<   2012年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
人に仕える。
昨日30日のリハーサルをしました。
伊藤ハルトシさんは、アコースティックギターとチェロを弾かれます。
なので、大きな荷物を抱えてスタジオに入ってこられました。

本番よりリハーサルの方が重要です。
というと誤解を産みますが、本番の良し悪しはその前の準備で決まると思ってます。
でも、なかなか難しいです。
本番のような精神状態や状況に持っていくことって。

昨日はできるだけ、全開で歌いました。
伊藤ハルトシさんは、きちんと予習してきてくださって、
短い時間で終えることができました。
いつも思うのですが、14、15曲、しかも初めての曲をちゃんとこなすなんて、怪物だなーって。
だって、私だったら2、3曲ぐらいなら何とかなるけど、、

こういうことって得意不得意、それとも、やってるうちにコツを掴むのかしら。
それともやるとなったら、覚悟を決めてやるとできるのかな。

とにかくリハーサルは伊藤ハルトシさんの気持ちのよいリズム感と気持ちのよい旋律に乗せられて気持ち良く演奏しました。
本番はまた場所も違うし、お客さんもいるし、違った展開になると思うのですが、音楽で会場が渦巻くようなそんなライヴになりそうです。ドキドキします。

仕事って人に仕えるという意味です。
伊藤ハルトシさんはもてる力を出しきって仕事をしてくださると思います。
私もかくありたいです。

お待ちしております。心より。
b0026428_1352519.jpg
(本日の一曲)
スガシカオ「うきぶくろをもって」
by akiyama-yoko | 2012-08-28 13:08 | 音楽 | Comments(0)
苦手
カヴァーやりますって言って、外国語の曲を颯爽と歌われるシンガーの方がいらっしゃいますが、何でそんな風にできるのーって、ぼーっとみちゃいます。
私は外国語の曲がとても苦手で、というか、普段日本語以外しゃべってないから苦手で当たり前といえば当たり前なのですが。

30日のサンジャックでは外国語の曲やります。
b0026428_11304592.jpg
(本日の一曲)
TATSURO YAMASHITA「アマポーラ」
by akiyama-yoko | 2012-08-24 11:31 | 音楽 | Comments(4)
デュエット、魅惑、こうご期待
近々は東京で2本ライヴがあります。
8月30日は西荻サンジャック。
翌月9月1日はアピア、こちらは初めてのお店です。

まずサンジャックでは伊藤ハルトシさんとご一緒します。
お会いするのも初めてです。
伊藤さんはチェロとギターを演奏されます。
非常に歌心がおありになるとのことなので、期待度ありありです。
こちらで試聴できます。
個人的に伊藤さんのソロがとても楽しみです、
チェロでいい感じのを聴かせてくださると思います。

アピアでは紅月ノリコさん、矢野絢子さんと3マンです。
矢野さんとは去年の北海道ツアー以来で、紅月さんとは、そうですね。たぶん3年前の高田の馬場でのライヴ以来かしら。
3人でのセッションもやる予定です。(これは秘密なのかな、いいのかな、、ばらしてしまいました)

矢野絢子さんはこちらで試聴できます。
絢子さんの魅力は素直なことです。
さらりと書きましたが、素直でいることは非常に難しいです。

紅月さんの魅力は俗っぽさと品が上手い具合に両立してるところだと思います。
こちらもとても難しいことです。やれと言われてできることではないです。
こちらで試聴できます。
という風に、魅惑的な2人いや3人です。

こうご期待くださいませ。
b0026428_965463.jpg
b0026428_964887.jpg
b0026428_964583.jpg
(本日の一曲)
TATSURO YAMASHITA「DRIP DROP」
by akiyama-yoko | 2012-08-20 09:13 | 音楽 | Comments(0)
ダンボ - 福岡、熊本
上手くなりたい、そう思った。
というか伝えるために上手くなりたいって。

振り返ってまず福岡のれんげ茶屋から書きます。
最初は西山典彦さん。
3年振りの西山さんのステージ。惹き付けられました。
私の好きな『魂の動く方へ』歌ってくださいました。
一見ちぐはぐなようだけど鋭いMCが面白い。ギターのビートが気持ちよかった。
次はbigmama。
この日は鍵盤ハーモニカの吉田さんとパーカッションの友成さんが加わりました。
鍵盤ハーモニカをこんなに上等な楽器として聴かせられる人ってなかなかいないです。
広島に続きbigmamaいいステージでした。
そして私。
この日は何ていうか全身をフルに使いたいって思いました。
久しぶりに「向かえのレストラン」を歌いました。
「クリープ」はシオンさんになったつもりで少し小節入りで歌いました。
アンコールは「Like a Love Song」
パーカッションの友成さんのビートに押されながら、みんなのコールandレスポンスに支えられながら終了。
楽しい夜でした。
れんげ茶屋のスタッフの方の細やかな気配りにも感謝いたします。

最終日は熊本ルーパ。
ルーパは普段ライヴをしてません。
なので、まず大きなソファーをとっぱらうことから始まります。
最初にbigmamaのステージ。
この日もいいステージでした。
「鈴」から始まり早川義夫さん(原曲はハイポジ)の「僕らはひとり」をカヴアー。
もっともっと聴きたかった。
そして私のステージ。
bigmamaのおかげで既にいい雰囲気でした。
私はツアーの疲れで少し重たーいからだを奮い立たせてのぞみました。
そのせいか「シュークリーム」はやけにたるーいグルーブになりました。
そして最後はギターの阪田健一さんに2曲入っていただきました。歌うギター、やはりいいです。
アンコールはみんなで「ハレルヤ」をやりました。
今回ハレルヤは事前に各自歌詞を考えてきてもらいました。
西山さんと宅嶋さんの歌詞にダンボのように聞き耳をたてて聴いてました。
なかなか興味深かったです。
とっても熱心に聴いてくださったお客さん、cobyさんPAのフジモトさん、ありがとうございました。

これで広島、福岡、熊本ツアーは終了です。
次はいついけるかしら?
b0026428_12183110.jpg

b0026428_12182843.jpg

(本日の一曲)
HEATWAVE「EVERYTHING」
by akiyama-yoko | 2012-08-15 12:19 | ライヴ・レポート | Comments(0)
広島お好み焼き
広島のFlying KidsでのLive
まずはbigmamaのステージ。
久しぶりのbigmamaをあびました。
新曲「かあちゃんかあちゃん」と叫ぶところが印象的でした。
アジさんの繊細なパーカッション、サカケンさんの歌うギター、宅嶋さんの呪いすれすれのようなものすごい愛。
それらがうずめきあってました。

次はカワムラさん。
カワムラさんの目はキラキラしています。本当に。
そして声になんともほどよいオブラートがかかって心地よいのです。
「記憶の旅」聴きたかった歌。やってくださいました。とてもいい曲です。

最後にわたしのステージ。
私は会場にうずまいている愛みたいものに対してどう自分の音楽をぶつけたらいいのか考えました。
やはり結局いつも通りいきました。
山下達郎さんが3時間半ぶっつづけで全身全霊Liveをされると聞いていたので、そういうつもりになって最初から最後まで全力でいきました。
お客さんはほぼ私を聴くのは初めての方でしたが、最後まで残ってしっかり聴いてくださいました。
ありがとうございました。

リハ前にせっかくだからと広島焼き食べました。
b0026428_1955253.jpg

(本日の一曲)
はっぴいえんど「風をあつめて」
by akiyama-yoko | 2012-08-11 19:55 | ライヴ・レポート | Comments(0)
広島・九州ツアー・熊本
熊本はシンガーでもあるcobyさんがきりもりされてるルーパで歌います。
cobyさんは世話好きの母のようで、しっかりものの姉のようで、友達のようで、そしてシンガーでもあるといういろいろな顔をもっています。
そしてそういうcobyさんにひかれて人が集まってきます。
今まで2回歌わせてもらいましたが、いつも温かく熱いライヴになります。
今回はより温かく熱くるしいくらいの熱〜いライヴになると思いますよ。
b0026428_141502.jpg

(本日の一曲)
Coby「無花果」
by akiyama-yoko | 2012-08-09 14:04 | 音楽 | Comments(0)
広島・九州ツアー・福岡
福岡・れんげ茶屋
西山典彦さん、bigmamaと3組がうたいます。
西山さんとは九州ツアーで過去に何度かご一緒したことがあります。
恐怖心がある方がいいボクサーになれると聞いたことがありますが、西山さんのステージをみてると、うたうのが怖いのだけどうたいたいという強いメッセージを感じます。
なんとも人間はやっかいです。
西山さんの曲で私がとても好きな曲があります。
題名がわからないのですが、家族のことがでてくるうたです。
今回うたってほしいです。
ここで映像みれます。これはカヴァーです。目の前に子供をあやしてる女性がずっと映ってる様子がユニークです。
b0026428_9574653.jpg

(本日の一曲)
CAROLE KING + JAMES TAYLOR「Will You Love Me Tomorrow」
by akiyama-yoko | 2012-08-08 09:54 | 音楽 | Comments(0)
広島・九州ツアー・広島
Flying Kids at 広島
Flying Kidsは初めてのお店。
(バンドの名前からとったのかしらねー)
広島でLiveするのも初めて。
この日はカワちゃんとbigmamaとご一緒します。
カワちゃんとは不思議な縁があって、東京に出てきたばかりのころ一度お会いしてて(たぶん対バンした)、その後5年くらい前?福岡でのLiveでまた再会しました。そのときLiveを企画してくれたのはbigmamaの宅嶋さん。
バイクで全国をまわってるシンガーソングライターです。ここで試聴できます。情景が広がる美しい曲です。
b0026428_17543940.jpg

(本日の一曲)
原淳「かわりばえのしない毎日」
by akiyama-yoko | 2012-08-06 17:55 | 音楽 | Comments(0)
九州ツアー
広島、九州ツアーはじまります。
今回は福岡のbigmamaと一緒します。
大人になるとなくしてしまう大事なものがあります。
bigmamaはそれをなくしてしまうことを恐れてる人達です。
それを守り続けるために努力されてます。
bigmamaに接するといつも自分が豊かになります。
乾ききった心に水分が充たされていきます。
また明日からがんばろうと思います。
きっとそれはわたしだけではないと思います。
b0026428_14414857.jpg

(本日の一曲)
紅月ノリコ「拝啓、貴方」
by akiyama-yoko | 2012-08-05 14:37 | 音楽 | Comments(0)
金メダル
7/31名古屋トクゾー
早起きの私が珍しく10時まで寝てしまいました。
そのせいか寝違いして左の肩甲骨あたりを痛くしてしまいました。
さてライヴはまずポチさんから。
この日はサポートで坂上太一さんがギターとコーラスで出演されました。
お二人から邪気のないオーラをとても感じました。
それはステージ上でとりつくろったものではなく、身に付いたものとして感じました。
ステージでは恐ろしいくらい普段が出ます。
よい「気」を全身にいっぱいあびて私のステージに臨めました。

まずソロで「シュークリーム」と「とおくに」を歌いました。
その後ギターの臼井康浩さんをお迎えしてのステージでした。
「世界の終わり」は臼井さんのノイジーなギターが気持ちよかったです。こういう雰囲気作りは臼井さん本当上手。
そして臼井さんの曲「DAAT」。これも気持ちよかった。美しいメロディとノイジーなギターがとてもイカしてる曲です。こういう曲はきっと臼井さんしか作れないと断言します。
アンコールはありがたいことに2回もいただきました。
お客さんは最初から最後まであたたかく見守ってくださりました。

ただいまオリンピック真っ最中です。羊子はオリンピックの熱に負けたくないって思って臨みました。どうだったでしょうか。
Liveを重ねるごとに課題があふれ出してきます。
さてまた挑戦が始まります。
b0026428_1621647.jpg

b0026428_162399.jpg

(本日の一曲)
小川美潮「人と星の間」
by akiyama-yoko | 2012-08-01 15:57 | ライヴ・レポート | Comments(0)




Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo