ライヴレポート福岡2日目「室内野外体験」
アリワと言えば店主の直子さんのことを触れずにはいられません。
直子さんは非常に特異な方です。
どう特異かというと、すごく人間離れしてるのです。
どんな人に対しても接し方が同じなのです。
こういうことを出来る方は今まで何人か出会ってきましたが、そうそういません。

いったいどういう教育を受ければ直子さんみたいな女性になるのかと考えずにはいられません。

あと何と言っても大好きなカフェ・アリワを守ってくださってます。
アリワはちょっと不便な場所にあります。車がないと行きづらい場所です。
そんな場所で店を維持していくのは相当根性がいることだと想像します。
けどその不便さを上回るようなプラスアルファがアリワにはあります。
パワースポット的な吸引力があります。
霊感とかが特に強いわけでもないのですが、アリワに来るとなぜか気持ちが楽になります。
パワースポット特有の独特な静けさがあります。
ライヴで緊張してるのだけど、と同時に気持ちが休まります。

アリワのスコーン。
毎回買って帰ってるのですが今回ひしひしと感じたのですがやっぱり凄いなって。
他のと違うのです。こんな風に感じるのは私だけなのかな。
例えば普通のお菓子と比べて不自然な香りというものが断然ありません。
ある意味何てことないから人によっては印象に残らないかもしれません。
でも必要な甘みであるとか酸味であるとかそういうものがバランス良くちゃんと入っている。

私の歌もそうありたい。

さて、ライヴの方はというとこちらも直前まで集客が心配だったのですが、出張で来られないと言ってた方がいらしてくれたりしていい感じで客席が埋まりました。
重ね重ね、主催の武元さん、店主の直子さん、そしていらしてくださった皆さん、そして来れなかったけど応援してくださる皆さん、ありがとうございました。

今回はお昼間ライヴだったので窓からの陽の光の加減が徐々に徐々に変化していくのがわかりました。
その変化とともにライヴが進んでいきました。室内にいながら野外のようでした。
前半ちょっと演奏が焦り気味でしたが、お客さんはそんな私をゆったりと見守ってくれているのを感じました。

以下セットリストです

1.ブラボー!
2.指一本で倒されるだろう
3.米寿の伝言
4.キス
5.ようこそおめでとう
6.ハテナ
7.JR高円寺駅 ドラッグストアの前
8.マフィンみたいな雲

(休憩)

9.雨がやってきて
10.レール
11.コロッケパン
12.ピラニアの棲む湖
13.夕立
14.どん
15.水分
16.時のかけら

17.バッティングセンター(アンコール)
18.I Love You(アンコール/yojikとwandaカヴァー)


明日5/23金曜日はつだみさこさんと2マンライヴです。
1時間のステージをじっくりとお送りします。
福岡と熊本で感じたこと、得たこと、叩き込まれたことをステージにぶつけます。
つだみさこさんもたぶんかなり「やってくださる」と予想してます。
お待ちしてますね。
b0026428_15132490.jpg


(本日の一曲)
コールドプレイ「Magic」
by akiyama-yoko | 2014-05-22 18:01 | ライヴ・レポート | Comments(0)


<< それぞれの太陽 第三回 フライヤー ライヴレポート福岡1日目「クレ... >>


Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo