<   2014年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
わたしなりの希望
南青山マンダラのレポートです。
今回のような対バンライヴ。
他の出演者お目当てのお客さんに対しても誠実であるためには、どういうステージにすればいいかが課題でした。

音楽を続けていく理由。
それは私なりの希望を提示することです。音楽を使って。
音楽を始めた頃は違いました。
もっと根源的な自己の欲求、いいと思われたい、浮かんだメロディを作品にしたいという創作欲求、そういったものに突き動かされてました。
でも今は変わってきました。優先順位が。
今は私なりの希望を伝えることです。
今まで生きてきた中で自分がいいと思ったことの集大成が曲であり、
その日のステージです。

一昨日は私は一番目でした。
一番目の役割。
ほぐして客席を温めて次の出演者へバトンを渡すこと。
それが本日の重要な任務でした。
その中に自分の歌を聴いてもらえるタイミングを上手に作ることでした。
その日によって、この聴いてもらえるタイミングが上手く作れない場合もあります。
ラストの曲でようやっとそこに持っていける時もあります。
その術をもっと早く、確立を高くしていきたい。
どんな人の前にも音楽という道は開かれてると私は信じてます。

以下セットリスト

指一本で倒されるだろう
マフィンみたいな雲
夕立
ハテナ
ジンギスカン
JR高円寺駅 ドラッグストアの前
水分
コロッケパン


2番目は武本ゆずかさん
ゆずかさんのステージは最初から最後まで行き届いた心がこもったステージでした。
ゆずかさんの歌は曲を伝えるために歌ってる歌。
やはり「小さな魔法使い」はありそでなさそうな魅力的な曲。始まったとたん興奮してしまいました。
途中ゲド戦記の「空の終点」という曲がゆずかさんの透明な雰囲気にとても合っていた。
ピアニストの道脇直樹さんの間を大事にしたピアノが良かった。

最後TAKANOさんとは2度目のご一緒。
今回は結構楽屋などでお話しをさせてもらいました。
彼は本当に自分が好きだと思ってることをやってるのだなと感じました。
それは羨ましい。
もちろんTAKANOさんもいろいろと迷いや葛藤はあるでしょうが。
「暗い日曜日」という曲があります。ハンガリーで当時この曲を聴いて自殺者が出たといういわくつきの曲です。
TAKANOさんはこの「暗い日曜日」の映画のサントラの中の曲をカバーされてます。
前回もいいなーっと思ったけどやはりよかった。
どこか物語性がある構成で最後は情熱的なダンスのように高揚する。

南青山マンダラはやはり本物。
学生の頃ピアノの先生が言ってました。
本物にふれることがとても大事だと。
今だったらよくわかります。
南青山マンダラで演奏できること心から感謝してます。
b0026428_13542092.jpg

(本日の一曲)
Van Morrison「Crazy Love」
by akiyama-yoko | 2014-04-30 15:17 | ライヴ・レポート | Comments(0)
南青山マンダラ作戦その5「出演者紹介つづき」
本日は武本ゆずかさんのことを書きます。
初めてのお会いします。
まず私は名前がいいなーって。

この「小さな魔法使い」という曲、最初音だけで試聴した時は、どう紹介したらいいのだろうか、と思ったのですがこの動画はいい雰囲気。
ギターの人はマレーシア人の男性で、いい雰囲気というかラブラブなムード。
でも一緒に演奏する時って男女ならそうなるよね。ならないと逆に仲悪いんじゃないかって勘ぐっちゃう。
(あ、けど最近亡くなられたベースの橋本潤さんは男同士でもすごく親密に感じた)

あと個人的に関心したことは、
歌ってる時の顔の表情が崩れないこと。
優れた歌手を観てよく思うのだけど表情がちゃんとコントロールされてる。
ゆずかさんもそう。

私は最近動画を撮るようになって気づいたのだけど、特に高音域になるとわりと変顔になる。それはなかなか直せない。

だから最近鏡を観ながら練習してます。
練習の成果明日観てください。って言いたいけど、まだ
上手く出来ないのが現状です。
b0026428_1444546.jpg

(本日の一曲)
浅川マキ「暗い日曜日」
by akiyama-yoko | 2014-04-27 14:49 | 音楽 | Comments(0)
南青山マンダラ作戦その4「出演者紹介」
この「出演者の紹介」ですが、毎回悩みます。
音楽にこだわりがあるからこそ紹介が難しいです。
ある意味自身の修行と捉えてます。

音楽って不思議でほんの些細なことで、すーと入ってきたりします。
例えば相手のミュージシャンから「秋山さんの音楽すごくいいですね!」
なんて言われたら、私もその人の音楽が違って聴こえてきます。チョロいです。
そんなもんです。

自分のつまらないプライドのせいで、相手のミュージシャンの優れた部分が見えなくなっています。
それは損です。

なので今回も出演者の優れた部分を私なりに紹介させてもらいます。
そうそう、あと逆に同業者だからこそ寛容になれる部分もありますよ。

前置きが長くなりましたが、まずTAKANO TOMOFUMInさん
TAKANAOさんとは2度目のご一緒です。去年南青山マンダラで一緒しました。
TAKANAOさんの音楽は最初センチメンタルで私は一瞬警戒してしまいました。
センチメンタルなものって容赦なく心に飛び込んでくるからです。
でも、途中で、あれ、うーん、違うかも、って冷静になりました。
「品」みたいものがひしひしと伝わってきました。
ご本人自身は別にセンチではないのだと感じました。

今回は2回目なのでまた違った面を観察したいです。
以下は中島みゆきさんの「糸」のカバーです。
とてもおさえが効いた歌がいいです。
b0026428_1316616.jpg
明日はもう一方、武本ゆずかさんを紹介します。

(本日の一曲)
松本佳奈「Strings」
by akiyama-yoko | 2014-04-26 14:40 | 音楽 | Comments(0)
南青山マンダラ作戦その3「出演時間」
出演順について
4/28(月)の私の出番は1番目19:00-19:45の予定です。
今まで出演順を表示するのは抵抗がありました。
それはまるで私だけ観て後は知ーらないというニュアンスが漂ってる気がして抵抗があったからです。
(もちろん今も抵抗はあります。だって、その日同じステージに立つわけで、寂しいでしょ?)

時間があったり興味があったりしましたらTAKANO TOMOFUMInさん、武本ゆずかさんを聴いていってください。
私自身もライヴに行く時お目当てで帰ってしまうことが正直あり、絶対とは言いません。

明日のブログでは、この日ご一緒するお二方の紹介を私なりにさせてもらいますね。
b0026428_12455380.jpg


(本日の一曲)
LINKIN PARK「Given Up」
by akiyama-yoko | 2014-04-25 12:52 | 音楽 | Comments(0)
南青山マンダラ作戦その2「アクセス」
「南青山」というとあまり馴染みがないかと思います。
最寄りは銀座線の外苑前です。マンダラはそこから歩いて5分もかかりません。
(たぶん隣の駅表参道の方が馴染みがあるかもしれません。表参道はナチュラルハウスやクレヨンハウス、デイルズフォードなどオーガニックの店が軒並みあるので私は馴染みがあります。)
まず外苑前の3番出口から出て右に曲がると純喫茶「川志満」があります。
ここは、何だろう、おすすめ!とまではいかないのだけど面白いです。(笑)
なぜか、季節外れのクリスマス用品がその辺に雑然とあったりと、けどコーヒーはすごく本格派で美味しい。
で、スタッフは全員女性で皆全員面白いぐらいテレビの方を常に観てる。
けど、それが悪い感じでもなく、まぁいいかと。
ただタイミングによってタバコが気になるかもしれません。(逆にタバコを吸う人にはおすすめ)
b0026428_163599.jpg

(本日の一曲)
横道坊主「ミサイル」
by akiyama-yoko | 2014-04-24 11:56 | 音楽 | Comments(0)
南青山マンダラ作戦その1「Tシャツと短パン」
28日は南青山マンダラでライヴします。
南青山マンダラはHPや写真を観ただけだとちょっと高級感漂ってて敷居が高いって思うかもしれません。
実は私も最初はそうでした。
何かよくわかんないけど「ちゃんとしなきゃっ」って思っちゃったのだけど。
それは違いました。
正確に説明しますと、きちんとしてるけどピリピリしてません。
まず店長の山本さんはいっつもニコニコしてて(営業スマイルじゃない本当の微笑み)、ブッキングの津山さんはいっつもちょっとニヤニヤっとしてて。
つまりイメージよりゆるーい空気が流れてます。セカセカしてません。
でももちろんだらしがない訳じゃなく普通にきちんと常識的な空気です。
内装がオトナーな感じだから、一瞬戸惑う人もいるかもしれないけど。
例えば銀座な感じとかじゃないです。
つまり、Tシャツ短パンでも大丈夫です。
Tシャツ短パン、私が実践してみたいのですが、ステージに立つ身なのでちょっとそれは難しいのでしませんが。。。
b0026428_1934277.jpg

(本日の一曲)
中島みゆき「糸」
by akiyama-yoko | 2014-04-23 04:07 | 音楽 | Comments(0)
揺れる揺れる 「それぞれの太陽 第二回」 レポート
b0026428_1415049.jpg
「それぞれの太陽 第二回」鈴ん小屋 ライヴレポート

一昨日は心が揺れに揺れる一夜でした。
たぶん、これは当日じゃなくて準備の段階でそうあるのが理想です。
当日はお客さんにとって揺れに揺れる一夜になることが本望です。
私が揺れててはお客さんに揺れてもらうことができません。

反省モードから入ってしまいましたね。。

宅嶋さんのステージとってもよかった。
私は袖からいいぞいいぞいいぞーと興奮して観てました。
宅嶋さんは自分のダメさをエンターテイメントのレベルまで引き上げられる人。
正にアーティストです。
サポートのシマゼンさんもよかった。
シマゼンさんは自然と相手に心を開かせる天性の素質みたいものがある。
音楽的な要素とエンターテイメント性のバランスがいいなーって思いました。

進行役やトークをやることは私にとって全く別ジャンルのことです。
私は欲張りです。
私は音楽の力を信じてます。
けどイコールいい音楽をただやれば感動してもらえる。と安易に考えれません。

私が出来る限り音楽を聴き手に近づける努力をしたいのです。
音楽を届けるときに妨げている障害物を取り除く行為です。

人間はどうしてもいろんな先入観などでガチガチになりがちです。
まず私自身がそうだからです。

音楽で感動してもらう機会を増やしたいのです。
今の段階だと逆に余計なお世話的になってる部分も否めません。
全ての人に対して万能なことなんてあり得ないけど、試行錯誤し続けます。

今回トークコーナーのために事前に募ってメールでいただいたメッセージは、かなり面白くしみじみと読ませてもらいました。
中には今まで何度もお会いしてる方なのに、そんな事がおありになったのね、っと驚きをもって読ませてもらった方もいらっしゃいました。

宅嶋さんへの質問と答えはハイライト映像で垣間みることが出来ますのでよかったらご覧になってくださいね。
私はこれを観てますます宅嶋さんという人に出会えてよかったって思いました。



以下秋山羊子のセットリストです

[前半]
水分
ハテナ
指一本で倒されるだろう
ピラニアの棲む湖
やさしいにんじん(bigmamaカヴァー)
ほめられたい
もう一度僕らは

[後半]
マフィンみたいな雲
あほぅ
どん
夕立
コロッケパン

[セッション]
Love In Vain(カヴァー)
パンを一切れ(アンジー カヴァー)

[アンコール]
時のかけら

(本日の一曲)
LED ZEPPELIN「Dazed And Confused」
by akiyama-yoko | 2014-04-21 13:57 | ライヴ・レポート | Comments(1)
それぞれの太陽 第二回 ハイライト | 池袋 鈴ん小屋 2014-4-19

by akiyama-yoko | 2014-04-21 02:36 | HITSUJI LABO 映像 | Comments(0)
メッセージありがとうございます
メッセージくださってありがとうございます。
いただいたメッセージの中から何人かの方のを当日紹介させていただこうと思ってます。
まだ受け付けておりますのメッセージ送ってくださいね。

お待ちしてますね。
b0026428_13561244.jpg

++++++++++++++++++++++++++++++++++
HITSUJI LABO企画「それぞれの太陽 第二回」
2014年4月19日(土)鈴ん小屋(東京・池袋)

秋山羊子が出演・進行役となりゲストとのトークやセッションを織り交ぜながら送るエンターテインメントLIVE「それぞれの太陽」。その第二回目です。

出演:bigmama、秋山羊子
OPEN/19:00 START/19:30
前売2500円 当日3000円(+ドリンク代)
東京都豊島区東池袋1-47-1 庚申ビルB1F
03-6382-7273

http://www.ringoya.org/(鈴ん小屋)
http://yokodiary.exblog.jp/21160310/(羊子の鈴ん小屋紹介)
https://www.youtube.com/watch?v=kEP8L0Hww5E「それぞれの太陽 第二回」CM(YOKO's レクチャー編)
http://yokodiary.exblog.jp/22427144/(トークについて)

(本日の一曲)
プリンス「kiss」
by akiyama-yoko | 2014-04-18 14:01 | 音楽 | Comments(1)
トークのテーマは「生き残るということは」です。
b0026428_161655100.jpg
昨夜はすごい強風でした。
桜が散ってしまう〜って思ってました。

来週4/19(土)「それぞれの太陽 第二回」を行います。
ゲストとして福岡よりbigmamaを迎えます。

今回はミニトークをします。
テーマは「生き残るということは」です。
私が常に考えてるテーマです。
お客さんからもメッセージを募り当日発表させてもらおうと思います。
当日いらしゃれない方、遠方の方もぜひメッセージいただけるとありがたいです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++
あなたがずっと続けていることは何ですか?
やめようと思った瞬間が何度もあったと思います。
でもやめないで続けてこれたのはなぜですか?
続けていこうという気持ちになれた何かエピソードがありましたら教えてください。

メッセージはこちらへどうぞ
mail@hitsujilabo.com
http://www.hitsujilabo.com/mail/mail.html
++++++++++++++++++++++++++++++++++

HITSUJI LABO企画「それぞれの太陽 第二回」
2014年4月19日(土)鈴ん小屋(東京・池袋)
秋山羊子が出演・進行役となりゲストとのトークやセッションを織り交ぜながら送るエンターテインメントLIVE「それぞれの太陽」。その第二回目です。
出演:bigmama、秋山羊子
OPEN/19:00 START/19:30
前売2500円 当日3000円(+ドリンク代)
東京都豊島区東池袋1-47-1 庚申ビルB1F
03-6382-7273
http://www.ringoya.org/(鈴ん小屋)
http://yokodiary.exblog.jp/21160310/(羊子の鈴ん小屋紹介)
https://www.youtube.com/watch?v=kEP8L0Hww5E「それぞれの太陽 第二回」CM(YOKO's レクチャー編)

トークのテーマはこの新曲のフレーズからきています。

by akiyama-yoko | 2014-04-11 16:13 | 音楽 | Comments(0)




Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo