反省はまだ〜大阪LIVEレポート〜
今回の大阪ライヴは井波陽子さんの名前の通り太陽のような明るさに終始支えらました。ずっとずっと照らし続けてくれてました。

ライヴ会場の手配、フライヤー作成、宣伝、当日のスタッフの方の手配、持ち込み機材の手配等、全て一手に引き受けてくれました。
それはとても大変なことだった思います。自分のステージのことも考えないといけないですし。

会場のリング ア ワールドカフェは子どもを遊ばせるキッズスペースがありました。
井波さんが私のためにここを会場に企画してくれました。
おかげで息子をずっと遊ばせておくことができて息子はご機嫌でした。本当に助かりました。

最初に井波陽子さんのステージから幕開け。
井波さんのステージは何度も観てますが、拝見する度に親しみやすさが増し、パワフルで明確さを増していくなと感じます。
わたしが理想としている方向へ進まれていて、悔しさやもありますがそれ以上にとても刺激を受け勇気づけられました。

休憩後に私のステージ
井波さんのステージがとても良くて会場の雰囲気も良い感じでした。
その流れを壊さず、けれど私の音楽も確実に伝えたいという思いで挑みました。

お客さんの顔がばっちりみえるのでちょっと照れくさかったのですが、よりお客さんの様子が手に取るようにわかるのでやり易くもありました。
私は今日移動中に考えていたことを中心にMCしながら様子をみながらステージを進めました。
途中「井波さんが好きだ」という気持ちを伝えたくてしゃべってはみたけれど感情が高ぶって収拾がつかなくなりました。

最後は全員でのセッションとプレゼント抽選会。
ヴァイオリンの熊澤洋子さんとパーカッションの田中良太さんとご一緒するのは初めてなのですが何だか何度もやってるような不思議な気分でした。最近ご無沙汰だったセッションすることへの意欲に火がついてしまいました。
コーラスをしながら井波さんを眺めていたのですが、ピアノを弾く手さばきがとても美しくてびっくりしてしまいました。

本番までの子守りを率先して引き受けてくださった「関西の乳母」ことリーチェンさんありがとうございます。
長旅はまだ幼い息子にとってストレスです。
それでもやっていきたいんだライブを。と今回改めて思いました。
また大阪へ行きます。
温かくかつ力強く迎えて下さった関西の方々ありがとうございました。

■セットリスト
1.ほめられたい
2.イチ ニ サン
3.ひびれ
4.ブラボー!
5.クロックムッシュ
6.指一本で倒されるだろう
7.バッティングセンター
8.コロッケパン
9.水分

ーアンコールー
10.ほんとうのこと(井波陽子さんの曲)
11.羊子

(本日の一曲)
井波陽子「反省はまだ」
b0026428_15155041.jpg
b0026428_15225528.jpg

by akiyama-yoko | 2017-03-03 15:16 | ライヴ・レポート | Comments(0)


<< 3月は始まりの月〜よこべー通信... 良く泣き、良く笑う >>


Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo