<   2006年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
最近の羊子の肥やし(ジャンルレス、何でもあり、有名無名関係なし、無条件、タイムレス)
(メールマガジンで送っている「最近の羊子の肥やし」バックナンバーです。)

田中朋子トリオ「SAKURARAN」
札幌在住のジャズピアニスト田中朋子さん。
すごいいきいきしてるアルバム。
全てオリジナル曲で曲も演奏もほんといい感じでそのまま真空パックした感じ。
ぎゅぅっと。

JANE SIBERRY「bound by the beauty」
k.d.langのカバーアルバムに入ってた曲「the valley」が好きでオリジナルが気になって買ってみた。
こっちのバージョンももうもうこれ以上ゆったり出来ないくらいゆったーりしてていい気分。
アルバム通して歌がいい。

DAVID BOWIE「Ziggy Stardust The Motion Picture」
デヴィッド・ボウイって偏見があった。なんかやたらきれいなおじさんってイメージ。
音楽はちゃんと聴いたことなかった。ビジュアルが先行してて。あまりに美しいんだもん。
けど本物だった。
これはライヴ盤。

David Grubbs 「The Thicket」
デヴィッド・グラッブスの中では一番古いアルバム。
なんとも素朴でいい。まるで日本の笙みたい音も入ってて、心休まる。
アップテンポでにぎやかな曲でも流れるようでソフトな感触。
音圧が小さいせいなのか、演奏なのか、何のせいなのかわかんないけど。

E.S.T.「Seven Days of Falling」
スウェーデンのピアノJAZZトリオらしいけど、すごくいいアルバム。
つくづくいい音楽ってジャンルを超えるなーって思った。
トム・ヨーク(RADIOHEAD)が歌ってても違和感ない感じ。

映画「Touch the Sound」
http://www.touchthesound.jp/
パーカッショニストのエヴリン・グレニーのドキュメンタリー映画。彼女は音を体そのもので感じている。
ある日たまたま映画館の前を通りかかって第一感でこれは観ないと!って思ってカンは大当たりだった。
観て欲しいなぁ。

映画「ヒトラー ~最期の12日間~」
主人公がヒトラーではなくて秘書役の女性だったのがよかったと思う。
(揺れる思いが時代を超えて自分と重なった。)
by akiyama-yoko | 2006-04-30 00:00 | 最近の羊子の肥やし
受けて立とうではないか
今日は雨でした。

昨日友人からメールがきた。
変わってる子だなって当時は思ってたんだけど
実はその子の方が本当(まとも)だったんじゃないかなぁって思うことがあるの。最近。

けど私とその子が違ってたから一緒にいれたのかも、とも思うの。

その子のおかげでずいぶんと寂しさから救われた。当時。

寂しさって何ていうか襲いかかってくる。

こわかったなぁ。

今も寂しさはなくならないけど、けど前よりはじたばたしなくなったかも。

受けて立とうではないかって感じになった。

いや、けどやっぱこわいなー。


明日は渋谷でライヴです。

(本日の一曲)
Pogorelich「ショパン 24の前奏曲op.28 第2番イ短調」
by akiyama-yoko | 2006-04-27 21:18 | 日常
寺田町with橋本潤
寺田町さんのライヴを聴きに行ってきた。
会場の下北沢ロフトは30周年ということでいい感じの年期がはいってた。

寺さんのライヴ。
よかった。
出し切ってた。
とにかく寺さんがやるべきことをやってるって感じた。
わたしもいつ何時でも出し切る状態に持っていくことができるようになりたい。
でもそれってこわい。エネルギーを要する。
なぜなら自分自身を超える作業だから。
けどそこまでやらないとお客さんは満足しないはず。とりあえず私はそうだ。

ベースの橋本潤さんもよかった。
音楽でお話をする人。
コミュニケーションしようとしてる。
一見クールな橋本さんだけど、
音楽で会話している。
「こんにちは」ってね。

誠実なアーティスト。
私もそうありたい。


寺田町さんとの出会いは寺田町さんが札幌ツアーに来たときに対バンしたのがきっかけ。
自分の言葉をもっててファンといい関係を築いている寺さんが羨ましく劣等感を感じたのをおぼえてる。

寺田町さんはわたしが東京に越してきて1番最初のライヴにきてくれて、
「ダメだし」をしてくれた。
その時は正直しんどかった。
反面この人は真剣なんだって思った。
音楽に。生きることに。

その時言われたことはずっと残ってる。

けどその意味を理解するまで時間がかかり、
さらにそれを実行するのにも時間がかかった。

わたしのお気に入りのパン屋さんがこんなこと言ってた。
「美味しいものは時間がかかる」って。
そうだね
時間がかかる。
自信を持つには。

けど必ず自信は持てるようになる、

ってそう信じて今も続けてる。

寺田町さんは類稀なピュアな大人の音楽をする人。

昨日やった「誰もお前の代わりにはならない」っていう曲にそれがよく出てるって思う。

寺さんありがとう。

(本日の一曲)
寺田町「ドアのノブには去年のクリスマスのリボンが」
by akiyama-yoko | 2006-04-23 10:23 | 最近行ったLIVE
羊子への反応「4/9レコ発ライヴ」その3
★ヒロキさんからのメール
ライブしてたね
-羊子コメント-
ライヴってその瞬間瞬間生まれるもの。化学反応して生まれるもの。だよねー。
ヒロキさんのコメントっていつも少ない言葉なんだけど、言い当ててるなー。

星美和さんからのメール
-羊子コメント-
※美和さんは松山バレエ団のレッスンピアニスト。私がレッスンピアニストをしていた頃の先輩で、いろいろ教えてもらった人。
なんか、すごく嬉しいです。
何だか私にはもったいないお言葉です。
それはわたしがいつまでも捨てれないもの、なのです。

aukieさんからのメール
-羊子コメント-
そう感じてくれてうれしかった。
うん、壊していきたい。こわすぞこわすぞー。

西ヶ谷源市さんからのメール
-羊子コメント-
※西ヶ谷源市さんはカルダモンっていうバンドでベース弾いてます。歌ういいベース弾くんです。
久しぶりだったね。
そういう西ヶ谷さんもなかなか人間っぽいと思うよ。

(本日の一曲)
Tortoise「Ten-Day Interval」
by akiyama-yoko | 2006-04-19 23:35 | 羊子への反応(LIVE)
Touch the Sound
b0026428_123285.jpg渋谷に用があり、ちょっとぶらぶらしてたら
あれーこんなところに映画館あるんだって感じで
1枚のポスターが目に止まった

Touch the Sound

みなきゃって思った
今みなきゃって思った

次の日早速観に行った

勘はあたった
見事に

あぁ、わたしがやってることは間違ってなかったんだって
そう思った

たくさんの人にみてもらいたい映画

観終わって映画館から出たとき観る前と世界がかわってみえた

ありがとう

(本日のもう一曲)
エヴリン・グレニーのスネアドラムのみの即興演奏
by akiyama-yoko | 2006-04-17 23:23 | 映画Movie
羊子への反応「4/9レコ発ライヴ」その2
ブログやアンケート、直接のメールで感想をくれた人を紹介したいと思います。
私も日々誰かの表現に触発されて表現してます。
ライヴってある意味お客さんは共演者なんです。
※ブログやダイアリーで何か書いてくれた時は教えて下さい。
※アンケートやメールでの感想は本人の許可をいただいてから紹介します。

★atsukoのブログ「フツーの日々」より
時のかけら
-羊子コメント-
あの時の「時のかけら」は何ていうかやっと成仏できたなぁーという心境でした。
あぁ、こういう曲だったのかぁ、と曲の本来の姿を教えられた気分でした。
歌ってるとき私は何かに支えられてる、守られてるそんな感じでした。

角山敦さんからのメールより
-羊子コメント-
チラシみてきてくれたなんて嬉しい!
たくさん撒いてよかったー。
そうそう、楽しむことがテーマの一つでした。
あの日は些細なことまでが意味があるように感じられて私自身不思議な体験でした。
瞬間瞬間がいとおしかったです。

永澤里子さんからのメールより
-羊子コメント-
私が精神的に鬱々してるときにエンジニアの水谷さんが心配してくれて(?)僕の好きなアーティストなんだけどって誘ってくれて行ったのが永澤里子ちゃんのライヴでした。
なんかね、貴重だなーって思ったの。こういうアーティストって。いない。
かっこうつけないの。
それと歌い方がいいの。高音とかかすれたりするんだけどそこがいいというか、だからいいというか。だからそのままでいてほしいなぁって思ったの。
私はもらったメールにすぐ返信した。

「子供のままでいてください。」

(本日の一曲)
Tom Ze「Marco da Era」
by akiyama-yoko | 2006-04-17 22:14 | 羊子への反応(LIVE)
羊子への反応「4/9レコ発ライヴ」その1
ブログやアンケート、直接のメールで感想をくれた人を紹介したいと思います。
私も日々誰かの表現に触発されて表現してます。
ライヴってある意味お客さんは共演者なんです。
※ブログやダイアリーで何か書いてくれた時は教えて下さい。
※アンケートやメールでの感想は本人の許可をいただいてから紹介します。

★山下スキルさんのサイトFLIP SIDE of the moonの4/10のDIARYより。
「天井突き破って、白い雲吹き飛ばして。」
-羊子コメント-
何だかもう一度ライヴを体験してる気分になっちゃった。なんか濃い。わくわくした。
スキルさんもライヴを作ってくれてたんだって思った。

★病んでても元気だ!生きてゆく派遣社員のBlogより
秋山羊子さん、デビュー!
-羊子コメント-
まず、こういうテーマのブログに紹介してもらえたのがうれしい。
「優しい曲と~~そんな音楽をつくる人です。」までの部分、こんど何かで使ってもいい?

★女の子シンガーソングライター支援サイト管理人日記より
無欲だから惹かれる
-羊子コメント-
千早さんの中にはきらきらしてるものがいっぱいあるんだなって思うの。
無欲?いやーそのまま千早さんにその言葉を返したい。

★作曲家、羽野誠司さんのHP、2006/4/9 (Sun)のDiaryより
-羊子コメント-
羽野さんの感想はいつも、そうかー、なるほどーって思う。
よく見えてるというか。
常に見晴らしのいい場所にたってる人なんだなぁって思うの。一本の芯が通ってる感じがする。

★チュー太さんのブログ、聞いとくれ。ちゃたろう!より
「指一本で倒されるだろう」CD先行発売ライヴ
-羊子コメント-
いつも写真どうもです。そっかー「いたい」をそう、とったんだねー。

★37℃のえりさんのブログ「明日はどっちだ」より
トキョ」「高揚するから余韻が残る
-羊子コメント-
なんかえりさんってブログでも歌ってるよね。リズムがあるっていうか。
手を上げてたのはバンドをあおってたんだよ。

(本日の一曲)
David Grubbs「On "Worship"」
by akiyama-yoko | 2006-04-16 23:15 | 羊子への反応(LIVE)
PHOTOS
写真を数点ここにアップしてみます。ね
□2006年4月9日@Star Pine's Cafe 撮影:KAOさん
b0026428_22252659.jpgb0026428_22343063.jpg
b0026428_2226167.jpgb0026428_222626100.jpg

□2006年4月3日@くう 撮影:okina!さん
b0026428_2216417.jpgb0026428_22165784.jpg
b0026428_22215933.jpgb0026428_22174732.jpg

(本日の一曲)
COMBO PIANO「Crossing」
by akiyama-yoko | 2006-04-13 22:36 | ライヴ・レポート
レコ発ライヴレポート@Star Pine's Cafe「響きを感じる」
☆いけるかも その一
「37℃」
今回オープニングで演奏してくれた37℃
前の日に四谷天窓でライヴだったので聴きに行った。
ライヴを聴くのは初めて。
確信はしてたけど、すごくよかった。
いい感触でレコ発に望めそうな予感がした。


☆いけるかも その二
「フランスパン」
開演前に差し入れでフランスパンをもらった。
焼き立てで外はさっくり中はもっちりだった。
楽屋でメンバーと一緒につまんだ。
手でちぎって食べた。
なんかいい感じ。
あぁそっか、こういう感じかもって思った。


☆いけるかも その三
「本気モード」
リハの時からスターパインズのスタッフの方たちがいい感じだった。
何ていうか、ひらいてた。本気だった。
思った。
私が自分のことでいっぱいいっぱいになって縮こまってはだめだ。ちっちゃくなってはだめだ。
そう思った。

今回ピアノの蓋を外してもらった。
通常はしないみたい。
ドラムの生音がピアノのマイクに入り込んじゃうから調節しにくくなるんだって。
けど蓋をとった方がドラムの渡辺さんがお客さんからよく見えるし、私ともアイコンタクトしやすくなる。
PAの人に試してもらってリハしてみて大丈夫OKがでた。

物販その他のスタッフとして協力してくれた祐子さん、美穂さん。
それに鈴木さん。いろんな人が私が演奏に集中できるよう配慮してくれた。

思った。
私はもちろん今日の主役なんだけど
何ていうかその一人にすぎない。
そう感じた。

Star Pine's Cafeでは何度もやってるんだけど、今までスターパインズを使いこなせなかった。
いつも自分の力不足感を感じてた。

どうしてかな
会場が広いから?

会場の響きというものに対して私の意識が足りなかったように思う。
あとお客さん自身も会場の響きというものを感じれることも大事。
そしてスタッフの人たちも。
何ていうか会場に敬意をはらうというか。

昨日は響きを感じた。
スターパインズならではの響きを感じた。


ちょっと話それるけど、スリッパをくれた人がいたんだけど、
誰がくれたのかわかんなくなっちゃった。
ちょっとパニックになってたので。
誰かな?教えて。


「さてこれから」
日曜のお昼だったけど早起きして駆けつけてくれてありがとうね。
すごくエネルギーもらったよ。
一休みしてまた進みます。


「ストレッチ」
出番前メンバーみなでストレッチをした。
それぞれ自己流で。
これはおすすめ。
身体が緩んでると演奏も柔らかくなる。


「ライヴの成功」
ライヴの成功ってはじまる前から決まってるって思う。
スターパインズの藤崎さんがリハ前に会場に現われて爽やかな顔で言った。
「もう今日は成功でしょう。いい感じだもの。」

確かにそういう予感ってあるよね。

日々どう過ごすかが成功不成功を決める。
もちろん何を成功とみなすかって主観だけど。
お客さんがたくさん入ったからって成功とも言えないし。

とりあえずゆっくり休もう。また明日から、よーし。

(本日の一曲)
JEFF BUCKLEY「Last Goodbye」
by akiyama-yoko | 2006-04-10 23:27 | ライヴ・レポート
羊子の独り言(2006.4.9)
さっき帰ってきました。
あったかい麦茶を飲みながら一息つきながら書いてます。

昨日から本番前までずっとイメージトレーニングしてた。
失敗しても
自分をゆるす
わけわかんなくなっても
自分をゆるす
そうやって本番にのぞんだ。

けど本番になってみれば最もゆるされてる自分がいた。

本当に今日はどうもありがとう。

また次頑張れる。

では本日の「羊子の独り言」です。
(これは毎回ライヴ会場にて配布しているフライヤーの文章です)

リセット

4月2日、3日と札幌でライヴをしてきました。

疲れちゃってここ3日くらい夜はぐっすり10時間ぐらい寝て昼も3時間くらい昼寝したりして。
眠るのって気持ちいいね。

最近わたしが精神的にちょっとうつ気味になってるとき、
お世話になってるユニカイエのひるますさんがある本をくれた。
それには眠ることが一番のストレス解消って書いてあった。

ちょっと安心した。
今のところ眠れてるから大丈夫かもしれない。

そういえば私の母もいっつも眠ってるイメージがある。
ソファーでうたた寝してる母。
私のピアノの発表会で眠ってる母。
親ゆずりなのかなぁ。

眠るとリセットされる。充電される感じ。

そういえば故郷に帰ったとき知人に会ってね、赤ちゃんを抱っこさせてもらったら
すごーくあったかくてまるで充電してもらってる気分だった。

ぬくもりってこういうことなんだなって思ったの。

(本日の一曲)
37℃「メロディ」
by akiyama-yoko | 2006-04-09 23:18 | 「羊子の独り言」




Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo