<   2013年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
どうにもならないもの
4月2日に天窓.comfortのLIVEでご一緒するお二人を紹介しますね。
今回は野上智子さん。
野上さんもお会いするの初めてです。
http://www.youtube.com/watch?v=xQfvm-iSw
こちらで動画観れます。

野上さんのひんやりとした印象が伝わってきます。
時折みせる声の裏返りがいいです。
あんまりこれをやりすぎると嫌らしいのですが、程よいです。
野上さんはきっと生の方がもっとびしびし伝わってきそうです。
野上さんの中にあるどうにもならない部分みたいものが。

シンガーソングライターの人はそれぞれ自分の中のこのどうにもならないものをその人なりに歌います。
野上さんのこのどうにもならないものをどう表現されるかが楽しみです。
少々まどろっこしい言い方になりましたがそう思います。

野上智子さんのどうにもならないもの
すわじゅんこさんのどうにもならないもの
秋山羊子のどうにもならないもの
b0026428_1213296.jpg

(本日の一曲)
MARISA MONTE「O QUE ME IMPORTA」
by akiyama-yoko | 2013-03-28 12:14 | 音楽 | Comments(0)
国歌斉唱
4月2日に天窓.comfortのLIVEでご一緒するお二人を紹介しますね。
お二人とも初対面です。
まずは、すわじゅんこさん
以下は国家斉唱の動画です。
http://www.youtube.com/watch?v=LHAdw9tcVyo
1分20秒くらいから始まります。
京セラドーム大阪「オリックス対ロッテ戦」での斉唱です。
これは…

私はお声がかかるかからないは置いといて、
できませんね。
絶対間違えられないもの。
プレッシャーでもう狂うと思います。

聴いていて緊張しました。こちらも。
でもかなり堂々としてて素晴らしいと思います。
4/2のライヴも楽しみです。
b0026428_1813728.jpg

次回はもうひとりの野上智子さんを紹介しますね。

(本日の一曲)
DAVID BOWIE「You Feel So Lonely You Could Die」
by akiyama-yoko | 2013-03-25 18:00 | 音楽 | Comments(0)
いじけ虫
磯部舞子さんとアランパトンさんのライヴに行ってきました。
磯部さんとは6月にご一緒することになっていて、いちど聴いてみたいなーっと思ったからです。

短く感じました。
私が短く感じることは珍しい。
子供の頃からコンサートに行って黙って座っていることが出来ませんでした。
それは今でもかわってません。

ライヴがよかったのと、あと私の体力がアップしたせいでしょう。
音楽を聴くには体力が必要です。

ほとんど前情報なしだったのもよかったのでしょう。
二人のリズムが伝染してきました。
私は面白くなかったらわりと面白くなさそうな顔になってしまうのですが、あれっ?私笑ってる、という風でした。
リフレッシュになりました。

アランさんはとてもスマートにわかりやすく民族音楽を提供してくれます。
ハンガリーの舞曲なんて、普段なじみがないわけですが、あれ?私ノッテル、気持ちいいー。
ハンガリーなんてどこにあるかもちゃんとわかってないし、全然知らない国なのに。
磯部舞子さんは音楽にかぶりつくように演奏します。
音楽をぐいっと自分に引き寄せるエネルギーが見事。

またしても私は二つの気持ちで揺れ動きました。
あぁー音楽っていいなーっというのと、あぁーこんなに音楽の愛に満ちたお二人が音楽をやって、それでもう十分じゃないか、私は別にやらなくてもいいのでは、といじけ虫になってました。

けど一晩寝たら、やっぱりやろうって思い直しました。
いちいちまどろっこしいってね。。。

とにかくライヴはグルーヴがよかった。
いろんな国に行ったよ。

(本日の一曲)
アランパトン「ウジ虫のうた」
b0026428_17285463.jpg

by akiyama-yoko | 2013-03-23 17:34 | 最近行ったLIVE | Comments(0)
一番旬の情報
今月の「羊子からの手紙」(メールマガジン)出します。数日中に。
そして毎年3月は更新の月としています。
今年もメールマガジンご希望の方、読んでみたいという方はお手数ですが「継続希望」や「配信希望」と一通メールをください。いつでも購読受け付けています。
以前もらってたけど、今はもらってない、という方ももちろん復活歓迎です。
手紙の内容は新たなコーナーも加わり、今月も新曲を聴けるようにしました。
私にとっては一番旬の情報を伝えられる通信手段です。
ですから読んで欲しいです。

メッセージはこちらへどうぞ。
http://www.hitsujilabo.com/mail/mail.html
mail@hitsujilabo.com

(本日の一曲)
プッチーニ「私のお父さん」
b0026428_1837562.jpg

by akiyama-yoko | 2013-03-17 18:37 | 日常 | Comments(0)
生意気
自分の演奏にたいして客観的になるのはなかなか難しいです。
テンポ遅いかなーって思って録音を聴いたらちょうどよかったりとか。
荒っぽかったかなぁって思ったらそうでもなかったり。

鬼怒無月さんとの共演で私が掴んだこと(掴みかけたこと)は客観的になることでした。

鬼怒さんは冷静になりながらも熱くなって、何て言うかとてもいい演技をされます。
私は冷静な演技の役者さんが好きです。
つまり上手い人が好きです。
鬼怒さんは上手いのです。
お客さんを満足させるテクニックを持っているのです。

テクニックとは愛です。

私は人のために演奏します。
当たり前ですが。
人のものにならないと演奏したくありません。

その為には客観的な視点が重要です。
だから、人の意見に振り舞わせれるのは嫌ですが、人の意見は聞きたいです。

今日は何だか生意気。


昨日のセットリストです。
1st
ほめられたい
ゆうれい
ニンゲン
指一本で倒されるだろう
どん
米寿の伝言
ジンギスカン
夜のすごしかた

2nd
プレスト(鬼怒さんソロ)
MC「決定!キング・オブ・王子」
ブラボー!
ハテナ
水分
ピラニアの棲む湖
もう一度僕らは
コロッケパン

レール(アンコール)


次は4/2高田馬場のcomfortでソロで歌います。
comfortのピアノはかなり大々的にメンテナンスをして状態が良いとのことです。
そんなんだから最大限にピアノの良さを引き出したいです。
いいライヴにします。
来て下さい。



鬼怒さんへ
また一緒に演奏してほしいです。

(本日の一曲)
布施明「君は薔薇より美しい」
b0026428_15485559.jpg

by akiyama-yoko | 2013-03-13 15:49 | ライヴ・レポート | Comments(0)
それが全てではない
クエンティン・タランティーノ監督の「ジャンゴ」観てきました。
2時間半ぐらいと長めなのに全く飽きさせませんでした。
それはあっぱれ。

いろんな映画のオマージュが入ってるらしいですが一つも分かりませんでした。
きっとわかったらもっと楽しめるのかもしれません。
けど分からなくても十分でした。

今回「ジャンゴ」を観に行こうと思ったのは、まずアカデミー賞式が最近あったのでそれを参考にしました。
賞に振り回されたくないけどそこまでたくさん映画を観ないから。

一番気になったミヒャエル・ハネケ監督の「愛、アムール」がまだ始まってなくて。
そして次にアン・リーの「ライフ・オブ・パイ」
これは3Dを体験したかったのとアン・リー監督が好きだから。
けどちょうどいい時間がなかった。
そしてタランティーノは嫌いじゃないし、脚本賞を受賞したもポイント高かったです。
故伊丹十三さんが映画は脚本で決まるみたいなことを言ってました。
もちろんそれが全てではないのですが、うなずけるところがあり今特にそういう気分だったので
決めました。

ジャンゴ。
人一人死ぬだけで苦しいのに、かなり残虐です。
けどこれは映画です。
あくまでも。

観た人の感想知りたいな。

教えてね観たら。


明後日サンジャックでのライヴ
来て下さいね。
今月は特に一本だけだし、大事なライヴです。

(本日の一曲)
斉藤和義「ポストにマヨネーズ」
b0026428_13375341.jpg

by akiyama-yoko | 2013-03-10 13:34 | 映画Movie | Comments(0)
Come On !!
今月はライヴ一本です。
サンジャックで鬼怒無月さんとご一緒します。
鬼怒さんとの共演は3度目です。
前2回は多彩な色づけをしてくださり惚れ惚れさせられました。
アプローチがとても細やかで、且つ出るところは出る。
わたしの曲をより際立たせてくれて嬉しかったという記憶が強く残ってます。

今回は最近作った新曲もたくさんやります。
新たな曲を加えどんなアプローチをしてくださるのかと興味津々です。

ここのところ鬼怒さんのCD聴いてました。
ノリノリで私は気がついたら久しぶりに踊ってました。腰が動いてました。
ちょっと驚きました。
そしてしばらくするとCDが突然語りかけてきました。
「来い 来い 来い」と。
一体どこへ行けばいいのかわからないのでとりあえず明日の鬼怒さんのライヴに行くことにしました。
別に大袈裟でなく本当に昨日起こった出来事です。
b0026428_13161075.jpg
(本日の一曲)
鬼怒無月「Wild Life」
by akiyama-yoko | 2013-03-04 13:20 | 音楽 | Comments(0)
昨日はありがとうございました。
久しぶりのイベントLIVEは何だか新鮮でした。
オープニングはまず出演者一人一人が司会者の方とトークすることから始まりました。

1番目はまだ高校生!のGANBAさんでした。
私の出番は5番目。
最初からお客さんはとても集中して聴いてくれてました。ありがたいです。
1曲目は「指一本で倒されるだろう」
まずパーカッション前田さんが刻む重厚であたたかいリズムを感じました。
そしてyuhkiさんの悩ましいロングトーン。
ベースの徳永さん、彼は糊のように私たちをいい具合にひっつけてくれました。

2曲目「ブラボー!」
これはやられました。
かなりテンポがゆっくりで、ほんとエネルギーを使いました。
走りそうになるのをバックの3人がぐいぐいひっぱって勇気づけてくれてました。
この引っ張り合いの感覚久しぶりです!

「水分」「もう一度僕らは」ラスト「どん」
「どん」では間奏後の最後のサビへの長い長いブレイクがドキドキものでした。
ピアノを弾くのをやめてアカペラにして、もったいぶってもったいぶって(といっても聴いてる人にはそれほど長くなかったと思いますが)引き延ばしたのはいいけど次の入りどころが困ってしまいました。
ちゃんと覚えてないのですが何とかなってたと思います。たぶん。
録音しておけばよかったなーー

またバンド形態でやりたいなぁ、とバンド願望に炎がつきました。
b0026428_136361.jpg

(本日の一曲)
秋山羊子「ニンゲン」
by akiyama-yoko | 2013-03-01 13:18 | ライヴ・レポート | Comments(0)




Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo