<   2012年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ふっきれ!ふっきれ!
11/25高知歌小屋の2階

前日入りして矢野絢子さん、池マサトさんの2マンを聴きました。
お二人の堂々たるステージ振りを観て、プレッシャーを感じてきました。
そして矢野絢子さんと夜話をしているうちに明日のステージへの決意、意気込みが固まってきました。
ここにくるまで、どこか本番に向けて気持ちをもっていけない自分がいたからです。

そして翌日本番、まずお昼の部。
一番目は田中雅紀さんのステージ。
緊張感が伝わってきました。
途中で音響をしてる池マサトさんが「田中さんはどちらのご出身ですか?」と投げかけたのですが、それがきっかけで何かが変わり穏やかな表情になりました。
ちょっとしたことがきっかけで、ライヴって変わるのだなって思いました。

次はニセのBANDさん。
とにかくMCが笑えます。
性転換したという設定の主人公を演じられててそれがよい感じなのです。

そしてわたしのステージ。
少しでも気持ちをオープンに、けれどいつも通り冷静にいきたかった。
静かな説得力のある演奏にしたかったのである意味ぐっとがまんの演奏、お客さんと我慢比べです。
ちょっとしゃべりが無駄に長くなりました。はい。
声の調子が今一歩で、コントロールが難しかったです。言い訳ですが。
お客さんがかなりオープンな気持ちで聴いてくださってました。ありがたやありがたや。

1時間半くらいの中休みでお好み焼きを食べました。
腹5分目くらいでぐっとがまん。

夜の部に入ります。出演者はお昼の部と同じです。
まず田中さんのステージ。
昼と比べて、集中力が増してました。

お次はニセのBANDさん。
ベースが加わり重厚な色合いになり、相変わらずバイオリンの嶋崎さんはとてもナイスな仕事っぷりをされてました。
ボーカルの花子さんはますます可笑しくて、本当に癒されてしまいました。かなり素敵なキャラクターです。

そして最後に私。
またまたお客さんがすごく聴いてくださってるのがわかって嬉しさと緊張が交差してました。
最近作った「米寿の伝言」は今のところ演奏がまだおぼつかないのですが勇気を出して演奏しました。
昼の部では制限時間の合図に気づかず予定してた曲ができなかったので今回は気をつけました。

歌小屋は何といいますか、修行の場だなぁと思いました。
矢野絢子さんに言ったら、そうなのよーっと。

今回とても大事なことを確認できました。
迷いはずっと消えないのだと思いますが少し吹っ切れることができた気がします。
b0026428_1354930.jpg
(本日の一曲)
THEE MICHELLE GUN ELEPHANT「いじけるなベイベー」
by akiyama-yoko | 2012-11-27 13:06 | ライヴ・レポート | Comments(0)
老舗のうどん屋で働くお嬢
11/23下北沢シードシップ

やはりすっきりとしたフロアにグランドピアノがある店でした。
出番の順番は本番前にジャンケンで決めると言うことで3人でジャンケンしました。
3回もあいこになって、4回目で私が負けて、最初になりました。
じゃんけんでアドレナリンがいっぱいでました。この日一番でたかも〜

出だしでマイクスタンドが下がってしまい少々中断してしまいましたが、
(これをきっかけに新しいスタンドを購入すると言ってました。)
その後はだんだんと集中してお客さんも好意的に聴いてくれてました。
初めてのお店でしたが気持ち良く歌うことができました。

次はいわさききょうこさん。
フォーク一筋!でした。
以前の印象とかなり違ってある意味びっくりです。
何だかいいところのお嬢様が渋い老舗のうどん屋さんで働いてる、そんな雰囲気でした。
説明わかりずらいかしら。
「君が歩くずっと後ろを僕は歩いているのでしょう」が印象的でした。伝わってきました。

最後は井上太郎さん
ブルーグラス大大好きなご両親の元に育ったとのことで、どこか日本人ぽくない自由な雰囲気なの方です。
ユーモアがあり親しみがあるMCもよかったです。
「What a Wonderful World」がよかったです。

シードシップさんは今回は初めてだったのでまだつかみきれなかったので是非また挑戦したいです。

(本日の一曲)
Debbie Gibson 「I Love You」(尾崎豊カヴァー)
by akiyama-yoko | 2012-11-27 12:56 | ライヴ・レポート | Comments(0)
バースデイワンマンLIVE 2012
b0026428_1442956.jpg
…………………………………
デザイン by ユニカイエ
photography by 栗原葉子 etc.
words by Eiichi Yasukawa
…………………………………
by akiyama-yoko | 2012-11-21 14:35 | フライヤー(チラシ) | Comments(0)
駅前開発
久しぶりに風邪をひきました。
喉が痛くて特に寝てる時つらくて、目を覚ましてしまいます。
けど、いい風に捉えています。
風邪をひくには意味があるとのことなので。
風邪をひくことによって排泄作用が施されるということみたいです。
とはいえ、歌うたいとしては、困りますが…

週末のライヴまでは治るだろうと高を括ってましたが、ちょっと不安になってきました。
以前ノド風邪が1ヶ月ぐらい長引いたことがあったのです。
けどそのときはなぜか本番はびっくるするぐらい調子がよかったのですよね。(それが「狂った手」に収録されてます。)

ということで下北沢シードシップと高知歌小屋でのライヴ。
どんな風にしようかとイメージしているところです。

下北沢は駅前開発の問題がその後どうなったかが、気になってます、久しぶりに下北沢に行けるのが嬉しいです。
そして高知、名物の帽子パンが気になってます。あと快適な「お宿」も楽しみです。

(本日の一曲)
スティーリー・ダン「Babylon Sisters」
b0026428_1313693.jpg
ちょっと早いですが。
by akiyama-yoko | 2012-11-19 13:02 | 日常 | Comments(0)
秋山羊子は二度燃える
11月も中盤にさしかかってきました。
早いですね〜
えーと今月の11/25のLIVE、高知にある歌小屋の2階のときの出演者の紹介しますね。
まずニセのBANDさん。
意味ありげなお名前ですが、どうやら大久保和花さんという歌い手さんのことのようです。
こちらで映像がみれます。
この映像はお昼間の野外でのライヴですが、何といいますか、歌小屋のあの雰囲気にばっちりはまると思います。
どんな雰囲気をお作りになるか楽しみです。

そしてもうお一方は田中雅紀さん
淡々と語るようにお歌いになる姿がどこか哀しげで印象的です。
こちらで映像が観れます。

今回は昼と夜2ステージです。
去年は昼で燃え尽きてしまったので、今回は2度燃えますよ。
b0026428_14572292.jpg

(本日の一曲)
John Mayer「Friends, Lovers or Nothing」
by akiyama-yoko | 2012-11-13 14:59 | 音楽 | Comments(0)
11/23のSHEED SHIP
お店と出演者の紹介をします。
こちらは初めてのお店です。
まだ行ったことがないので写真で想像するしかないのですが、スッキリとした空間で、きっと音楽に集中できる予感します。
グランドピアノありです。

出演者ひとり目、井上太郎さん。
お初です。
こちらで映像が観れます。
いわゆるマンドリンの素朴なイメージとは違って、ドラムの方とのとエネルギッシュで粋なセッションの模様です。
当日はどんな編成なのかしら?弾き歌いかしら?

出演者もうひとり目、いわさききょうこさん。
実はずうっーと昔に対バンさせていただいたことがあります。
こちらで映像観れます。
いわき市の復興イベントの模様です。
ストレートな歌詞が伝わってきます。やわらかな声色にのせて。
久しぶりにお会いできるのが楽しみです。
b0026428_18333980.jpg

b0026428_18334779.jpg

b0026428_18335218.jpg



(本日の一曲)
ドナルド・フェイゲン「MISS MARLENE」
by akiyama-yoko | 2012-11-10 18:35 | 音楽 | Comments(0)
行き届いてる
すっかり寒くなりました。
11/5のライヴは家から10分ちょっとの地元阿佐ヶ谷ネクストサンデーでのライヴ。
不思議な感覚でした。
普段通ってる場所ですが、何か別の場所に来たような感覚でした。
ライヴの日はライヴモードに切り替わるせいでしょうか。

さてライヴの内容ですが、まずはnaccaさんのステージ。
井上侑さんがあとでMCで「すごい集中力」とコメントされましたが、しかりでした。
MCでちょっと疲れた時に聴いていただけたらいいなと思いますとか、眠っても構いませんとおっしゃてましたが、確かに眠る前とかいいかもしれません。
現実を忘れてすーーっとねむりに入れるかもしれません。
最後に歌われた曲が印象的でした。

そして井上侑さんのステージ。
オケを流して歌われたり、バリエーションをつけられたステージでした。
オケで歌うの難しくありませんか?と終了後に伺ったら、「はい、難しいです〜」っとにっこりとされました。
歌とピアノが丁寧でゆきとどいてらっしゃいました。
そういうのってあらためていいなーって思いました。
私もそうありたいです。

そして私のステージ。
今回は「とおくに」から。
そして「指一本で倒されるだろう」ではサビの歌詞を突然忘れて違うことを歌ってしまいました。
ほんと、本番ってこわいです…
ありえないことがおこります。
久しぶりに「君へ」歌いました。
ということで何とか終了。
今回は私のことお初の方がとても多かったのですが、どれくらい伝わったのか…と気になるところです、はい。

また次に向かって進みますね。振り返らず。反省はします。
b0026428_9334410.jpg


(本日の一曲)
さだまさし「関白宣言」
by akiyama-yoko | 2012-11-07 09:41 | ライヴ・レポート | Comments(0)
存分に
5日(月)はネクストサンデーで歌います。
こちらは私の地元阿佐ヶ谷のライヴハウス。
デーンと大きなグランドピアノがあります。
とても素晴らしいのピアノで、いい音なのです。
とにかくこのピアノを弾けるのが楽しみ。
この日は7周年のイベントに出演させていただきます。
出演する3組ともピアノ弾き歌いです。
存分にピアノ弾き歌いに酔いしれてほしいです。

出演者を紹介します。
井上侑さんとは一度鈴ん小屋さんでご一緒させていただきました。
とても目がキラキラと輝いてらっしゃったのが印象に残ってます。
こちらで映像観れます。3分30秒位から演奏が始まります。
とても活き活きした演奏です。

naccaさんとはお初です。
こちらで映像観れます。スライドを上映しながらのライヴです。
ハスキーボイスでしっとりとじっくりとお歌いになる姿が印象的です。
きっとネクストサンデーのグランドピアノで歌われると更にじっくりほっこり雰囲気になりそうです。
b0026428_15454856.jpg

(本日の一曲)
ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第14番
by akiyama-yoko | 2012-11-02 15:48 | 音楽 | Comments(0)
対話の可能性
昨日は結構寒かったですね。
そんな中いらしてくださってありがとうございました。

まず日比谷カタンさんのステージ。
飽きさせないステージ。
楽しかった。
自分のステージを一時忘れて聴き入ってしまいました。
気持ちよく弾むギター、そしてしなやかな声。
いったいどこから言葉が生まれてくるんだろうってくらい面白いしゃべりが止めどなく続きます。
私もカバーする「対話の可能性」も最後に演奏されて、一瞬、えっ!やるんですか〜って思ったけど、誰よりも曲に入り込んでたと思います、その時私。

で、私のステージ。
カタンさんのステージがとてもよかったのでプレッシャーありました。感謝です。つまり。
集中したステージにしたかったです。全てにエネルギーがみなぎったステージに。
今回摂食障害が一つのテーマだったのですが、以外とストレートにそういう曲はないので、間接的に表れてる曲を何曲かやりました。
で、「ほめられたい」からスタート。
新曲の「米寿の伝言」も無事お披露目。
そしてカタンさんの曲のカバー「対話の可能性」も無事終了。しばらくこの曲が身体から抜けなさそうです〜、はい。

いま寝不足の身体がちょっとだるいですが、早速次ぎに向かって走ります。
b0026428_126951.jpg

そして来月は師走。早いですね。

(本日の一曲)
John Mayer「St. Patrick's Day」
by akiyama-yoko | 2012-11-01 12:07 | ライヴ・レポート | Comments(0)




Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo