丁寧に歩み続けること。「それぞれの太陽 第五回」ライヴレポート
昨日はまさに音楽に酔いしれました。
音楽でお腹いっぱい満たされた、そんな夜でした。

Liveはそこにいるお客さん、出演者、お店のスタッフ全員で作り上げるもの。
こんなすてきな夜を味わえたことを心から感謝してます。

体調のこともあって、とくに自分の演奏には不安がありました。
けど不思議なことに頑張らずに、ある意味いつもより楽に歌うことができました。
まるで何か別の力によって「歌わされた」そんな感覚でした。

ゲストの方へのインタビュー最後の定番質問「生き残るということは、に続く言葉を考えて下さい」に対して寺田町さんは「丁寧に歩み続けること」とおっしゃいました。
寺田町さんの歌の好きなところはとても「ていねい」なところです。
すみずみまで血の通っている寺さんの歌は、安心や興奮や心地よい痛みや満足感など様々な感触を私に与えてくれます。
わたしもそんな風に歌えたらいいなぁ、そう思います。

以下セットリストです。
・ブラボー!
・君が描いた地図
・バッティングセンター
・夕立
・指一本で倒されるだろう
・さいごのうた
・コロッケパン

・像の鈴(寺田町さんとセッション)
・今年最後のセミが鳴いてる(寺田町さんとセッション)

・水分(アンコール)
b0026428_19571843.jpg
(本日の一曲)
Little Walter「Sad Hours」
by akiyama-yoko | 2014-11-24 19:57 | ライヴ・レポート | Comments(0)


<< 秋山羊子 バースデイ・クリスマ... 「ちくわ」について >>


Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo