これからもつづけていきます。
5/5こどもの日ライヴレポート

蓋をあけるまで不安がありました。
「お客さん来てくれるかな」
「子連れの方もそうでない方も楽しんでもらえるかな」
いつもとまた違った心配がありました。

たくさんではないですが格好がつく程度に客席が埋まりました。
ありがたいです。
そして皆さんが優しかった。
日本人って良かれ悪かれ空気を読んで合わせてしまいます。
かねてからそれに対して違和感がありました(自分自身に対しても)が、
昨日ばかりはそれに救われたと思いました。
違和感があるのは一人一人が我慢してしまうのに抵抗があるからです。
けど昨日は我慢とは違って何ていうか思いやる気持ち受け入れる気持ちみたいのを感じました。

私の都合のいい取り方も入ってると思いますがそう感じました。
次もまたやりたい、やらなくてはと思いました。

でも本当のところはどうっだたのかなーっと悶々とした気持ちもあります。
やっぱり子供が気になって集中出来なかったとか、
やっぱり子供と一緒だと気兼ねしてしまったとか、
大人向けのライヴなのでやはり子供が退屈して困ったとか、
たぶんあると思います。
っていうかなくすのは無理だと思います。
けど何だろうなーこの企画はやっていきたい。
それはやはり可能性を感じるからです。
あ、でも普通のライヴもまだまだ課題があるのに、なぜ更に難しいことをするのか、
とも自問します。
何だろうこの企画をやることで普通のライヴへもいい影響をきたす、そんな予感もあります。
還元されるというか。

とにもかくにもいらしてくださった方々、出演者の方々、鈴ん小屋スタッフの方々、メールなどで貴重なご意見をくださった方々、ありがとうございました。

bigmamaと鈴木わみさんのステージよかった。どっちも楽しかった。

(セットリスト)
バッティングセンター
むかつきながらへっちゃら
ピラニアの棲む湖
コロッケパン
水分
b0026428_184914100.jpg
※写真は鈴木わみさん親子と


(本日の一曲)
Maria Rita「Menininha Do Portão」
by akiyama-yoko | 2016-05-06 18:58 | ライヴ・レポート | Comments(0)


<< 『指一本で倒されるだろう』10周年 初うずら >>


Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo