レコ発ライヴレポート@Star Pine's Cafe「響きを感じる」
☆いけるかも その一
「37℃」
今回オープニングで演奏してくれた37℃
前の日に四谷天窓でライヴだったので聴きに行った。
ライヴを聴くのは初めて。
確信はしてたけど、すごくよかった。
いい感触でレコ発に望めそうな予感がした。


☆いけるかも その二
「フランスパン」
開演前に差し入れでフランスパンをもらった。
焼き立てで外はさっくり中はもっちりだった。
楽屋でメンバーと一緒につまんだ。
手でちぎって食べた。
なんかいい感じ。
あぁそっか、こういう感じかもって思った。


☆いけるかも その三
「本気モード」
リハの時からスターパインズのスタッフの方たちがいい感じだった。
何ていうか、ひらいてた。本気だった。
思った。
私が自分のことでいっぱいいっぱいになって縮こまってはだめだ。ちっちゃくなってはだめだ。
そう思った。

今回ピアノの蓋を外してもらった。
通常はしないみたい。
ドラムの生音がピアノのマイクに入り込んじゃうから調節しにくくなるんだって。
けど蓋をとった方がドラムの渡辺さんがお客さんからよく見えるし、私ともアイコンタクトしやすくなる。
PAの人に試してもらってリハしてみて大丈夫OKがでた。

物販その他のスタッフとして協力してくれた祐子さん、美穂さん。
それに鈴木さん。いろんな人が私が演奏に集中できるよう配慮してくれた。

思った。
私はもちろん今日の主役なんだけど
何ていうかその一人にすぎない。
そう感じた。

Star Pine's Cafeでは何度もやってるんだけど、今までスターパインズを使いこなせなかった。
いつも自分の力不足感を感じてた。

どうしてかな
会場が広いから?

会場の響きというものに対して私の意識が足りなかったように思う。
あとお客さん自身も会場の響きというものを感じれることも大事。
そしてスタッフの人たちも。
何ていうか会場に敬意をはらうというか。

昨日は響きを感じた。
スターパインズならではの響きを感じた。


ちょっと話それるけど、スリッパをくれた人がいたんだけど、
誰がくれたのかわかんなくなっちゃった。
ちょっとパニックになってたので。
誰かな?教えて。


「さてこれから」
日曜のお昼だったけど早起きして駆けつけてくれてありがとうね。
すごくエネルギーもらったよ。
一休みしてまた進みます。


「ストレッチ」
出番前メンバーみなでストレッチをした。
それぞれ自己流で。
これはおすすめ。
身体が緩んでると演奏も柔らかくなる。


「ライヴの成功」
ライヴの成功ってはじまる前から決まってるって思う。
スターパインズの藤崎さんがリハ前に会場に現われて爽やかな顔で言った。
「もう今日は成功でしょう。いい感じだもの。」

確かにそういう予感ってあるよね。

日々どう過ごすかが成功不成功を決める。
もちろん何を成功とみなすかって主観だけど。
お客さんがたくさん入ったからって成功とも言えないし。

とりあえずゆっくり休もう。また明日から、よーし。

(本日の一曲)
JEFF BUCKLEY「Last Goodbye」
by akiyama-yoko | 2006-04-10 23:27 | ライヴ・レポート


<< PHOTOS 羊子の独り言(2006.4.9) >>


Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo