カテゴリ:ライヴ・レポート( 301 )
関門 - ひのきやさんLIVEレポート
18日は三重県大紀町のHINOKIYAライヴにお越しくださってありがとうございました。
2年3ヶ月ぶりのヒノキヤさん。やっぱりここが好きだなーって改めて思いました。

最初にRAMOさんのステージ。
予想していた通り今回も楽しかった。そしていつも以上に伝わってきて時にはとても辛い気持ちにもなったりした。
MCで「とりあえず何でもいいから生きていて欲しい」
「頑張れないのと頑張らないは違う」と歌う。

生きていると人それぞれに葛藤がある。
想い通りにならない自分、そういう自分を責めてしまう自分。

自分のステージの前にとても勇気づけられると同時に恐ろしくなった。
私はこのRAMOさんの強烈なメッセージに匹敵する強いメッセージを持ってるのだろうかと。

でももちろんそんなの今更どうこうなるわけじゃないのでいつも通りやろうと思いステージに上がりました。
お客さんは集中してくれていて、何ていうかとてもニュートラルに居てくれてる、そんな感じがしました。

終演後はCDを買って下さったり、声をかけて下さる方が思いのほかいてとてもとても励みになりました。
自分がやりたいから歌ってるわけだけど、やはり共感されたり、伝わったりがないと続けることは困難です。
まず何よりも自分がいいと思う歌を作り歌うこと。それがまず第一関門、そしてそれが伝わって誰かの歌になることが第二関門、そしてそれを持続することが第三関門。

セットリストです。

羊子
クロックムッシュ
イチ ニー サン
もう一度僕らは
ひびれ
指一本で倒されるだろう
米寿の伝言(with 堀木元木さん)
ジンギスカン
水分

春よ来い(松任谷由実cover/RAMOさんとのセッション)
桜(RAMOさんの曲/セッション)
b0026428_15571420.jpg

(本日の一曲)
土岐麻子「脂肪」
by akiyama-yoko | 2017-03-20 15:57 | ライヴ・レポート | Comments(0)
反省はまだ〜大阪LIVEレポート〜
今回の大阪ライヴは井波陽子さんの名前の通り太陽のような明るさに終始支えらました。ずっとずっと照らし続けてくれてました。

ライヴ会場の手配、フライヤー作成、宣伝、当日のスタッフの方の手配、持ち込み機材の手配等、全て一手に引き受けてくれました。
それはとても大変なことだった思います。自分のステージのことも考えないといけないですし。

会場のリング ア ワールドカフェは子どもを遊ばせるキッズスペースがありました。
井波さんが私のためにここを会場に企画してくれました。
おかげで息子をずっと遊ばせておくことができて息子はご機嫌でした。本当に助かりました。

最初に井波陽子さんのステージから幕開け。
井波さんのステージは何度も観てますが、拝見する度に親しみやすさが増し、パワフルで明確さを増していくなと感じます。
わたしが理想としている方向へ進まれていて、悔しさやもありますがそれ以上にとても刺激を受け勇気づけられました。

休憩後に私のステージ
井波さんのステージがとても良くて会場の雰囲気も良い感じでした。
その流れを壊さず、けれど私の音楽も確実に伝えたいという思いで挑みました。

お客さんの顔がばっちりみえるのでちょっと照れくさかったのですが、よりお客さんの様子が手に取るようにわかるのでやり易くもありました。
私は今日移動中に考えていたことを中心にMCしながら様子をみながらステージを進めました。
途中「井波さんが好きだ」という気持ちを伝えたくてしゃべってはみたけれど感情が高ぶって収拾がつかなくなりました。

最後は全員でのセッションとプレゼント抽選会。
ヴァイオリンの熊澤洋子さんとパーカッションの田中良太さんとご一緒するのは初めてなのですが何だか何度もやってるような不思議な気分でした。最近ご無沙汰だったセッションすることへの意欲に火がついてしまいました。
コーラスをしながら井波さんを眺めていたのですが、ピアノを弾く手さばきがとても美しくてびっくりしてしまいました。

本番までの子守りを率先して引き受けてくださった「関西の乳母」ことリーチェンさんありがとうございます。
長旅はまだ幼い息子にとってストレスです。
それでもやっていきたいんだライブを。と今回改めて思いました。
また大阪へ行きます。
温かくかつ力強く迎えて下さった関西の方々ありがとうございました。

■セットリスト
1.ほめられたい
2.イチ ニ サン
3.ひびれ
4.ブラボー!
5.クロックムッシュ
6.指一本で倒されるだろう
7.バッティングセンター
8.コロッケパン
9.水分

ーアンコールー
10.ほんとうのこと(井波陽子さんの曲)
11.羊子

(本日の一曲)
井波陽子「反省はまだ」
b0026428_15155041.jpg
b0026428_15225528.jpg

by akiyama-yoko | 2017-03-03 15:16 | ライヴ・レポート | Comments(0)
酔いしれた名古屋
ずっと考えていたことがあってその答えがもう少しで見つかりそうで、LIVE後の夜はあまり眠れませんでした。
答えを誰かに見出して貰いたいとは思ってないのだけど、誰かからのヒントやきっかけは必要です。
あの日のライブはそういったヒントやきっかけでいっぱいでした。

自分の中の認めたくない感情も含めて色んな気持ちが溢れてきましたが、一番は嬉しいという気持ちでした。
この場に居れて嬉しいという気持ち。

いい年になっても寂しい、心細い、という気持ちは隙をみて現れます。そういう気持ちを無くそうとは思ってないのですが、独りじゃないんだとか自分の居場所があるんだという気持ちにさせてもらえる瞬間は時々凄く必要です。

今回意識したことがあります。
「客席に私が居る」そういうイメージでステージをしました。
そこにいるお客さんを無視してるわけではありません。
昨日はだいたい20名弱の方がいらっしゃってくれました。
その20人全員を大満足させることは不可能です。
私が本気で伝えようと思ったらその中の数名を感動させれることは出来ると信じてます。
その為に私は曲席にもう一人の自分をイメージして歌います。ぶれないために。
そうやってもう一人の自分が見張っているのです。
出来もしない事を変にやろうとしてないか、私が本当に気持ちいいと感じる演奏になっているか、心をちゃんと開いているか、などです。

本当はお客さんも私も両方嬉しい気持ちになって満足することができたらいいと思います。でも私には(とりあえず今の私には)全員満足させることは無理で一部のお客さんなら出来ると信じてやってます。
その為にまず私自身が気持ちいいと思えるステージにすることです。
反省点はもちろん色々とあるのですが、嬉しい瞬間、幸せな瞬間がたくさんありました。

佐賀優子さんのステージは後半に向かってメキメキと頭角を現して最初は小さな女の子だったのが最後には鬼と化してました。
茨木のり子さんの詩に曲をつけた歌はいい意味で怒られてる気分になりました。ラストの「音のなるほうへ」は北海道の香りと温度感がきゅんとなりました。

私のステージでは時々客席から優子さんの頼もしいちゃちゃが入ったりしながらお客さんは終始温かく包み込んでくださってました。
アンコールの「ジンギスカン」では優子さんをステージに上げて素晴らしいデタラメコーラスをしてくれて、アンコール後の企画、小芝居ではベロンベロンな優子さんが引っ張ってくださってとても和やかな雰囲気になりました。

というわけでますます佐賀優子さんが好きになりました。
また名古屋へ参りますね。

以下セットリストです。

クロックムッシュ
イチ ニー サン
夕立
ブラボー!
指一本で倒されるだろう
どん
バッテイングセンター
コロッケパン
もう一度僕らは
水分

[アンコール]
ジンギスカン

[小芝居]
羊子と優子の酒場放浪記

PS 鑪ら場はいい会場でした。
良くしようという向上心がありつつピリピリしてなくって。この両立は難しいです。
また歌わせてほしいです。
b0026428_20135065.jpg
b0026428_20204036.jpg

(本日の一曲)
Al Jarreau「Your Song」
by akiyama-yoko | 2017-02-20 20:21 | ライヴ・レポート | Comments(0)
僕が歌を歌う理由は
一昨日のバースデイワンマンLIVE終了しました。
その日の夜は眠れませんでした。
私なりに反省点はあるのですが、それよりも何よりも心が満たされていました。

人前で演奏することはいつだって過酷だ。
けどそれを上回る喜びがあるから続けてこられている。

会場は温かい空気でいっぱいでした。嬉しくてこみ上げてくる瞬間が幾度もありました。
そういう空気になったらいいなーって常日頃思っています。
そのためにはどんな歌を歌えばいいのか。どんな曲をこしらえればいいのだろうか。

私のブログのタイトルでもある「僕が歌を歌う理由は」に時々近づけた気になる時があります。ライヴを終えた今のような瞬間もその一つです。でもまたすぐに見失いそうになります。
それをくり返してます。
歌うことが意味のないことに思えたり、何の為に歌ってるのか、本当にわからなくなってしまうことがしょっちゅうあります。そういう状態の時の方が確実に多いです。

ライヴレポートなのにいささか脱線してしまいました。
とにかく私にしか書けない曲を作り歌っていきたいです。
これからもよろしくお願いします。

[1st]
水分
イチ ニ サン
羊子
想い出のレモンハート
夕立
とおくに
指一本で倒されるだろう
ジンギスカン

[2nd]
時のかけら
どん
バッティングセンター
ハテナ
もう一度僕らは
コロッケパン

[アンコール]
キッス
b0026428_13421290.jpg


(本日の一曲)
ジョージ・マイケル「フェイス」
by akiyama-yoko | 2016-12-27 14:18 | ライヴ・レポート | Comments(0)
人柄
ロース幼稚園お昼のミニコンサート
いい意味でとても緊張しました。
今はライヴの回数がとても少ないので緊張するようになりました。
けど今回はそれだけではなくてお客さんの集中力、熱みたいものをとても感じて、そのせいで緊張したのだと思います。
子ども達も食い入るようにライヴに参加しているのを感じました。
幸せでした。

休憩時間に聴きにきてくれた同級生の顔をみたら感極まって泣いてしまいました。
自分でも驚きました。恥ずかしかった、、、

以下セットリストです。
[1st]
もう一度僕らは
イチ ニ サン
指一本で倒されるだろう
線路は続くよどこまでも

[2nd]
羊子
すなのしろ
水分
さんぽ

[アンコール]
コロッケパン

今回はお手伝いをしてくださる先生が少なかったせいもあって、ライヴ終了後はお母さん達やお客さんがテーブルなど会場を元どおりに並べ始めました。
今までセッティングされた状態しか知らなかったのであぁいつも先生達にお世話になっていたんだなーと改めて実感しました。
それと玲子先生曰く「お母さん達は何も言わなくてもこういう風に手伝ってくれて助かってる」とのこと。
玲子先生自身がとにかく奉仕、与える人なので玲子先生の人柄も影響してるのだろーなーと思いました。
b0026428_14114540.jpg

(本日の一曲)
「虹」作詞 新沢としひこ 作曲 中川ひろたか
by akiyama-yoko | 2016-10-05 14:16 | ライヴ・レポート | Comments(0)
あいらしか
7月10日(日)福岡小戸アリワ

お客さんは半分ぐらい子ども連れだった。
子ども歓迎みたいにうたってたわけじゃないのにちょっとびっくり。
日曜の昼間ということもあったのかしら。

14時開演
今回の仕掛け人武元さんがまずご挨拶。オープニングアクトの松本ともみさんと私の紹介をしてくださる。
いつも思うのだけどこうやって最初に紹介してくださるととてもありがたい。
演奏に集中出来る。

最初に松本ともみさんのステージ。
ポロンポロンと会場に溶け込むようなピアノから始まった。気持ちいい。
途中「Over the Rainbow」をカヴァ−。
自分はクリスチャンだと言うことをまっすぐに話す。
こんなにまっすぐな人、久しぶりにみた気がする。

休憩は長く挟まず、私のステージ。
ライヴをしばらくしてないという不安よりも喜びが強かった。
こんな事言ったらせっかく来てくれるお客さんに対して申しわけないのですが、普段お客さんのことを「怖い」と感じる時もあります。
けどこの日は何ていうか「かわいい」と思った。
それは子どもが多かったせいもあるのかもしれないけど。
大人にもそう感じました。
本来人ってかわいいんだなと、思いました。

あぁ、また福岡へ行きたい。
自分的には色々と反省点があるのでリベンジも含めてね。

セットリスト
[1st]
とおくに
君が描いた地図
キッス
夕立
クロックムッシュ
さいごのうた
コロッケパン

[2nd]
サンキュー
イチニーサン
バッティングセンター
水分

[ここから松本ともみさんとセッション]
神様僕は(松本ともみさんの曲)
もう一度僕らは
b0026428_14171025.jpg


(本日の一曲)
永山マキ「銀の子馬」
by akiyama-yoko | 2016-07-12 14:17 | ライヴ・レポート | Comments(0)
これからもつづけていきます。
5/5こどもの日ライヴレポート

蓋をあけるまで不安がありました。
「お客さん来てくれるかな」
「子連れの方もそうでない方も楽しんでもらえるかな」
いつもとまた違った心配がありました。

たくさんではないですが格好がつく程度に客席が埋まりました。
ありがたいです。
そして皆さんが優しかった。
日本人って良かれ悪かれ空気を読んで合わせてしまいます。
かねてからそれに対して違和感がありました(自分自身に対しても)が、
昨日ばかりはそれに救われたと思いました。
違和感があるのは一人一人が我慢してしまうのに抵抗があるからです。
けど昨日は我慢とは違って何ていうか思いやる気持ち受け入れる気持ちみたいのを感じました。

私の都合のいい取り方も入ってると思いますがそう感じました。
次もまたやりたい、やらなくてはと思いました。

でも本当のところはどうっだたのかなーっと悶々とした気持ちもあります。
やっぱり子供が気になって集中出来なかったとか、
やっぱり子供と一緒だと気兼ねしてしまったとか、
大人向けのライヴなのでやはり子供が退屈して困ったとか、
たぶんあると思います。
っていうかなくすのは無理だと思います。
けど何だろうなーこの企画はやっていきたい。
それはやはり可能性を感じるからです。
あ、でも普通のライヴもまだまだ課題があるのに、なぜ更に難しいことをするのか、
とも自問します。
何だろうこの企画をやることで普通のライヴへもいい影響をきたす、そんな予感もあります。
還元されるというか。

とにもかくにもいらしてくださった方々、出演者の方々、鈴ん小屋スタッフの方々、メールなどで貴重なご意見をくださった方々、ありがとうございました。

bigmamaと鈴木わみさんのステージよかった。どっちも楽しかった。

(セットリスト)
バッティングセンター
むかつきながらへっちゃら
ピラニアの棲む湖
コロッケパン
水分
b0026428_184914100.jpg
※写真は鈴木わみさん親子と


(本日の一曲)
Maria Rita「Menininha Do Portão」
by akiyama-yoko | 2016-05-06 18:58 | ライヴ・レポート | Comments(0)
味わってしまった
3ヶ月ぶりのライヴ。
嬉しかった。楽しかった。
もちろん私が楽しいだけではいけないのですが。

来てくださった方とお話する時間もとても愛おしい時間でした。

久しぶりの矢野絢子さんの歌は、私がこんなこと言うのはおこがましいですが、とても成長されてました。
進化してる矢野さん。
もともと温かい人でしたが更にハートに磨きを増してました。
相手のことも考えるし、自分もしっかり楽しむ。
そういうところがすごいとこです。

池マサトさん曲「手ぶくろ」のカバー、「一八〇〇秒の永遠」(これは私の「指一本で倒されるだろう」のアンサーソング)が特に響きました。

お客さんは終始温かい気持ちでちゃんと聴いてくださってありがたかったです。

料理人平林さんが作ってくれた手打ちうどんがもちもちで美味しかった。
短くカットされてて食べやすかった。
そしてAll in Funはやはりいい会場でした。安心して演奏に集中できました。

あーしまったしまったーまたまたライヴの楽しさを味わってしまったー
お客さんに楽しんでもらうために鍛錬したい。そう思いました。

以下セットリストです。

たぶんクレイジー
レール
君が描いた地図
ほめられたい
水分
指一本で倒されるだろう
夕立
さいごのうた
クロックムッシュ
b0026428_15311663.jpg

(本日の一曲)
シーサト&トモヒロ「忘れ雲」
by akiyama-yoko | 2016-03-22 10:38 | ライヴ・レポート | Comments(0)
感謝することが気持ちいいのだって
1年ぶりのLIVE、バースデイ(正確には本日12/25が誕生日)、クリスマス&レコ発ワンマンライヴ、終了しました。
ご来場ありがとうございました。
よい疲れが残るライヴでした。
今まで感謝しなければいけないとか皆様のおかげですと思わなくてはいけないような(その方が例えば人間関係が上手くいくから)と頭で考えたりどこか社交辞令的に言ってる時がありました。
23日は本当に感謝という言葉が身体から無理なく自然に湧き出てきました。
感謝するって気持ちいいなーって思いました。
こんなに気持ちいいんだって。
知らなかった。
このことを教えてくれた皆さんに更に感謝します。

久しぶりのライヴでしたが、またやりたいって思いました。
火がついてしまいました。
困りました。

以下セットリストです。

1st
すなのしろ
君が描いた地図
ブラボー!
マフィンみたいな雲
米寿の伝言
たぶんCrazy

2nd
プロジェクター紙芝居

夕立
ハテナ
どん
ビューティフル
アモーレ・バローロ
コロッケパン

3rd
バッティングセンター
水分
さいごのうた

アンコール
指一本で倒されるだろう

またどこかでお会い出来るように何とかしたいと思います。
b0026428_1113581.jpg


(本日の一曲)
Henning Schmiedt「nowhere」
by akiyama-yoko | 2015-12-25 12:06 | ライヴ・レポート | Comments(0)
18日はありがとうございました
ライヴレポートです。
Heliさんがまず最初に歌いました。
Heliさんのステージを聴いてるとあぁ、音楽がほんと好きなんだなぁーって伝わってきます。
それっていいなぁーって。

ボサノバの淡々とした曲調のせいなのかどの曲も情景がぱっと浮かんできます。
自分が情景描写が苦手なので単純に関心してしまいました。

次は私。
最近は録音に向けて結構きっちりとした練習をしていたので、ライヴの自由感が気持ちよかった。
正面を向いているせいもあってお客さんの変化もダイレクトに伝わってきてやり易かった。
この変化がライヴの醍醐味。
一緒に同じ空間でその時間を共有する、それってやっぱりいい。

セットリストです。
今回は初めての方も多かったので新旧織りまぜました。

ブラボー!
指一本で倒されるだろう
夕立
バッティングセンター
さいごのうた
コロッケパン
すなのしろ
水分

リハ後お店に戻るといきなり私が最近一番のお気に入りのルーマーのアルバムがかかっていた。
これには驚いた。
その後もずっといい音楽が流れていた。

しばらくライヴがないからさみしいな。
b0026428_958408.jpg

(本日の一曲)
中島ノブユキ「プレリュード ハ長調」
by akiyama-yoko | 2015-01-20 11:15 | ライヴ・レポート | Comments(1)




Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo