君は音楽
客席に君の姿を発見!
あ〜はやく歌いたいってうずうずした。

わたしの出番がきたとき単純に思った。
うれしい
って。

最初は「ハテナ」から。アップライトピアノを使った。
前回の下北沢LOFTでは全部エレピでやったんだけど、今回はアップライトも使うことにした。
そしてリクエストをくれた「どん」。
「どん」はアルバムでyuhkiさんがフリューゲルホルン吹いてくれてる。知ってるよね。
ライヴではどんな風にアプローチしてくるだろうって楽しみだった。かえってレコーディングでしっかりやった曲の方がしばられてしまうから。
けどyuhkiさんは期待通りアルバムと違った演奏をしてくれた。
それに呼応してわたしもいつもと違ったインスピレーションがわきおこってソウルフルな「どん」になった。
その勢いでyuhkiさんに何か適当にやって、と合図してみる。わたしはじっと聴く。
いい感じいい感じ。
客席にいる君のからだからとっても強くリズムを感じた。
予定していた「指一本で倒されるだろう」をやめて「アオイソラ」を弾きはじめる。
その後も予定通り進まずある意味それは予定通りだった。(笑)

対バンのPLUTOのお客さんも最後までのこって聴いてくれてどうもありがとう。

「今日は何も考えないでやろう」
って思ったの。
ただただただただ感じたいって。

君を

今月の東海ツアーに向けていっぱいいいエネルギーをもらえたよ。
ありがとう。

わたしはどんどんどんどん 洗われていく
どんどんどんどん ライヴが音楽が大好きになっていく

どんどんどんどん 音楽に近づいていく
どんどんどんどん 君と近くなっていく

そうか
きみは音楽
君自身が音楽だからなんだね

音楽がすき
君のことだいすき


羊子
b0026428_1211675.jpg
(本日の一曲)
小川美潮「デンキ」
by akiyama-yoko | 2008-04-13 12:06 | ライヴ・レポート | Comments(0)


<< 目的地は同じ 黄色い羊 >>


Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo