<   2012年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
札幌ラーメン
7/28は横浜白楽のnolla cafe
早速店主あだちさんからお下がりCDを2枚いただきました。
あとかかっていたBGMがとても気になりました。(Matthew Robert Cooperという人の「Some Days Are Better Than Others」)
この日は黒川美帆さんの作品が展示されていました。
出番はまずわたしから。
nolla cafeはお客さんと超至近距離なのだけど、イメージとしてはもう少し広い会場でやってるつもりでやりました。
これは以前小山卓治さんが教えてくださったことです。
お客さんはとっても集中して聴いてくださってました。
そしてtoncoさんのステージ。
この日はギターの桜井芳樹さんがサポートをつとめられてました。
toncoさんはなんと言うかお酒やおつまみがすすむような雰囲気をつくるのが上手でした。
会場のみなさんがおいしそうに飲み食いしながら音楽に耳を傾けてました。
夜食にビールカレーとブラウンブレッドとパウンドケーキをいただいて帰ってきました。

翌日7/29は和歌山のラグタイム
4組が出演しました。
まず生土偶。Dr、Bass、G&Voのスリーピース。
久しぶりにロックバンド!って感じのを聴いて、いつのまにかのってる自分がいて、あーわたしもバンドやりたいって刺激されました。
次は寺町ストリートバンド。
お客さんを巻き込むのが上手でした。
そしてオリジナル曲が曲自体お客さんを巻き込める曲で、ほどよくユーモアがあって良いなーと思いました。
次は浜松佑介さん。
類希な美声の持ち主です。本当にハッとする声でした。
ご自身の息子さんの話をMCで交えながらお客さんをほぐしてくださってました。
最後に私。
ありがたいことにほとんどのお客さんが最後まで残ってくださって、しっかり聴いてくださいました。
「ジンギスカン」につなげるMCはちょっと外してしまい若干心残りでしたが、アンコールまで9曲しっかり歌わせてもらいました。

打ち上げはなんと札幌ラーメンのお店。
ラーメン屋に行ったのはたぶん15年ぶりくらいだと思います。
b0026428_16224847.jpg
b0026428_16233653.jpg

(本日の一曲)
山下達郎「MONDAY BLUE」
by akiyama-yoko | 2012-07-30 15:52 | ライヴ・レポート | Comments(0)
50曲くらい歌うLive
梅津和時さんとは何度もご一緒させていただいていますが、一昨日は初めての曲が多かったので新鮮でした。
特に「人と星の間」(小川美潮さんの曲)は本番前のリハでくり返し合わせました。
「Born Under the Blue Sky」(清水敏貴さんの曲)はギターソロのフレーズを梅津さんに再現してもらうというかなり面倒で高度なお願いにもちゃんと応えてくださりとてもありがたかったです。
そしてクレズマーの曲初挑戦は戸惑いました。どう絡んでいいかわからず梅津さんの演奏に半分聴き入ってしまいました。
つくづく梅津さんをはじめ共演してくださるミュージシャンの方々、すごいなー、真似できない、と思ってしまいます。
最後の方声がかれてしまいましたが、体力的にはあと10曲は歌いたかったです。
いつか50曲くらい歌うLiveに挑戦しようかなー
聴く方も体力いるね。
b0026428_1374092.jpg
(本日の一曲)
清水敏貴「Born Under the Blue Sky」
by akiyama-yoko | 2012-07-26 12:58 | ライヴ・レポート | Comments(0)
あねご肌 進化 動物目線
さて今月は和歌山と名古屋でライヴします。

和歌山ラグタイムは初めてのお店です。
この日は4組出演です。
寺町ストリートバンドはこちらで試聴できます。
ヴォーカルの女性があねご肌っぽくて、きっと会場をあたたかく巻き込んでくれそうな感じがします。羊子にはあねご肌要素がないので実はかっこいいなーってあこがれてしまいます。
浜松佑介さんと生土偶さんは試聴できるところが見つからないのですよね。
浜松さんのHPはこちらですが、どうやらしばらく更新されてない様子。
生土偶さんのドラムの野端さんは今回のライヴをセッティングしてくださった方です。以前和歌山でLiveをしたとき「もう一度僕らは」「ハテナ」を一緒に演奏しました。確か。なかなかスリリングで楽しかったのよね。
ということで、4年ぶりの和歌山楽しみです。

名古屋の得三ではギターの臼井康浩さんとご一緒します。
今回は臼井さんの曲にも挑戦します。
臼井さんとはこれで6度目の共演になりますが、毎回毎回新鮮です。
進化し続けてらっしゃるのか、もしくはある意味同じなのか(変な言い方ですが)、とにかくきつねにつままれたみたいになります。
今回もどうなることやら、楽しみです。
この日の対バンはマツイアミさんです。お初です。
ここで試聴できます。
動物たちの目線で描いた曲を歌ってらっしゃるのですが、まずそこがユニークです。
即興ヴォイスパフォーマーでもいらっしゃるとのことで、いったいどんなステージになるのか気になります。
b0026428_12523447.jpg

b0026428_12524045.jpg

(本日の一曲)
Sugar Babe「雨は手のひらにいっぱい」
by akiyama-yoko | 2012-07-24 12:51 | 音楽 | Comments(0)
アンテナに響くもの
28日はnolla cafeでうたいます。
この日はtoncoさんとご一緒します。
toncoさんとはお初です。
音はこちらで聴けます。
「無音のビートが奏でる色」題名のとおり、色鉛筆でかいたような、そんな音です。
ギターのアルペジオがグラディエーションのようです。
Liveはどんな風か楽しみです。
nolla cafeは店主あだちさんがいいと思ったものを扱ってらっしゃいます。
わたしのアンテナに響くものを毎回発見します。
初めての方におすすめはブラウンブレッドです。
素朴でおいしいです。
ということでお待ちしていますね。
君のアンテナにいったいどんなものが響くのかしら。
b0026428_17292880.jpg

(本日の一曲)
EXTREME「SUZI(WANTS HER ALL DAY WHAT?)」
by akiyama-yoko | 2012-07-22 17:36 | 音楽 | Comments(0)
サンジャックで梅津さんと
さて、24日はサンジャックでうたいます。
この日は私の大好きな梅津和時さんとご一緒します。
カヴァーアルバムの中から数曲と、
初お披露目曲、
あとクレズマーに初挑戦します。
梅津和時さんはとにかく気持ちがいいです。
音楽の神様を私達のもとまで連れてきてくれる方です。
暑い毎日ですが、ビール片手に楽しんでいただければうれしいです。
b0026428_12283386.jpg

(本日の一曲)
カワムラ「記憶の旅」
by akiyama-yoko | 2012-07-20 12:24 | 音楽 | Comments(0)
息をひそめる
関西ツアーレポート
最終日は大阪ワンドロップ。
地下鉄駅から直結の雑居ビルの地下にあって、店内にはシンガーソングライターのチラシやポスターがたくさん貼られてて、ネガポジ同様シンガーソングライターの箱って香りがしました。
この日は大村みさ子さんと2マン。まず大村みさ子さんのステージ。
みさ子さんのステージはとても緊張感があります。お客さんは息をひそめるように聴き入ってました。
みさ子さんはとても歌が安定してらっしゃいます。とても安心感があります。そこにゆだねられるというか。
最後にみさ子さんの曲「種をまく人」をみさ子さんのピアノで歌わせてもらいました。

次は私のステージ。
カヴァー曲「I Love You」からはじめました。
お客さんは最初からかなり集中してくれてました。
直前まで疲れから身体のキレがいまいちだったのですが、本番は体が動いてくれました。
そしてまた最後にみさ子さんと「むりしない」と「くそまじめ」を二人でやりました。
最終日にふさわしく、わたしなりに精一杯歌わせてもらいました。

ワンドロップは今回初めてだったのですが、音の感触がよかったです。
また歌わせてほしいです。次回はまた何か挑戦してみたいです。

ということで関西ツアー無事終了です。
私的には一つ一つのLiveで、こうしたかったなーとかあーこれは違ったかなーとか発見があって次につながるLiveになりました。
今回暑さには少々参りましたが〜

えーと次は7/24(火)東京で梅津和時さんと一緒します。
かなり楽しみです。
お待ちしてますね。
b0026428_122152.jpg

(本日の一曲)
Sugar Babe「Down Town」
by akiyama-yoko | 2012-07-18 12:17 | ライヴ・レポート | Comments(0)
トンネル
関西ツアーレポート
2日目は神戸ミドリカフェ。
暑い日でした。
ミドリカフェに入った瞬間、内田夫妻が笑顔で迎えて下さいました。
やはりミドリカフェは落ちつきます。
変な言い方ですが、この日はこれから出産でもするような(したことないですが)そんな面持ちになりました。
Liveは休憩をはさんで2ステージやりました。
1ステージ目ではあまりやらない「トンネル」に挑戦。
2ステージ目は「Like A Love Song」からはじめました。お客さんが自発的にコールandレスポンスしてくれました。ありがとうございました。
「ジンギスカン」では何だか気持ちが高ぶってしまい、少々大げさになってしまったかもしれません。
アンコールは「すなのしろ」
体力アップしたせいでこの曲を歌いきることができました。
この歌は後半がいつもきついのです。

ということでのびのびと、とてものびのびと歌わせてもらいました。
夜食にカレー、豆腐チーズケーキ、きみどりくんクッキーを作ってもらい帰りました。
お客さん、内田さん夫妻があたたかく見守って下さったので、私は思う存分チャレンジすることが、表現することができました。
とてもとても幸せなことです。
b0026428_13241394.jpg

(本日の一曲)
吉田美奈子「夢で逢えたら」
by akiyama-yoko | 2012-07-17 13:21 | ライヴ・レポート | Comments(0)
シンガーソングライターの神様
関西ツアーレポート
初日は京都ネガポジ。
わーすごい湿気。まとわりつくー
まずは京都の第一印象。
いつも思うのですが京都の町並みは美意識が高いです。
ちょっとしたカフェも雰囲気があります。
さてLiveですが、まずは一番目がイシダストンさん。
高音域の声で透き通るような美しい声をお持ちの方でした。ハッとします。
次が私のステージ。
お客さんが最初から心を開いてくれてるのがわかりました。
指一本〜で珍しくコード進行がわからなくなりました。
こんなことはめったにありません。自分でもびっくりしました。
リクエストありますか、と言ったらどなたかが「ジンギスカン」をリクエストしてくださいました。どなただったのかしら?
そしてトリはタケオタケオさん。
今日はごくノーマルにやるとリハのときおっしゃってました。予告通りシンプルなステージ。
お料理のフルコースにみたてたステージ進行でした。
羊子個人的には、お口直しに、と言ってソプラノサックスを吹いた後、ピクルスのようなさっぱりとした感じだったのでは、と言ったのが何だかツボにはまりした。
タケオさんはお客さん目線でLiveをするのが上手だと思いました。温かい方です。
あらためてネガポジはシンガーソングライターの箱だと感じました。
音楽の神様が宿ってる箱は他にもありますが、ネガポジはシンガーソングライターの神様が宿ってると感じました。
b0026428_14271469.jpg

(本日の一曲)
秋山羊子「トンネル」
by akiyama-yoko | 2012-07-15 14:23 | ライヴ・レポート | Comments(0)
魂注ぎます。
さて明日から関西ツアーです。
天候がくずれそうです。
荷造りはほぼ終わりました。
北海道ツアーのときに購入した折りたたみ傘を持っていきます。
羊子ご用達の雑貨屋Biancaで買いました。
楽譜、歌詞カード整理用のクリアファイルもここで買います。
ありがたいことですけど、日に日に増えていく楽譜や歌詞カードの整理が大変です。

ということで、心からお待ちしています。
一つ一つのLiveに私のたましいを注ぎます。

(本日の一曲)
テレサテン「襟裳岬」
b0026428_13444717.jpg

by akiyama-yoko | 2012-07-12 13:41 | 音楽 | Comments(0)
熱〜い3日間ですよ。
b0026428_150346.jpg

来週は関西ツアーです。
ちょうど暑さが本番の時ですね。
だから逆に冷房対策しなくちゃ。
太って大分寒さには強くなったけどね。

まず初日7/13は京都のネガポジ。
いつもネガポジは対バンの方がよいのですよね。
タケオタケオさんは仮想のタケオさん。
Live観たことあります。ジャンルレスで何ともユニークなステージングなのですよね。そして温かい。
今回はいったいどんなステージなのか楽しみです。
こちらで映像みれます。
イシダストンさんは初めてです。
羊子が好きなビリージョエルっぽいです。和音の使い方が。ライヴはどんな風かこちらも楽しみです。
こちらで試聴できます。

2日目7/14は神戸のミドリカフェ。
ミドリカフェLiveは、まったりとした中にも緊張感のある、緩急のあるLiveにしたいです。
当日はメニューとしてカレーやキッシュ、スイーツも用意してくれるとのことです。

3日目7/15は大阪のワンドロップ。
こちらのお店に出るのは初です。大村みさ子さんと2マンです。
みさ子さんは私が大阪でLiveをしたときにいらしてくれて、それがきっかけで今回2マンをさせていただくことになりました。
みさ子さんのCDは愛聴しています。
今回みさ子さんの曲を歌わせていただく予定です。
こちらで映像みれますよ。

という感じで、3日間熱〜いLiveにしますよ!

(本日の一曲)
齊藤さっこ「このままでいい」
by akiyama-yoko | 2012-07-07 14:53 | 音楽 | Comments(0)




Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo