ライブレポート言霊カフェ@四谷天窓 「切符」
以前鈴木博文さんにサポートしてもらったことがある。
終った後「楽しめましたか?」
と言われた。
私は困った。もじもじした。
楽しめなかったわけじゃないけど、何かがひっかかっていた。
楽しんだと思いたかった。
そう思いたかった。

今思えば博文さんはとても重要なことを私に教えてくれていた。
その言葉があまりにも一見当たり前な言葉なので見過ごしてしまっていた。

本当の意味で楽しめている人はきっと少ない。
なぜなら難しいからだ。
でもきっと誰にでもチャンスはある。
自分の適性を見極めれば。
自分から目を逸らさなければ。

プレッシャーに強い人はどこか共通点がある。
それは楽しんでいるということだ。
イチロー選手がまさにそうだ。
たぶんどんな人間も本当は楽しめるんだと思う。
だって快楽だもの。プレッシャーでドキドキするのって。たとえ胃が痛くなっても。

昨日は「言霊カフェ」というイベントライブだった。
主催の樹ヒイロさんに集まる周りの人達はどこか共通の匂いがある。
私はその匂いが好きだ。
今でも忘れられない。
ヒイロさんが初めて私のライブを聴いてくれた時「よかったぁ!」
と話しかけてくれた。嬉しかった。本当に心からそう言ってるのがわかったから。
そしてある意味面食らった。この人はなんて素直なんだって。

ヒイロさんは何と言っても音楽が大好きで、自信があるんだと思う。
自信のある人はいいオーラを出してる。そこに人は集まってくる。
いい匂いがするぞって。
ヒイロさんは音楽を楽しむための切符を持っている人だ。
彼が自分で手に入れた切符だ。

ライブに足を運んでくださった方、樹ヒイロさん、岡本さん、
出演者の方々四谷天窓のスタッフの方々ありがとうございます。
ライブをしないと気づかないことでいっぱいです。
貴重な場を与えてくださった事をこころから感謝します。

サンキュー

1.ハテナ
2.希望の炎(カヴァー曲:KREVA)
3.指一本で倒されるだろう
4.コロッケパン
5.時のかけら
by akiyama-yoko | 2004-10-04 21:50 | ライヴ・レポート | Comments(0)


<< ライブレポート@Wasted ... ライブレポート@多作「お絵かき」 >>


Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo