<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ぼくらの歌
「伴奏とよく合っていて言葉がよく聞こえてよかったです」
という先日のライヴの感想をもらいました。
うれしかったです。

バンドネオンと歌とピアノだったので編成的にもきこえやすい状況だったというのもあると思います。
歌詞を全部追う追わないは別として、聞こえるに越したことないですよね。
わたしが人のライヴを聴くとき、歌詞を全部は追わないけれど、聴き取りにくいとストレス感じます。
いろんな要因があって、歌う人の問題だけじゃなく、PAや楽器編成、とくにドラムが入るときこえづらくなるし、座る位置とか聞く側のコンディションなどなど…。きりがありません。
けど一番大事なのは、歌う人が本当に伝えたいと思うこと。そして聴く人が聴きたいと思うこと。それが一番。

歌はぼくらのものだから
  ぼくらのものだから

だから大事にしていきたいね
     ね

     君へ

             羊子より


(本日の一曲)
YES「Closed to the Edge (ⅲ)I Get Up I Get Down」
by akiyama-yoko | 2008-01-28 13:00 | 音楽 | Comments(0)
ラブレター
kimiyoさんコメントありがとうございます。

スターパインズカフェでのライヴ
とってもあたたかい雰囲気だった。
ブログで「私いっぱいいっぱい君にパワーあげたい」って言ったけど、
あげる前にもう君がくれました。
わたしはそのあたたかいオーラを全身いっぱいにあびて歌った。
君がつらいときにふんばるために、いいイメージをいっぱいリュックにつめて持って帰って欲しいと思ってステージに立った。きっとリュックいっぱいになったって思う。わたしはそう思ってる。

未来のライヴがみえたよ。
次のライヴがぼくらを呼んでたよ。
いいイメージはどんどん勢いを増して雪だるまのように大きく大きくなって、次はリュックが2個必要かもね。

小川紀美代さんのバンドネオンのソロは会場を突き抜けていった。
やっぱり紀美代さんは最高。
君に聴いてもらえて本当にうれしい。
紀美代さんの音楽を待ってる人がたくさんいる。
はやく届けたいって思ったの。
終わった後、紀美代さんのCDがたくさん売れてとてもうれしかった。
ありがとう。

紀美代さん大好き。
君のこと大好き。
ずっと言いたかった。
最後にがまんできなくなって叫んだけど、何百回だって言いたかった。

(本日の一曲)
秋山羊子「もう一度僕らは」
by akiyama-yoko | 2008-01-23 19:32 | ライヴ・レポート | Comments(0)
羊子ライヴの手引き
コメントありがとうございます。

生きてるといろいろあるから
つらいときのために
いいことがあった時のことを思い出すとふんばれるから
だからふんばるためのパワーを
貯えておこうよ
貯えておこうよ
いいイメージをたくさん


私いっぱいいっぱい君にパワーあげたい
いっぱいいっぱいあげたい
おみやげいっぱい持って帰ってほしいの
だから空のリュック持ってきてね
つめ放題だから

●羊子ライヴの手引き●
日時:2008年1月21日(月)
場所:スターパインズカフェ(吉祥寺)
開演:19:00
入場料:前売2300円 当日2600円
服装:自由
持ちもの:リュックや手さげ袋をご用意ください。

(本日の一曲)
CAETANO VELOSO「Pulsar」
by akiyama-yoko | 2008-01-20 11:58 | 音楽 | Comments(1)
つらいことの後には…
新年早々体調をくずしていいスタートをきれなくて、けど「辛いことの後には楽しいことが待ってるはず」とある方からメールをいただきました。自分をふるいたたせるように。

きっとその人にとってのここぞっていうタイミングってちゃんとあると思うの。ちゃんと。
だから待っていれば必ずいい時がくるって思う。
でも待ってる時ってつらいよね。頭では今が踏んばり時ってわかってたとしても、やっぱりつらいものはつらい。

きっとごまかせない人なんだと思うの。だからこそ今がつらいんだと思う。けどそれは逆にふりまわされない、流されないということだから、本当の本当のいい時を手に入れることができるって思うの。

ただ体は大事だから、できる範囲で休ませてあげてくださいね。体は一生ものだから。

(本日の一曲)
JANE SIBERRY「The Valley」
by akiyama-yoko | 2008-01-17 22:24 | 日常 | Comments(2)
君は弱くない
YOU16さん、コメントありがとうございます。明けましておめでとうございます。


何だか恥ずかしい気持ちで申し込むのを迷ったとメールをくれた方がいました。

勇気出してくださってありがとうございます。
チャンスをくださってありがとうございます。

最近東京に引っ越して来られて音楽活動をしている、など自己紹介もしてくれました。
わたしはメールを読んで頭の中で一つ一つのことを想像してワクワクしました。
もしこの方が足跡を残してくれなかったら、さらにはこんな風に自己紹介してくれなかったら、わたしの想像はもっと貧弱になってその人のことをすぐに忘れちゃったと思うの。

もしこれから先交流がなかったとしても、わたしはこの方のことを忘れない。
それにもっというと、もしわたしの知り合いでこの方のような人を探してる人がいたら紹介できるかもしれない。
そうやって可能性は無限に広がっていく。それってすごく興奮する。
わたし自身、人の紹介やつながりがあって今がある。
そのことは痛いほど痛いほどに痛感してる。つよくつよく実感してる。

もうひとり別の方からのメール。
この方からは常々多大なるパワーをいただいています。
この方はわたしの音楽に出会ったころとても悩んでいたそうです。
けど、だからこそ悩んでいたからこそ、偶然ライヴハウスに貼ってあった『指一本で倒されるだろう』のポスターに目が止まり、強く感じるものがあり、その後ライヴに足を運んでくださることになったわけです。

なるほどって思ったのは、悩んでいる、という行為は一見弱くて消極的なイメージだけど、そうじゃなくて積極的なんだって気がついたの。積極的なんだって。


君はとても勇気があるよ
ありがとうここまで辿り着いてくれて
わたしはずいぶんと君のおかげで救われてきました
そして救われつづけています
素通りしないでくれてありがとう
わたしを見つけてくれてありがとう
神様からのご褒美

君へ
ありがとう

羊子

*心のこもったたくさんのメッセージをいただきました。
ありがとうございます。わたしの宝ものです。

(本日の一曲)
JUDEE SILL「Kiss」
by akiyama-yoko | 2008-01-14 11:20 | 日常 | Comments(0)
寂しがりや
今回、バースデイ・ワンマン・ライヴの写真と音源の配信を申し込み形式にしました。そのことについて伝えたいことがあります。

わたしが、誰が訪れてきてくれたかちゃんと知りたかったの。
ただ道端にぼーんと置いて、ご自由にどーぞってしたくなかったの。
不特定多数の人に聴いてもらえるのってネットの良さだと思うのだけど、それだと実体がなくってむなしいの。そうむなしいの。
特に今回はみんなで作りあげたライヴ。そのフォトと音源だったから尚更野放しにしたくなかった。みんなの想いがたくさんつまってるから大事なの。

わざわざ申し込むのってめんどうだなーって思う人もいるだろうし、時に勇気がいる。
けどせっかくここまで辿り着いてくださったのだから、わたしが寝てる間に来て帰ってしまったなんてさみしいの。もったいない。

チャンスをくれませんか?
ぼくらが出会ってそこから何がうまれるか。
それがどうなっていくか、わたしもよくわからない。
だけど、だからこそワクワクする。ワクワクするご褒美が待ってる気がするの。未来に。
そんないい予感がするの。

羊子’s カフェにようこそ
席空いてます。
本日のメニューはライヴフォトと音源です。
どなたでもどうぞ。ごゆっくりしていってください。
そして一つだけお願いがあります。
お名前教えて欲しいです。
お話したいです。

(本日の一曲)
QUEEN「ボヘミアンラプソディ」

ライヴフォトと音源についてはこちら
http://yokodiary.exblog.jp/7891642/
羊子へのメール
http://akiyama-yoko.or.tv/postmail/postmail.html
by akiyama-yoko | 2008-01-09 11:56 | 音楽 | Comments(1)
2007.12.25フォトアルバム&音源
リーチェンさん、いつもあたたかいメッセージありがとうございます。
fujisawaさん、ワンマンライヴ来てくださってありがとうございます。

2007年12月25日のバースデイ・ワンマン・ライヴの写真とセットリストとダイジェスト版の音源をアップしました。
写真は、ライヴの最中と終演後、そしてわたしのお誕生会の模様を時間を追って見られるようにしました。来てくださった方がとってもいい顔しています。
写真を撮ってくれたのはokina ! さんです。とってもいい写真です。
音源は30分ちょっとに編集したダイジェスト版で新曲を含めて何曲かはフルコーラスで入ってます。その場で、みんなで作りあげてるエネルギーがパックされてるって思います。

◇ダイジェスト音源メニューの一部◇
君へ(フルコーラス)
僕たちをつないでいるものと、ある夜
みなとまち
ジンギスカン
コロッケパン(フルコーラス)
祈り(小川紀美代ソロ)
アオイソラ
レール
水分
時のかけら
ハッピーバースデイ
即興歌
など全17曲

ぜひのぞいてみてほしいです。
無料配信なのですけど、当日会場にいらしてた方、そうでない方でもちょっと見てみたい、聴いてみたいという方は秋山羊子ウェブサイトのメールフォームから一通メールをください。
http://akiyama-yoko.or.tv/postmail/postmail.html
お名前とメッセージ欄に「バースデイライヴのフォトアルバム希望」と書いてくださいね。よろしくお願いします。

b0026428_1241113.jpg











(本日の一曲)
酒井俊&String Trio「Drunk on the Moon」
by akiyama-yoko | 2008-01-02 11:51 | Comments(0)
ほんとの気持ち
kimiyoさん、コメントありがとうございます。次のスターパインズもよろしくお願いします。からくさん、お久しぶりです。「もう一度僕らは」を聴いてくれたんですね。

12/25のライヴの感想で印象的なものがありました。ちょっとそのことについて書かせてくださいね。

ここ1,2年、ライヴで即興的な要素が強くなってきています。
この変化に戸惑う人はいると思うの。
わたしが即興に目覚めたのは2006年4月の札幌ツアーの時、ベースの秋田祐二さんと共演したのがきっかけです。その夜は興奮して眠れなかったのを今でも覚えています。
そして重要な出会い。梅津和時さん。
梅津さんは初共演のとき、「君のやってることは正しい」と背中を押してくださいました。梅津さんからは常にヴァイブレーションをもらっています。
あとは内橋和久さんと酒井俊さんのピットインでのLIVE。なんて自由なんだろうってうっとりしたの。そう、まさにうっとりと。そして2007年9月に内橋さんと共演して、わたしの中に動かしがたい何かが刻まれました。
でも何よりもわたしの背中を押してくれて、今でも常に押してくれて、応援してくれているのはファンの方です。どんなに守られているか、もう言い尽くせません。
やっぱ無理なのかな…ってあきらめそうになった時も、ふんばれる筋力がつきました。力の源はファンの方の応援です。

感想をくれた方はライヴに何度も来てくれています。今回素直な気持ちに触れて胸がキュンとしました。そしてわたしの変化をより自覚するきっかけになりました。
わたしはみんなと一緒に音楽を楽しみたいって心底思ってるの。この思いは日々つのっていきます。だからこの方の素直な気持ち、真摯に受けとめようって思います。どうもありがとう。

君と一緒じゃなきゃいやなの
自分だけ楽しいんじゃいやなの
だから君のほんとの気持ち知りたいな
わたしもそうするから
できるだけ素直になるから

羊子より

(本日の一曲)
秋山羊子「水分」
by akiyama-yoko | 2008-01-01 00:38 | 音楽 | Comments(3)




Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo