<   2008年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧
東海ミニツアー2日目夜@一宮SONIC BREW
移動の車内で一眠りして復活。
次の会場は一宮の商店街の一角にあるSonic Brew。店内はたて長で一番奥にステージ。
さっそくアップライトピアノに「こんにちは」を言おうと近づいたら、
「あれ?」
これはわたしのピアノそっくり!
家のピアノはスタッフSさんのお婆ちゃんからいただいたとっても古い型のYAMAHAのなんだけど、とても気に入ってるの。
まさかここで同じピアノに会えるとは。何だかうれしくなった。
リハの後近くでたまたま見つけた定食屋さんに入った。
お皿にもられたおかずが並んでて自分で好きに取って食べる形式。こういうのって大好き!興奮した。赤出しの豚汁がおいしかった。

さて本番。
まずは倉内南さんの演奏。
あー止まっちゃった〜みたくとてもゆる〜い雰囲気。
わたしはすごいなーって感心したの。
まだライヴをはじめたばかりとのこと。わたしははじめた頃はもうバリバリにテンパってて、ゆるさなんか出せなかった。一曲とてもかわいい曲があって自分のステージでも小ネタで使わせてもらった。
わたしの出番。「指一本で倒されるだろう」から「とおくに」へ。
何だか変な感じ。何だろう、このまま普通にやることもできる。けど、それじゃだめだ、壊すんだ、踏み出すんだ、守りに入るなと声が聞こえた。でもどうしていいかわからない。
南さんが歌った歌を突然歌ってみた。少し空気が変わった。ゆるんだ。
何曲か歌って小室さんに登場してもらう。まずは「コロッケパン」から。「何かやって」とふってみる。小室さんはタブラを奏でる。なぞの即興「ザ・Sonic Brew」となる。

この夜のライヴは、何ていうかとっても不思議なライヴだった。
いいのかわるいのかひやひやした。終わった後も宙ぶらりんな気持ちで自分でも戸惑った。小さな子供に戻った気分だった。けど君が話しかけてくれてとてもうれしかった。


わたしね、君とわかちあいたいの。とにかくわかちあいたいの。これはとぉっても強い想いだから開いていたいの。とにかく。
いろいろ反省はあるんだけど、あの時点でのわたしの精一杯の「開き」だったの。
君はどう感じたかな。


東海ミニツアーを終えて、今わたしは燃えてる。
燃えてる。
燃えつづけるんだ。わたし。

本当にありがとう。
いっぱいいっぱいプレゼントもらったよ。
また行くね。ぜったい。
b0026428_0351061.jpg
b0026428_0352515.jpg
(本日のもうもう一曲)
村治佳織「Cavatina」
by akiyama-yoko | 2008-04-30 23:53 | ライヴ・レポート | Comments(1)
東海ミニツアー2日目昼@名古屋パラダイスカフェ21
初共演の小室武史さんと本番前のリハーサルが初合わせ。
リハから興奮しちゃった。
タブラの音が「こんにちは」
ディジュリドゥの響きが「はじめまして〜」
と奏でる。心地よい振動が伝わってくる。電気あんまのよう。

さて待ちに待った本番。
会場の君はとっても集中してたね。耳をかたむけている。体全体で感じてくれてるのがわかったよ。
最初はソロで「君へ」。音と音の間を君と一緒につくった。
そして「レール」、「指一本で倒されるだろう」を歌って、小室さんに登場してもらう。
「コロッケパン」からやった。小室さんはタブラを演奏。
どんな風になるかなってわたし自身興味津々だった。
この日この時しかできない唯一無二の「コロッケパン」になったよ。
そしてディジュリドゥで「水分」、「もう一度僕らは」。
リハと違った振動を感じたよ。君のからだに音がぶつかったり吸収したりするから本番はまたかわるんだね。それを味わったよ。

いや〜エキサイティングだった。小室さんはとってもいいパフォーマンスしてくれた。
「小室さんこのあと何してるの?」
「一宮聴きに行きますよ。」
「え?だったら楽器持って来て。一緒にやろうよ」
「はい。」
「何かぶっつけ本番で別の曲もやろうか」
ってことに。
うわ〜っやった〜!

このライヴの企画のラインさんお疲れさまでした。いつもいいイベントで歌わせてもらえてうれしいです。ありがとうございます。
そして君へ。熱心に耳を傾けてくれてどうもありがとう。
b0026428_23472320.jpg
(本日のもう一曲)
DAVID GRUBBS「A Dream To Help Me Sleep」
by akiyama-yoko | 2008-04-30 23:47 | ライヴ・レポート | Comments(1)
東海ミニツアー1日目@四日市ガリバー
一日目は三重県四日市市にあるガリバー。
四日市駅から乗り換えて終点の内部駅で降りてさらにテクテクと20分くらい歩く。
本当にお店あるんだろーかって思いながら車の通りの多い道をひたすら歩く。
あったあったー!お店の前まで来るとガリバーママさんが出迎えてくれた。
早速楽しみにしていた店内を見せてもらった。
まず天井が高くてわーいって思った。2階まで吹き抜けになってる。工芸作家であるオーナーお手製の木のテーブルがパワーを放ってる。ログハウスのようでまるで教会のようで。
そしてリハーサル。響きがいい。
対バンのががんぼさんのメンバーの方々がキーボードのセッティングとかを手伝ってくれた。あ〜本番いい雰囲気になりそう。
お店がオープンして開演までの間、みんなお料理をおいしそーに食べてる。とくに目についたのがオムチャー。白くて丸いの。一見なんだろうこれって思う。人気メニューなんだって。

一番目に登場したのは男女ユニットのforget me not[blue]。明るく自然なトークを交えながらお客さんがだんだんと音楽に身を委ねていく。
さぁどうぞってバトンを渡してくれてわたしの出番。
まずは「指一本で倒されるだろう」から。みなとても好意的な雰囲気だった。ががんぼさんのメンバーやお客さんも率先して盛り上げてくれた。
途中小さな女の子の声に反応して即興で歌を歌う。とってもかわいい女の子。名前はあやめちゃん。あったかい雰囲気になっていった。
予定してなかった「ジンギスカン」を歌ったりして、あっという間に終わっちゃったな。もっともっとやりたかったな〜。
次はががんぼさんのステージ。明るいトークにお客さんがちょっとやじを飛ばしたりしながら進む。カバー曲が中心で「あっ、これ知ってる」ってなつかしい気分になった。
最終列車に乗り遅れないように急いで片付ける。そしたら三重まで駆けつけてくれたIさんが四日市まで送ってくれると言う。たすかった〜。
帰りの電車の中でガリバー土産のコロッケサンドを食べた。おいしかった。
b0026428_2313489.jpg
(本日の一曲)
PILATE「Melt Into The Walls」
by akiyama-yoko | 2008-04-30 23:14 | ライヴ・レポート | Comments(1)
ゆいいつむに
ずーやさん、コメントありがとうございます。連日来てくださってありがとうございました。


さっき帰ってきました。
本当に本当にありがとう。

君に会えてうれしかった。
君と最高の時間をわかちあえて本当にうれしかった。


ありがとう
かけがえのない君へ
ゆいいつむにな君へ


羊子より

(本日の一曲)
THE CARPENTERS「Yesterday Once More」

PS 明日東海ミニツアー物語アップ予定です。
b0026428_18183065.jpg

by akiyama-yoko | 2008-04-29 18:24 | 音楽 | Comments(0)
いよいよ明日から東海ツアー
b0026428_11195429.jpg

by akiyama-yoko | 2008-04-25 11:17 | 音楽 | Comments(1)
ミートソース
ちいさなファンさん、コメントありがとうございます。『アレクセイと泉』わたしも観たいです。
b0026428_13551481.jpg
わたしのおばあちゃんは家で塾を開いていたらしいの。
塾といっても近所の子供達の宿題をみてあげるって感じだったみたい。おばあちゃんの話によると当時は親がちゃんと学校を出てない人が多くて子供に勉強を教えられないからおばあちゃんが代わりに教えてあげてたみたい。けっこう集まってきてて30人くらいいたそう。

あぁ何かいいなーって思った。
近所づきあいがあったんだなーって。
最近読んだ摂食障害の本に、説明すると長くなるのではしょるけど、摂食障害は心の病で原因の背景の一つに近所づきあいのことをふれてたの。このあいだ行った映画『水になった村』のトークセッションでも近所づきあいがなくなった話題がでた。

近くの人がお互い助け合うことって大事だよね。自然な行為だよね。
けどわたし自身マンションに住んでいて近所づきあいはほとんどない。
でもときどき同じ階に住む人が自家菜園の野菜をわけてくださることがあるの。とってもうれしい。

子供の頃は近所づきあいはふつーにあった。
かわいがってもらったもの。
はじめて缶詰じゃなくて手作りのミートソース食べたのも近所のおばさんからのおすそ分けだった。すごくおいしくて感動した。

母が働いていたので近くに住んでいた伯母さんの家にいつもお世話になってた。学校から直で伯母さんの家に行ってトムとジェリーとかみながら夕ごはんをいただいてた。おじさんもおばさんもいやな顔ひとつしなかった。今考えるとなんてありがたいんだろう。

(本日の一曲)
「たんぽぽ」作曲:堀越 浄 ・作詞:カドクラサトシ
by akiyama-yoko | 2008-04-23 14:16 | 日常 | Comments(0)
じょさん
himbeer-bonbon5さん、コメントありがとうございます。わたしも昨日眠りが浅かったです。
b0026428_1325595.jpg
昨日ね、映画を観に行ったよ。
なんとお寺でやったんだよ。
中に入ると線香のにおいがプ〜〜ンとした。線香のにおい大好きなんだよね。お寺自体も好き。なんか落ち着くし天井高いし特別な気分になるもの。おじいちゃんおばあちゃんのお葬式を想いだしたりもした。

映画は『水になった村』っていうドキュメンタリー映画。
ドキュメンタリーっていってもかたくないよ。ダム建設で今は水没してしまった岐阜県にある徳山村。なんかそれだけで想像力かきたてられちゃう。予備知識なく観に行ったんだけど当たり!だった。おもしろかったよ。
監督の大西暢夫さんが村に住むお年寄りを20年かけて追ったものをぎゅぎゅぎゅっと凝縮した映画。ダム建設の前、ダムが出来た後、村の人々に与えた影響、変化を淡々と撮ってるの。淡々と。だからかな、すぅーーーーっと入ってきた。
登場人物のじいちゃんばあちゃん、とくにばあちゃん陣がとっても魅力的なの。
人間ってかわいいなーって。
人間ってたくましいなーって。
人間って美しいなーって。
そう思った。
そしてね、極上のグルメ映画でもあるよ。(笑)

この映画は作家の田口ランディさんが紹介してて知ったの。
ランディさんからはいつもいいもの教えてもらってる。ランディさんはアンテナビンビンの人。この日は上映後に監督の大西さんとランディさんのトークセッションもあっておもしろかった。大西さんはいまは自給自足に近い生活をしてる人で、とてもあったかい雰囲気だったよ。

(本日の一曲)
赤い鳥「赤い花白い花」
by akiyama-yoko | 2008-04-21 13:26 | 映画Movie | Comments(2)
今日は満月
三鷹の山田さん、コメントありがとうございます。20年も住んでるなんてすごいですね。
b0026428_19254630.jpg
むしょーに鯖が食べたくなったの。
そういうのって君はない?
しかも定食で。
月に一度くらいこういう衝動がある。
気のせいか満月と関係してる気がするの。
満月の日かまたは満月の2、3日前にこういうことが起こる。
単純に食欲が増すの。
今日は満月。

(本日の一曲)
SANTANA「グアヒーラ」
by akiyama-yoko | 2008-04-20 19:32 | 日常 | Comments(1)
おそうじ
最近家をまめにそうじするようになった。
いま住んでる部屋は越してきてかれこれ6年以上。
こびりついた汚れとかもうどうにもならないようなところもある。
毎日そうじしても何てきりがないんだろう!ってあらためて思った。
そして働きながらいつも家の中をきれいにしていた母のことを思い出してた。


お母さんへ

いつも家の中をきれいにそうじしてくれてたね
ありがとう
大変だったよね
なのに「ちらかすとお母さんすぐ怒る」って文句ばっかり言ってた
ごめんね

羊子より
b0026428_13521289.jpg
(本日の一曲)
小柳ルミ子「お久しぶりね」
by akiyama-yoko | 2008-04-16 13:48 | 日常 | Comments(1)
不達
b0026428_12133926.jpg
(本日の一曲)
UA「Moor」

by akiyama-yoko | 2008-04-15 12:16 | 日常 | Comments(0)




Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo