<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
フラガール
映画『フラガール』を観に行った。
いっぱい泣いた。
主演の蒼井優さん、松雪泰子さん、とてもよかった。
お話は東北の炭坑の町が復興のために新事業であるハワイアンセンターを設立することになって、炭坑の伝統を守ろうとする人たちと新しい事業かける人たちが対立しながらも少しずつ接点を見つけていくというお話。
物語の中心はフラダンスのダンサーたち。
全くのど素人の町の女性達がいろいろありながらもプロのダンサーに育っていく。

考えちゃった。
立場が違うもの同士どうやったら上手くやっていけるのかなぁって。共存は出来るのかなって。
なかなか染み付いた考えから人は抜け出すことって難しいって思うの。
本人が思ってる以上に。
固執する必要のないことだったとしてもなかなか難しいって思うの。

フラダンスの手の動きって手話みたいに意味があるんだね。知らなかった。
愛してるって言う意味の手の動きがとてもよかった。
人間って何て粋なものを生み出すんだろうって思った。

(本日の一曲)
XTC「Omnibus」
by akiyama-yoko | 2007-03-26 23:30 | 映画Movie | Comments(2)
朝の和定食
コメントありがとうございます。嬉しいです。
感想メールやブログで書いてくれたりありがとうございます。大阪でライヴできて良かったぁ。
新曲が好評で嬉しいです。

大阪ライヴの次の日に神戸に行った。
目的は私のCDを置いてくださってて店内でもかけてくれたりしているコフクカフェに行くこと。三宮で知人と待ち合わせた。
早めに着いて朝食を食べようって思って駅近辺をうろうろと歩き回った。
すごーいしぶーい喫茶店が結構あって気になるんだけど、どうしても一人で入る勇気がなくて迷って迷って結局大衆食堂みたいところに入った。
食券買って入るタイプのお店だった。そういうとこってあまり入ったことなくてワクワクした。店に入ると何だか注目されてる気がして(完全に自意識過剰だよね)、緊張しちゃった。そして迷って迷って朝の和定食みたいなのにした。
テーブルについて食券をどうしたらいいのかわからずもじもじしていると、良い感じのおばちゃんが「いらっしゃいませ〜」って近寄ってきた。
あー入ってよかったぁって思った。
店員さん同士が厨房で賑やかにしゃべってるのが聞こえる。無駄話じゃなくて「ご飯、今日の分これで足りるかしら」とか「あ、ごめん海苔切らしてた」とか関西弁が小気味いい。

関西弁がいいのか、この店の店員さんの雰囲気がいいのか、何かとてもあったかい気持ちになれた。
ゆっくりご飯をいただいた。1時間くらいかけて。
他のお客さんはちょっと朝ご飯食べに来たみたいな作業着のおじさんから漫画読みながら食べてる若者、おしゃべりに夢中になってるおばさん二人組とかさまざまだけど基本的に庶民って感じだった。
なんだか居心地がよかった。

(本日の一曲)
Stereophonics「DON'T LET ME DOWN」
by akiyama-yoko | 2007-03-22 20:56 | 日常 | Comments(0)
観覧車
大阪ライブ来てくれた方ありがとうございました。
楽しんでいただけたでしょうか。
会場のHEP HALLは梅田のど真ん中にあって、とても賑やかな若者たちが集まるビルにありました。ビルの上には観覧車があってライヴ会場のロビーの窓すれすれまで接近してて最初びっくりしました。

また大阪でライヴしたいです。

◆セットリスト◆
1.指一本で倒されるだろう
2.とおくに
3.水分
4.ジンギスカン
5.もう一度僕らは
6.子守歌

(本日の一曲)
アナログフィッシュ「ナイトライダー2」
by akiyama-yoko | 2007-03-19 23:00 | ライヴ・レポート | Comments(3)
明日18日(日)大阪ライブです。
コメントありがとうございます。
ライヴ、お待ちしています。

去年の6月にCD発売ツアーで初めて大阪でライヴをした。
また行きたいと思っててこんなに早くまた実現するとは本当にありがたいです。
わくわくしてます。
明日はどうやらかなり冷え込むみたいなので防寒してきてくださいね。
ライヴの詳細はこちらです。
http://hephall.buzzlog.jp/e31514.html

(本日の一曲)
ジョニ・ミッチェル「A Case Of You」
※ジョニの歌、いい!
by akiyama-yoko | 2007-03-17 22:16 | 音楽 | Comments(0)
三匹の子豚と大阪ライヴ
コメントありがとうございます。リピートして聴いてくださって嬉しいです。

上野公園にある国際子供図書館へ行ってきた。
国際っていうぐらいだから外国語の本や絵本が観覧できる。(日本語のもちゃんとある)
私は懐かしいなって思って『三匹の子豚』を読んでみた。
そしたらたまげてしまった。

記憶しているストーリーと違っていた。

記憶では子豚はオオカミに食べられない。
けど食べられちゃう。
そして結末にもびっくり。
3匹中レンガで家を建てた最後の1匹は生き残るんだけど逆にオオカミを食べちゃうのだ。
え〜?そうだっけー?違うよーと思って家帰ってから調べてみたら、どうやら日本向けに柔らかく作り替えられてるヴァージョンがあるらしい。
つまり私が子供のころ読んだのはこの日本向けソフトヴァージョンの方。
子豚は食べられないしオオカミも食べられなかった。(どうだろうこの辺は記憶が曖昧…)
もっと平和な結末だったと記憶してる。
もし子供のころ原作のエグい方を読んだらどう感じたんだろうな。。

他の童話も気になって調べてみらまたまたびっくりした。
例えば『アリとキリギリス』。原作では最後は蟻が餓死したキリギリスを食べちゃうのだそうだ。
実はこっちも結末はよく覚えてなかった。
なんとなく怠けてると後から痛い目にあうというのを覚えてるくらい。
実は日本独自のヴァージョンとして結末は弱者である蟻が強者であるキリギリスに食べ物を分け与えるという話にしてるみたい。これは世界中で日本だけのようだ。

みなさんの記憶はどうですか?

考えちゃった。
たぶん原作の方がどっちかに肩入れするとかなくなりそう。
オオカミもキリギリスも気の毒だし子豚や蟻は何もそこまでしなくてもってなって肩入れできない気がする。めでたしめでたしってならない。
そう、めでたしってならない。
そこがリアルだなって思う。

もし自分に子供がいたら原作のエグいのを読んであげられるかな。
うーん。


国際子供図書館は建物がちょっとレトロで荘厳でいい雰囲気です。
また行きたいなぁ。


そして話変わって今週末は大阪でライブです。
b0026428_21591268.jpg







■3月18日(日)@HEP HALL(大阪・梅田)
OPEN/17:30 START/18:00
詳しくは、
http://hephall.buzzlog.jp/e31514.html
をご覧下さい。
□お問い合わせは
HEP HALL:06-6366-3636
まで。

(本日の一曲)
DARYL HALL&JOHN OATES「Kiss On My List」
by akiyama-yoko | 2007-03-14 21:54 | 本Book | Comments(3)
回り道
ビリー・ジョエルのベスト盤『ビリー・ザ・ベスト』を聴いていた。
あぁこれいい曲だなぁって思うのって昔大好きだった曲なんだよね。
「ピアノ・マン」「素顔のままで」「マイ・ライフ」「オネスティ」「ロンゲスト・タイム」などなど…
それって昔聴いていて懐かしいからいい曲って感じるのか、それともやっぱりいいものはいいからそう感じるのか、どっちなんだろう。

きっとどっちもだろうね。

子供の頃好きだったものって本当に染み付いてて絶対に消えない。
忘れようとしても忘れられない。
あまりに衝撃的で。
もう運命共同体みたいな感じ。

その衝撃を花開かせることができるか。
そしてもっと言うと次の世代に残せるか。

出来たらいいなぁ。
いいなぁ。
いいなぁ。


松坂選手は中学生のときからメジャーに行くぞって思ってたみたいだね。
きっとその人の道(運命)って案外小さい頃に決まってるのかもね。
ただ簡単なことじゃないからみないろいろと回り道したりするんだ。
けど回り道することはダメじゃなくてきっとそれには意味があるんだって最近思う。

(本日の一曲)
BILLY JOEL「My Life」

b0026428_21112679.jpg
by akiyama-yoko | 2007-03-09 21:19 | 羊子のCD紹介 | Comments(1)
初めて住んだ街
東京に越してきてもうかなり経つ。
昨日東京に越してきて初めて住んだ街、国立に行ってみた。
気がすすまなくてずっと訪れてなかった。
けれど突然行ってみようって思いたって行ってみた。
行ってみたら駅も新しくなっていて住んでいたアパートまでの道のりも随分と変わっていた。
もう5年以上経つんだから当然だよなぁって思った。
当時のことをいろいろと思い出した。
手に入れたものと失ったものについて考えた。
いろんな人の顔が浮かんだ。

帰りの電車ではちょっと爽やかな気分になっていた。

(本日の一曲)
Billy Joel「Say Goodbye To Hollywood」
by akiyama-yoko | 2007-03-06 22:49 | 日常 | Comments(0)
声の力
最近ノラ・ジョーンズを毎日聴いている。
ノラ・ジョーンズとの出会いはアメリカに住む友人がいいよって薦めてくれたのがきっかけ。まだ日本ではブレイクする前だった。
第一印象は「声がいいなぁ」だった。
そう、声が。

2枚目は聴いてなかったんだけど、去年ある方が「セカンドがすばらしいんです」って薦めてくれた。
それで聴いてみた。
「やっぱり声がいいなぁ」って思った。
そしてだんだんとだんだんとはまっていった。
もうどうしてもノラの声じゃなきゃいやだって風になってくる。
何かよくわかんないけどアルファ波が出る感じ。
頭痛の時とか聴くと少し楽になる。

すごく乱暴に言えば何歌ってもいい曲だなぁって思えちゃうような、そんな説得力が声にある。
声の力ってすごいね。

今間違いなく一番好きな女性ヴォーカル。
3枚目が出たね。
もちろん声は健在。

(本日の一曲)
NORAH JONES「The Nearness Of You」

b0026428_211522100.jpgb0026428_21153726.jpgb0026428_21184257.jpg
by akiyama-yoko | 2007-03-02 21:16 | 羊子のCD紹介 | Comments(2)
好きなことは何ですか?
よくストレス溜まったりした時は好きなことをやるといいって本に書いてたりするけど、
はて私が好きなことってなんだっけ?
って改めて考えちゃった。

音楽は好き。
けど音楽の何が好きなんだろう。
これは私にとっても何て言うか大切でデリケートな問題。
例えば私が子供のころ好きだったのは人の曲をピアノ弾きながら歌うことだった。
ピアノのレッスンは厳しさが勝っちゃってどうしても楽しめなかったから息抜きでもあった。
ビリー・ジョエルの「HONESTY」。何ていい曲なんだろうって思いながらサビのフレーズを何度も何度も真似して歌った。英語がよくわかんないから見よう見まね(聴き真似か)で歌った。
ユーミンの「守ってあげたい」とか、プリプリの曲とか。
たぶん好きなようにできたから楽しかったんだ。

それ以外で何か好きなことなかったかな?
あったあった。
料理の本を眺めること。
とにかく同じ本を飽きずに何度も何度も眺めてた。
実際に作ったりもしたんだけど眺めるだけでワクワクした。

けどずっとそういうのから遠のいてたなぁ。
どこか時間の無駄みたいに思ってたのかもしれない。
何かするのに損か得かで考えるようになってしまってるようだ。

今日は素直になって料理の本を眺めている。
たのしい。

(本日の一曲)
Dreams Come True「未来予想図Ⅱ」
by akiyama-yoko | 2007-03-01 23:45 | 日常 | Comments(1)




Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo