<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
秋山羊子 / 島崎智子:ひっしのぱっちで丼!
東京は雪がまた降りましたね。
今年は寒いです。
でもわたしは脂肪がついたのでだいぶん楽です。

来月のライブは2月14日1本です。
バレンタインデーですね。そういえば。
この日は島崎智子さんの企画イベントに出演させてもらいます。
島崎さんの情熱が好きです。
島崎さんの音楽性は面白いです。
いろんなタイプの曲があります。
アカデミックなしゃれた曲があったと思ったら、いきなり寅さんのような下町人情になったり、ものすごくストレートなラブソングがあったり、という風に。
そして何よりも私が惹かれるのは根底にあるロックの魂です。
そこが嫉妬しちゃうくらいの魅力です。

私も負けないように本番までもがきます。

ぜひ参加してください。
そう、参加です。
この日は。特に。
b0026428_14491786.jpg

(本日の一曲)
奇妙礼太郎トラベルスイング楽団「君が誰かの彼女になりくさっても」
by akiyama-yoko | 2013-01-28 14:49 | 音楽 | Comments(0)
意思の疎通
鈴ん小屋さんでのLIVEは去年6月のレコ発LIVE以来でした。
久しぶりなのにいつも鈴ん小屋の方々とはすんなり話せます。
それは鈴ん小屋のみなさんが私を受け入れてくださってるからでしょうか。
嬉しいです。
でも相手がたとえ受け入れてくれてなくても自分が好きだと思う相手には心を開きたい。

何かに夢中になりたい。
陸上の為末さんが言ってました。
「夢中は努力にかなわない」って。

夢中になることで人ともいい関係を築きたい。

ところで本番前の楽屋ではHISASHIさんと吉野さんがペットの話で盛り上がってました。
「ぼくハムスター飼ってました」と吉野さん。
「ハムスターって意思の疎通できるんでしょうかね」とHISASHIさん。

まずは私のステージ。
来てくださった一人一人の気配を感じながら歌いました。
私の「顔」である曲の一つ「コロッケパン」からスタート。
久しぶりに「トンネル」を演奏。
この曲は意外とピアノのパッセージが難しくてちょっと緊張しながら演奏。
そして新曲「ロープ」も披露。
TRAVISの「Closer」を日本語カヴァー。
最後は「どん」。
珍しく最初のキーを間違えてイントロで迷走していまいました。
本番というのは普段なら考えられないことをやってしまいます。こわい。

HISASHIさんと吉野さんのステージ。
私はリラックスして聴きました。
1曲目はトランペットのようなボイスから混沌とした雰囲気で始まりました。
ざっくり分けると英語、日本語、スキャットの3週類があります。
面白いのが日本語になったとたんものすごく言葉が飛び込んできます。
HISASHIさんの美意識がすてきだなって思いました。私はそれに気持ちよくゆだねることができました。
吉野さんのベースを聴くと勘違いしちゃいそうです。ウッドベースが簡単だって。
そのぐらい吉野さんとベースという楽器が一体化してました。
私は楽器と未だ格闘をしています。

最後にセッション。
HISASHIさんが「指一本で倒されるだろう」のコード進行が教会音楽みたいできれいだからそれをモチーフにセッションしましょうとアイディアを出してくれて、そうすることになりました。
まずは自分自身を解放するんだーっと思って望んだのに結局あまり解放できず、HISASHIさんの歌に合わせてハモったり、吉野さんに引っ張ってもらったりと自分から積極的なアクションを起こせませんでした。悔しさが残りました。
即興って難しいです…けどだからかな、面白いです。
b0026428_127251.jpg

(本日の一曲)
JOHN MAYER「Crossroad」
by akiyama-yoko | 2013-01-25 12:04 | ライヴ・レポート | Comments(1)
自力カストラート
鈴ん小屋で1/24(木)ライヴです。
この日は歌手のHISASHIさんとご一緒します。(ツーマンLIVEです。)
4オクターブを使いこなす方ということで、それだけでもそそられますね。
昔「カストラート」という映画があって、その名の通りカストラートが主人公の映画。
カストラートとは男性が声変わりする前に去勢して、ボーイソプラノの高音域を保つことなので、もちろん、いやたぶん?HISASHIさんは自力で高い音域が出るのだと思いますが、はい。
こちらで動画みれます。
谷川賢作さんの滑らかなピアノ、ポンタさんのにくいドラムもいいです〜

http://www.youtube.com/watch?v=EIREUoEHF2c


さて私はといいますと、ちょっと久しぶりにソロでお送りします。
鈴ん小屋さんって不思議とリラックスしやすい会場です。
出番前客席で他の出演者を観てるときも思わずぐっと聴き入ってしまうことが多いです。
よい対バンの場合が多いというのと、もしかして靴脱いで入るということも結構関係してるのかもしれません。ええ。
人はリラックスすると打ち解けやすいものです。
リラックスしてるけど緊張感もあり、メリハリの効いたステージにしたいです。
聴きにきてくださいね。
b0026428_1827368.jpg

(本日の一曲)
CALENDARS「Tracy」
by akiyama-yoko | 2013-01-19 18:28 | 音楽 | Comments(0)
1/12LIVEレポート
1/12のライヴは「女の一生」をテーマにプロローグと7章からなる構成でお送りしました。

プロローグはバーバーの「弦楽のためのアダージョ」。
もともとオーケストラで演奏される曲をバンドネオンとピアノでやりました。
思いのほかバンドネオンにあいました。
もう少し試行錯誤してアレンジを工夫するともっとよくなるなと思いました。

第1章「誕生」からトークが長くなって、この調子でいくとすごく押すのではと思ったので、適当にきりあげながら曲へ進みました。
最後までトークを効果的に挟むことと格闘してました。
こうなった時こうしようとという手だてがもう少しあった方がいいなぁって思いました。
例えばどうしたら相手から面白い話を引っぱり出せるか。
どうしたらお客さんもそれに引き込めるか。
トークのプロになりたいわけじゃないけど伝えるという意味で共通点があるし今後勉強したいです。

第3章の「青春」では私と小川紀美代さんの違いが顕著に出ました。
私はわりとミーハーな女の子だったのに対して、紀美代さんは高校をさぼりジャズ喫茶に入り浸る、というちょっと悪な女の子。
紀美代さんがこのテーマで演奏した曲「夢のあとで」もそんな雰囲気でした。

結局前半は予定より10分以上オーバーして終了。
何だかいつもと違う疲れがどっと押し寄せてちょっと休憩。
後半は押しすぎないように気をつけて、エピローグは省略しました。

通常のライヴでもそうですが、その場の空気を読んで自分で判断して何か行動するという意味においては変わらず難しかったです。
日常生活でもいろんなことを判断し選んでます。
例えば今朝はちょっと疲れてるから軽めに食べようとか。
そういうのがもっともっと凝縮した状態がライヴ。
意外とこうしてはダメという風に縛られてる自分がいます。
やはり、怖いです。恥かくのが。失敗して。
弱虫ですね。

曲ですが第1章「誕生」で「closer」を初めてライヴで歌いました。
これはカヴァーアルバムに入れようとしてレコーディングしたけど結局入れなかった曲で、イギリスのロックグループTRAVISの曲の日本語カヴァー。
なかなかのいい曲です。
日本語を付けたのはサビの英語が「とうさん〜かあさん〜」とソラミミアワーみたく聴こえたのがきっかけです。
ライヴでなかなかやる機会がなかったのですが今回のテーマにあってるので歌いました。

またこういう企画をしたいです。
今回はやはり紀美代さんと共演とのことでこういうテーマがわき上がってきました。
紀美代さんは瀬戸内寂聴さんの本を事前に読んで準備してくれたり、そういう手を抜かないところが大好きなところです。
そして「米寿の伝言」のアレンジもよかった。
リズムを刻んで、よりスピード感を感じさせたり、テーマのフレーズをユニゾンしてくっきりさせたりとさりげなく工夫をしてくれてました。
丁寧にいつも臨んでくださいます。

次回も紀美代さんとご一緒するときは何か面白いことしたいです。
b0026428_19475571.jpg
(本日の一曲)
KARLA BONOFF「悲しみの水辺」
by akiyama-yoko | 2013-01-14 19:50 | ライヴ・レポート | Comments(0)
新年にふさわしく
明日12日(土)今年一本目のライヴです。
きのう小川紀美代さんとリハーサルをして、トークの打合せをしているうちに
「なんか今の話もったいない、すごくいい!本番で出来たらいいのに」
と思う瞬間が結構ありました。
明日はまた新たな展開になると思います。
曲はテーマに添って選曲したのですが、普段やらない曲が多いです。初めての曲もあるし。
紀美代さん曰く「新年にふさわしいテーマだね」と。
そうかもしれません。
「女の一生」
ぜひ聴きにきてください。
b0026428_13322158.jpg

(本日の一曲)
Lucy Rose「Red Face」
by akiyama-yoko | 2013-01-11 13:36 | 音楽 | Comments(0)
女の一生
お知らせです。
メールマガジン「羊子からの手紙」4月の更新月よりリニューアルします。
名前も改めようと思ってますが、これだ!というのがまだ出てこなくて。
出次第お伝えしますね。
リニューアル内容は以下の予定です。
・今月の新曲…羊子の書き下ろしの新曲をYouTubeにアップ
・今月のポエム…羊子の書き下ろしの詩
・海女からの収穫…今月羊子がひっかかった言葉を紹介
・羊子の「逆」お悩み相談室…羊子の悩み相談への回答を募集。翌月ナイスな回答を紹介します。

以下は従来通り
・羊子のアンテナ
・エッセイ
・ライヴ情報
ということでぜひ更新&登録されてない方は会員になってほしいです。
以前会員だったけどまた復活ももちろん大歓迎です。
http://www.hitsujilabo.com/mail/mail.html

新年の第一発目ライヴはサンジャックで小川紀美代さんと一緒します。
この日は「女の一生」と題しまして7つの章からなるプログラムでお送りします。
各章ごとにミニトーク(時にディープな話題も有り)を交えながらお届けします。
ぜひいらしてくださいね。
b0026428_21262954.jpg

(本日の一曲)
フジファブリック「ないものねだり」
by akiyama-yoko | 2013-01-05 21:27 | 音楽 | Comments(0)
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

羊子
b0026428_910967.jpg
(本日の一曲)
LISA HANNIGAN「Home」
by akiyama-yoko | 2013-01-01 09:13 | 日常 | Comments(0)




Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo