<   2012年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
自己啓発セッション
自己啓発セッションよろしく中ムラサトコさん恐るべしでした。
もし私に子供が居たら、中ムラサトコさんのような先生に教育してほしいと思いました。

ワークショップをまるで受講したような気分でした。
よいいじめられ方をしました。

それよりお客さんはどう思ったのでしょうか。
楽しんでいただけたらそれが何よりなのですが。。。。
なんせ特にセッションでは焦ってしまって、、、

セッションの内容はサトコさんがボイスをループしたものをベースに代わりばんこに言葉や歌で即興的にやり合うというものでした。
「切ない」をテーマに。
汗をかきました。

あとこの日は新曲を3曲やりました。約束でしたので。
緊張しました(汗
予告しますが、次のライヴはアップテンポの曲を作りますので、期待しててください。

中ムラサトコさんのステージですが、非常に面白かったです。
飽きさせないステージでした。
ステージ全体が一つのストーリになっていて、まさしく一人芝居でした。
男女間の喧嘩をモチーフにした歌は可笑しくてコメディー俳優顔負けでした。
オルガンでの弾き歌いの方がより本領発揮とのことですので、オルガンの方聴いてみたいです。

一昨日は私にしてはいっぱいしゃべりました。
上手くいったとこといかないことありました。
とりあえずがんばりました。

きてくださってありがとうございました。
b0026428_1253995.jpg

(本日の一曲)
BUMP OF CHICKEN「HAPPY」
by akiyama-yoko | 2012-09-27 12:53 | ライヴ・レポート | Comments(0)
中ムラサトコ + 秋山羊子ジョイントLIVE
b0026428_23304880.jpg

………………………………………
チラシデザイン:HITSUJI LABO
………………………………………
by akiyama-yoko | 2012-09-25 00:00 | フライヤー(チラシ) | Comments(0)
狐の嫁入り
狐の嫁入りの意味つい最近知りました。
日が照っているのに雨が降る天気のこと。
聞いたことあるのに意味知らないとか、意味を間違って捉えてたとか、結構ありますよね。

最近そういう天気が多いです。
けど昨日からいきなり寒くなりました。
一気に秋になりました。

明後日は西荻窪サンジャックでライヴです。
切なくいこーかなーと思ってます。
けどいつも結構切ない歌多いかもしれませんね。
切ないのがきっと私が好きなのでしょうね。

それでは心から、心の奥深ーくからお待ちしています。
b0026428_21594699.jpg
(本日の一曲)
BLANKEY JET CITY「ディズニーランドへ」
by akiyama-yoko | 2012-09-23 22:00 | 日常 | Comments(0)
富山nowhere
今月は都内以外では富山nowhereで歌います。
今回2度目です。
私の「日々」のアルバムのジャケット写真を撮影させていただいた場所でもあります。
特別な場所です。
今でも忘れられません、
最初緊張して子供みたいにもじもじしてたのですが、段々と馴染んできて、帰る頃には帰りたくないよーってなってきたあの感じ。

生活をとても丁寧にそして楽しんでらっしゃるそんな榮一さんと愛子さんのお二人。
お二人の美意識が好きです。
b0026428_20501839.jpg

(本日の一曲)
さだまさし「二軍選手」
by akiyama-yoko | 2012-09-19 20:51 | 音楽 | Comments(0)
中ムラサトコさん
お会いするのは初めてです。
どうやら、かなりエネルギーに溢れてらっしゃる方のようです。
あれやってみたいなーっ、けど無理だよな、、ってことを実際にやってのけてらっしゃる、そんな羨ましいくらいアクティヴさです。

スープカフェを開いたり、子供と参加するワークショップを開いたり、お芝居をされたり、それと今回はピアノですが足踏みオルガンで弾き歌いされるみたいなのですが、それ自体珍しいですよね。
CD何枚かとYouTubeでも聴かせてもらいましたが歌がとても上手な方です。

っというわけで興味津々な私です。

何か一緒にセッションできたら楽しいのにと、考え中です。

中ムラさんの試聴はこちらでできます。
b0026428_13171149.jpg



(本日の一曲)
小川紀美代「A MI JUNTA BRAVA」
by akiyama-yoko | 2012-09-12 13:21 | 音楽 | Comments(0)
新曲
今日も私はいろいろともがいてます。
今月のサンジャックでのライヴは新しい曲書き下ろし3曲やります。約束です。
これはわたしの都合で、こう宣言でもしないと作りきれないからです。
協力ねがいますでしょうか。

あとこの日は中ムラサトコさんとののジョイントライヴです。
後日中ムラさんのご紹介はさせていただきます。
中ムラさんともセッションをやります。

それではときどき息抜きしながら、今日一日を生きぬきましょう。

(本日の一曲)
象狂象「プカプカ」
b0026428_190720.jpg

by akiyama-yoko | 2012-09-09 19:00 | 音楽 | Comments(0)
自分自身が社長
やっと涼しくなりました。
秋の気配です。
ないものねだりで、今度は何だか寂しい気分です。

一昨日は帰り道雨にうたれ、びしょびしょになりました。
けど、気持ちよかったです。少し。

9/1(土)アピア40
『森の木立に奥深く』
紅月ノリコ × 矢野絢子 × 秋山羊子 3マンLIVEレポートです。

まず私のステージから始まりました。
今日はイベントの一番手ということで、きちんとその役割を果たすのが課題でした。
役割とは次の紅月さん、矢野さんによい雰囲気で繋ぐことで、どうすべきかと考えました。どうやってお二人を紹介しようかと思いました。
お二人のお客さんの方が多かったので紹介するまでもないのですが、私がどう紹介するか、どう思っているかを述べることは結構きわどいというかデリケートなことです。
当たり障りのないこと言ってもつまらないし、難しいです。
私なりに正直に述べたつもりですが、そもそも自分自身考えがまとまってなかったのでどれほど伝わったか、、心配です、はい。
けど誤解を恐れては何も言えなくなってしまうので、これからもチャレンジします。

ちょっとライヴとそれますが、すごく当たり前ですが、何よりお客さんが楽しんでほしいと思ってます。そのために何でもするのではなくて、私らしいやり方でそれをしなくてはなりません。
なぜなら私はどこかの事務所に所属してるわけではないので自分で自由にできます。
逆にそれはキビシイことです。失敗も全部自分に返ってきます。
そのあたりのことが最近やっと自覚できるようになってきました。遅すぎ?
少しずつですが。

紅月ノリコさん、矢野絢子さんもそうです。
自分自身が社長で、演出家であり、マネージャーであり、作家であり、演奏者であります。
それをこなされてます。二人ともやる気があります。
私はそのやる気に助けられました。
3人でやるアカペラを持ちかけたとき、すぐにOKをしてくれました。
けっこう面倒くさいことなのに。
蓋が開いています。気持ちの。
アカペラはいろいろと細かいことは心の残りはありますが、まず賛同してくださったお二人に感謝いたします。そして温かく見守ってくださったお客さんに感謝いたします。

紅月ノリコさんのステージ
紅月さんの曲はとても丁寧に作られていて品のある歌謡曲です。
というと歌謡曲が下品みたいな言い方ですが、歌謡曲のちょっと恥ずかしいところが私は快感です。くるんです。
私が好きな「原石と宝石」歌ってくださって嬉しかったです。

矢野絢子さんのステージ
昨日はピアノがとてもよかった。
ピアノがとてもよく鳴ってました。
絢子さん自身アピアのピアノをとても気に入ってらっしゃるみたいで、その相思相愛ぶりが出てました。
矢野さんはとくかく多作です。羨ましいです、ほんと。
軸となる部分はぶれないのだけど、コトバの使い方や詩の世界観にバリエーションがあります。
昨日は「歩こう〜」という曲と「僕はまだ生きてる〜」という言葉から始まる、何ていう題名だったかなー。。が特に印象的でした。

長くなりました。
長いのはただ単に考えがまとまってないというのもあるけど、いろんな思いが溢れてるとも言えます。御許しを。

(本日の一曲)
紅月ノリコ「既望 」
b0026428_20242796.jpg

by akiyama-yoko | 2012-09-03 20:35 | ライヴ・レポート | Comments(0)
サザエさん現象
稲妻にうたれたような衝撃があります。ライヴのときって。
なので、いつもライヴの後は夜なかなか眠れなくなります。
一昨夜も暑くて寝苦しいのも相まって眠りがずぅっと浅かったです。

ライヴの前は普段より敏感になります。
ちょっとしたことで、不吉な予感を抱いたり、いらいらしたり、逆に、ちょっとしたことに嬉しくなったりします。

ライヴはかけがえのない瞬間です。
それぞれ別々の人間が集まって、音楽という媒体を通して、その瞬間共有します。

いろいろな事情があります。人それぞれ。
産まれたところも育った環境も違うし悩みもそれぞれです。
例えば、会社勤めしていない私はサザエさん現象もわからないし(昔学校行ってた頃はそうだったからわかるけど)、子育て中の女性の気持ちもわかりません。

そんな個々が集まって共有する。
それは改めて素晴らしいことだなっと思いました。

今、以前より健康になってエネルギーが溢れてきて私は一肌も二肌も三肌も脱がなくてはと思ってます。
けど、なかなか行動に移せていません。それが歯がゆいです。

人の原動力って何なんでしょうか?
恐怖?
復讐?
欲?

世の中の体制みたいものは、なかなか変わるのは難しいことです。
昔は何でおかしいのにかわらないのだろうっと思ってたけど、今ならわかる部分あります。
今の生活水準を脅かされることはとても恐怖だからです。
そして、人間は必ず弱みがあるからです。

だから苦しい。

都合のいい事はすぐに忘れてしまいます。
わがままになることなんか、人間簡単。ダメになることなんか簡単。

毎日、一瞬一瞬勝負です。
ダメにならないように。正気を保っていられるようにいつも真剣です。私。
だから疲れます。

けどね、ライヴの時は気がつくとニコっとしてるの。

一昨日は自分でも予想以上に力がみなぎってました。
伊藤ハルトシさんに乗せられたせいでしょうか。
お客さんの力でしょうか。

ハテナはアルバムでも神谷きよみさんが荘厳でナイスなチェロを弾いてくださってますが、昨日の伊藤さんのチェロも荘厳さにさらに躍動感が加わりとてもよかったです。
伊藤さんのソロで弾かれたバッハのプレリュードも躍動感がありました。
もっともっと聴いていたかったです。
伊藤さんの演奏はそうなのです、気持ちいいのです、
何とそれは素晴らしいことなんでしょう。

私達音楽家が人に与えられる最大の事は、やはり気持ち良さかしら。
現実をひととき忘れさせてくれるくらいの。

さて、今日はまたライヴです。
3人の歌姫が魔女になるか聖女になるか、お楽しみです。

(本日の一曲)
伊藤ハルトシ「My Name Is 」
b0026428_11423757.jpg

by akiyama-yoko | 2012-09-01 11:38 | ライヴ・レポート | Comments(0)




Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo