さんはファンタジーな歌詞の世界なのに何て言うかすごく地に足が着いてる。
ずっと私は「母」のような包容力を感じていた。
すごく伝えたいことがしっかりある。
それを伝えるためにただただ歌ってる、そんな気迫が伝わってくる。
そして時々ぽっろとしゃべるMCがこれが絶妙で笑わせてくれる。
「マリファナ」という曲が切なかった。
手作りのチーズケーキを頂いた。林檎の甘煮がアクセントになっていて美味しくてぺろっと食べちゃった。

そして私のステージ。
前回出演した時はどうして気づかなかったんだろうっていうぐらいピアノが弾きやすかった。
特に「ハテナ」が気持ちよく演奏できた。
以下セットリストです。

・指一本で倒されるだろう
・マフィンみたいな雲
・ハテナ
・キス
・ブラボー!
・ジンギスカン
・夕立
・水分

客席からちゃんと聴いてるオーラが伝わってきてとても嬉しかった。
終わった後お客さんともお話が出来てさわやかな一夜となりました。
b0026428_1454367.jpg

(本日の一曲)
スタンリー・マイヤーズ「カバティーナ」
by akiyama-yoko | 2014-04-04 12:00 | ライヴ・レポート | Comments(0)


<< ちょっと遅れましたが「羊子から... 自分自分自分を抑えられない自分 >>


Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo