フランス屋・おいしいジャム・うつろぎ・庭園カフェ
tatsu-t2さん、コメントありがとうございます。東京も朝晩冷えますよ〜

四日連続ライヴのレポートです。
b0026428_13234423.jpg
11日@Bobtailはanoaさんのレコ発ライヴに出させてもらいました。
やっぱりレコ発っていいね!
レコ発ならではの空気ってある。みなが祝福しようとする空気。そういう空気の中で歌わせてもらったよ。
途中アカペラでコロッケパン歌った。Bobtailでアカペラははじめて。Bobtailはアカペラが似合う。ずっとやりたかったような気がする。今まで何回もBobtailでやったけど、この日はうたがこのお店を飛びだしてひろがっていく感じになった。
anoaさんのステージはとても温かい雰囲気だったよ。1曲連弾もさせてもらった。ありがとう。
あぁはやくわたしもレコ発やりたいな。待っててね。
b0026428_12265349.jpg
〜ある日魚になった。飛びこんでみた〜
12日@ラ・カーニャ
本当にいいイベントだった。
音楽音楽音楽ではちきれそうだった。一触即発って感じだった。ただわたしは身をゆだねればよかった。ただそれだけでよかった。
最初はmisolaさん。ちょっと照れくさそうにやる感じがなんか甘酸っぱくていいなぁって思った。根っこはしっかり音楽の神様とつながってる。
次はmayulucaさん。出番前いつもわたしはアロマオイルをつけて気持ちをリラックスさせるんだけど、そんな必要がないくらいα波が出た。とくに前原さんとのコラボがよかった。マユルカさんの曲とてもいい。
そしてわたしのステージ。何もする必要なかった。おぜんだてばっちり。
いっぱいいっぱいいいものもらった。
栄養補給。どんなものにも勝る最高の栄養補給した。
スキルさんありがとう。
b0026428_1227412.jpg
13日@UHU
はじめての静岡でのライヴ。会場入りする前に、今回何から何までやってくれた、あぶぅさんにおそば屋さんに連れて行ってもらった。
山の中にあってもう絵に書いたような風景の中にあったよ。
天ざる食べた。とってもおいしかった。すごく空気がよくて景色がよくてずっといたかった。
UHUはとてもいい雰囲気のお店だった。木づくりでもうわたしはアカペラ生音欲求が刺激されちゃったよ。
一番目は雲之柔蓙さん。いきなり坂本龍一の戦場のメリークリスマスをギター一本でやった。そのせいか(メロディーが日本っぽいから)、次の自分のステージで気がついたら竹田の子守歌とソーラン節から始めてた。
途中、店長のテツさんとセッションした。曲は「どん」。いきなりだったので大丈夫かなって思ったけど、お互い探りながらだんだんと形になっていって、また新しいかたちの「どん」になった。
つぎは久しぶりに聴くあぶぅさん。
言葉が少なくていいな。たいていは語りすぎちゃう。あぶぅさんは聴き手にちゃんとすき間を与えてくれる。それは人を信じてるから。
b0026428_12272144.jpg
14日はずっと出たかったTOKUZOでのライヴ。しかもギターの臼井さんとのドキドキコラボ。
リハから楽しかった。「本番はまた違ったことやりますから」と臼井さん。願ってもないことです!わ〜い。
本番前名古屋めしの味噌煮込みうどんを食べて名古屋に少しずつなじんでいった。
最初のステージは爽流(そうる)さん。琴と尺八のユニット。リハの時あいさつした瞬間「あっ」って思った。いい感じになるって確信した。そのとおりでオープンな雰囲気のステージ。あねご肌っぽくてかっこいい清香さん。ちょっぴりおとぼけキャラクターのみかんさん。本番前わたしの体はほぐれていった。
わたしの出番。
いやいやいや〜冷や汗ものでした〜
いったいどこに向かうんだろうって瞬間が多かった。けど不思議とだんだんとだんだんとチューニングがあってきた。そして最後にはドアが開いた。そこは新しいドアだった。
臼井さんは少年のようだった。大切なことをわたしに(ぼくらに)教えてくれた。
この日はお客さんの開いた心、臼井さんの開いた心、TOKUZOの開いた空気に助けられました。ありがとう。
b0026428_12273447.jpg
(本日の一曲)
mayuluca「君は君のダンスを踊る」
by akiyama-yoko | 2008-10-16 13:24 | ライヴ・レポート | Comments(1)
Commented by 山下スキル at 2008-10-17 01:30 x
12日はこちらこそありがとう。
すごく大きな愛をもらった気がする。
あれから非常に調子がよいよ。
マユルカさんの曲いいでしょう。
面白い音楽家がいっぱいいて困っちゃう。
ライブレポートURL欄に張りつけといたよ。


<< わたしのお守り 4日連チャンLIVE >>


Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo