<   2014年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧
メールマガジン「羊子からの手紙 七十一通目」完成です。
「羊子からの手紙」5月号が完成しました。
これは私が毎月配信しているメールマガジンです。

内容としては私は大きな組織ではなく個人で音楽活動をしています。
何から何まで全部自分で責任を負いやらなくてはなりません。
故に苦労もあり、また故に受ける恩恵もあります。
そのことを伝えることもこのメールマガジンの重要な趣旨です。

と書くと大げさな感じになりますが、中身はフレンドリーです。
私自身の音楽がポップスにしてはピリッとした感触があるので、バランスをとるためにもメールマガジンでは少し柔らかくいきたいなーって思ってます。

今月の目次です。
・今月の新曲「君が描いた地図」
・エッセイichi「この一ヶ月はいっぱい歌いました」
・エッセイni「新しいアルバムのこと」
・エッセイsan「好き嫌いで行けばいい」
・羊子の逆お悩み相談室 回答編
・羊子の逆お悩み相談室 相談編
・今月のガツンときた言葉
・羊子のアンテナ
など
+++++++++++++++++++++++++
継続&配信希望の方は下記へ「更新希望」「手紙希望」とご連絡くださいね。
無料です。
http://www.hitsujilabo.com/mail/mail.html
mail@hitsujilabo.com
+++++++++++++++++++++++++
b0026428_12245684.jpg

(本日の一曲)
Miiya「ハピネスの花」
by akiyama-yoko | 2014-05-29 12:32 | お知らせ | Comments(0)
大村みさこさんの紹介です。
5/31ワンドロップでご一緒する大村みさこさんの紹介です。
みさこさんとは2度目のご一緒。

みさこさんの集中力が好きです。
歌だけを伝えようとしてぎゅぅーっと集中してる集中力が私はとても好きです。
このぎゅぅーっと集中する時間って本当に尊いものだと思います。
それは緊張感を強いることでもありますが、そういう時間はとても必要だと思います。

歌には普段気づかない自分の気持ちを呼び覚ます感情を強く刺激するそんな作用があります。
だから時にはひどく辛くなることもあります。
でも感情が表に出てくることは基本いいことだと私は思ってます。
表に出てくるということはその人がもうその感情を半分は克服してるということだから。
けど辛いものは辛い。
でもここで音楽がキーとなります。
音楽って懐がとても広く、まるで母のようだなって思います。
認めたくない自分の感情をどこか和らげてくれるそんな作用があります。不思議です。

今回はみさこさんとセッションをします。
こちらは更に集中力勝負な内容です。
楽しみにしていてください。
b0026428_1312725.jpg

(本日の一曲)
山田庵巳「ロールキャベツ」
by akiyama-yoko | 2014-05-28 13:19 | 音楽 | Comments(0)
今週末は関西ツアー
さて今週末は今年2回目の関西です。
ここ数週間ライヴが続いてます。福岡、熊本、先日の東京ミイヤカフェでのライヴ。
その中で時折培ってきたものが芽を出すようなそんな感覚におそわれます。
だからかな最近のライヴはどこかいい意味で落ち着かない感じ。
季節でいえば春みたいな気分です。

何かが起こりそう。

今回は5/30京都ネガポジ、5/31大阪ワンドロップという日程です。
まずは30日のネガポジの出演者の紹介です。

表現太郎さん
表現太郎さんはネガポジのオーナーさん。
いつもPAをやってくださてて何度もお会いしてるのですが、ライヴを拝見したことがありませんでした。
なのでどんな音楽をされてるのかとHPをの覗いたのですが、ソロ映像がなくて、フォーラスという3ピースバンドのがありました。
http://www.youtube.com/watch?v=OcBIIUZqREY
どこかビーチボーイズやビートルズを彷彿させるコーラスワークがまず耳に入ってきます。
厚いコーラスが気持ちいいです。
っと思ったら1966年以降のビートルズに影響とプロフィールに書いてありました。
好きな映画に「時計じかけのオレンジ」「ゴットファーザー」とあり、ニンマリしてしまいました。
b0026428_1221545.jpg


西洋彦さん
西さんとはお会いするのが初めてです。
どんな方なのかと思い日記を覗いてみたら以下の文章が目にとびこんできました。

「新しい曲は、書かれるのを待っている。
それはそこにあるような気もするが、ないような気もする。
作ってからでないと分からない。
それを作れるのは自分だけだ。それは僕にとって絶対的に希望だ。」

もうこれ自体一つの作品ですよね。
以下は西さんの映像です。
「Baby It`s you」
ちょと切ない感じのハイトーンな声です。たぶん私と音域同じくらいかも。
b0026428_12221969.jpg

(本日の一曲)
大村みさこ「つきはなす」
by akiyama-yoko | 2014-05-26 20:06 | 音楽 | Comments(0)
どこかへ消えたらいいのにね
ミイヤカフェでのライヴ。

まずはつだみさこさんのステージ。
何も挨拶なしでクールに1曲目。
っと思ったら歌詞が「こんにちはつだみさこです」と自己紹介ソングでした。
最初から最後まで行き届いた丁寧で飽きさせないステージでした。
40分ならごまかすこともできるけど、1時間のステージはそうはいかない。
「おもひで」と言う曲が心の隙間に入ってきました。
「醜い醜い私の想いで どこかへどこかへ消えたらいいのに」
今の自分にはこの部分がひどく堪えた。

次に私のステージ。
つだみさこさんが「秋山さんの音楽がとっっっってもいいんです」と言ってくださったので、かなり会場が好意的な雰囲気になっていました。
期待に応えなくちゃって意識しちゃうけど、何よりもありがたくって嬉しくってしっかりと集中してのぞみました。
お客さんも最初からかなり集中して聴いてくださっていて、私はそれに応えるべく更に集中して、と言う風に相乗効果が産まれました。
こういうことがあると、ライヴを辞められなくなります。こういうのは麻薬です。

最後二人のセッションではお客さんからその場で言葉をいただいて、そこから連想して曲を作るというのに挑戦しました。
これはみさこさんがご自分の企画ライヴで何度かやられてることです。
いつもは事前にお題をいただいて、本番までに作ってくるという流れですが、今回はその場で二人で即興演奏をしました。
みさこさんはめでたくインプロデビュー。
お客さんは寛容な眼差して見守ってくれてました。
ありがとうございます。

セットリストです。

1.指一本で倒されるだろう
2.ブラボー!
3.米寿の伝言
4.キッス
5.ハテナ
6.君が描いた地図(新曲)
7.マフィンみたいな雲
8.夕立
9.水分
10.コロッケパン

以下セッション

1.「時計」「オホーツク海」「白黒」
※お客さんからいただいた言葉の中からランダムに三つ選び、二人で即興で歌を作りました。
2.ひとりことばたび(つだみさこ) 
3.時のかけら

ミイヤカフェは久しぶりの出演でした。
マスターがにこやかに迎えてくださいました。
私はそれに対して素敵に微笑みを返したかったのですがあまり上手くいきませんでした。たぶん。
笑おうと思うと上手く笑えないものですよね。
b0026428_1675127.jpg

(本日の一曲)
五つの赤い風船「遠い世界に」
by akiyama-yoko | 2014-05-25 16:35 | ライヴ・レポート | Comments(0)
ライヴレポート熊本「オロナミンCのような人」
今回は初めての店、Bar Colon。
気のいいマスターが迎えてくれた。

今回ライヴをお膳立てしてくれたCobyさんの魅力はやはり何といっても人柄の温かさ。
私が熊本でやりたいのですがと言うと即動いてくださった。

熊本タイムなのかお客さんの集まりがとってものんびりしている。
待ってる間は緊張しちゃうけど、でもちょっと日本じゃないみたいでいいなーって思いました。
あまりキチキチすると窮屈で行動範囲も狭まってしまう。
Cobyさんとマスターがさりげなく気遣いをしてくださる。
私は緊張しながらもしみじみといいなーって思ってた。

まずはCobyさんのステージ。
途中でフリーのお客さんがライヴやってること知らずに入って来たのだけど、自然にそのお客さんにも語りかけて場の空気を柔らかくしてくれた。そして私のステージへといい雰囲気で繋いでくれた。
こういうお膳立てはなかなか簡単には出来ない。
わたしだったらたぶんもっとぎこちなくなると思う。
いたく感動してしまった。

Cobyさんはしゃべりも音楽になっている。
音楽としゃべりが分離していまう人が多いのだけどCobyさんはその境目を感じさせない。
なのでステージの流れがスムーズ。
Cobyさんの曲はシンプルな曲が多くてすぐにリフレインできるところがいいなって思った。

終演後にファンの女性が「私の元気の元はCobyさんの歌」って言ってた。
同感。オロナミンCのような女性。

自分も誰かに元気を与えたいって思いました。

私のステージ。
福岡でのライヴがとてもきゅーっと集中して聴くという雰囲気なのに対し、こちらは一般のお客さんがいる中でのバーでの演奏。ちょっと戸惑いました。
けど演奏が始まったらかなりしっかりと聴いてくださっていい雰囲気になった。
鶴田マスターは非常にノリのいい方で「カズー!」と叫ぶとカズーで巧みにソロを吹いてくれた。

「ブラボー!」のエンディングで「愛の讃歌」のメロディを弾くところがあるのだけど、そこで「ヒュ〜」ときた。(たぶんCobyさん)
これには感激してしまった。

セットリストです。

1.指一本で倒されるだろう
2.ブラボー!
3.I Love You(yojikとwandaカヴァー)
4.ピラニアの棲む湖
5.コロッケパン
6.マフィンみたいな雲
7.夕立
8.水分

9.Sunshine Step(アンコール/Cobyさんの曲)

この日は投げ銭式。
Cobyさんはたぶん受け取ってないか、もしくは自身も投げ銭してくれたかもしれない。
何から何までありがとうございます。
b0026428_12535527.jpg

(本日の一曲)
ううじん「むりしない」
by akiyama-yoko | 2014-05-24 01:06 | ライヴ・レポート | Comments(0)
それぞれの太陽 第三回 フライヤー
b0026428_4717100.jpg

b0026428_484099.jpg

…………………………………
フォト:Junyong Ju
デザイン:HITSUJI LABO
…………………………………
by akiyama-yoko | 2014-05-23 04:08 | フライヤー(チラシ) | Comments(0)
ライヴレポート福岡2日目「室内野外体験」
アリワと言えば店主の直子さんのことを触れずにはいられません。
直子さんは非常に特異な方です。
どう特異かというと、すごく人間離れしてるのです。
どんな人に対しても接し方が同じなのです。
こういうことを出来る方は今まで何人か出会ってきましたが、そうそういません。

いったいどういう教育を受ければ直子さんみたいな女性になるのかと考えずにはいられません。

あと何と言っても大好きなカフェ・アリワを守ってくださってます。
アリワはちょっと不便な場所にあります。車がないと行きづらい場所です。
そんな場所で店を維持していくのは相当根性がいることだと想像します。
けどその不便さを上回るようなプラスアルファがアリワにはあります。
パワースポット的な吸引力があります。
霊感とかが特に強いわけでもないのですが、アリワに来るとなぜか気持ちが楽になります。
パワースポット特有の独特な静けさがあります。
ライヴで緊張してるのだけど、と同時に気持ちが休まります。

アリワのスコーン。
毎回買って帰ってるのですが今回ひしひしと感じたのですがやっぱり凄いなって。
他のと違うのです。こんな風に感じるのは私だけなのかな。
例えば普通のお菓子と比べて不自然な香りというものが断然ありません。
ある意味何てことないから人によっては印象に残らないかもしれません。
でも必要な甘みであるとか酸味であるとかそういうものがバランス良くちゃんと入っている。

私の歌もそうありたい。

さて、ライヴの方はというとこちらも直前まで集客が心配だったのですが、出張で来られないと言ってた方がいらしてくれたりしていい感じで客席が埋まりました。
重ね重ね、主催の武元さん、店主の直子さん、そしていらしてくださった皆さん、そして来れなかったけど応援してくださる皆さん、ありがとうございました。

今回はお昼間ライヴだったので窓からの陽の光の加減が徐々に徐々に変化していくのがわかりました。
その変化とともにライヴが進んでいきました。室内にいながら野外のようでした。
前半ちょっと演奏が焦り気味でしたが、お客さんはそんな私をゆったりと見守ってくれているのを感じました。

以下セットリストです

1.ブラボー!
2.指一本で倒されるだろう
3.米寿の伝言
4.キス
5.ようこそおめでとう
6.ハテナ
7.JR高円寺駅 ドラッグストアの前
8.マフィンみたいな雲

(休憩)

9.雨がやってきて
10.レール
11.コロッケパン
12.ピラニアの棲む湖
13.夕立
14.どん
15.水分
16.時のかけら

17.バッティングセンター(アンコール)
18.I Love You(アンコール/yojikとwandaカヴァー)


明日5/23金曜日はつだみさこさんと2マンライヴです。
1時間のステージをじっくりとお送りします。
福岡と熊本で感じたこと、得たこと、叩き込まれたことをステージにぶつけます。
つだみさこさんもたぶんかなり「やってくださる」と予想してます。
お待ちしてますね。
b0026428_15132490.jpg


(本日の一曲)
コールドプレイ「Magic」
by akiyama-yoko | 2014-05-22 18:01 | ライヴ・レポート | Comments(0)
ライヴレポート福岡1日目「クレイジー」
昨日熊本から帰ってきました。
今日はまず福岡ライヴ初日のことから書きます。

今回の福岡ライヴを企画(今年で4年目)してくれた武元さんは忙しい合間をぬって自分の足で歩いて宣伝をしてくださいました。
かなり集客に苦労されてました。責任を一手に引き受けてくださいました。
そのおかげでライヴだけに集中させてもらうことが出来ました。
これはどんなにかありがたいことか。

人にものをすすめるのはとっても大変なことです。
特に武元さんは相手の気持ちを大事にする方なので、尚いっそう難しことだと思います。

普通に考えるとアフターファイブはゆっくり好きなようにお家でリラックスしたいと思うのです。
わざわざ時間と労力とお金をかけて出かけなくてもいいのです。
そこを何とか無理言って来てもらうわけです。嫌がられるのを覚悟で。
私は福岡に住んでいるわけではないのでライヴが終われば基本的にそこで終わります。
けど武元さんにとっては福岡が生活の場なわけですから距離を置くのが難しい場合もあるわけです。
自分がしたことがダイレクトに自分の生活に響いてきます。

だから武元さんはクレイジーです。
私はこのクレイジーさに救われ自分がクレイジーにならずにいられるのでした。

まず一日目のロック・バーFactotum(ファクトタム)
とても緊張しました。
お客さんの集中力が凄まじくて私は最初それに押され気味でした。
次第にだんだんとだんだんと空気が変化していきました。
ここがライヴの醍醐味です。
たぶんお客さんもその変化を感じてたのではと思います。
その場に居る人しかこの感覚を味わえないのです。

以下セットリストです。

1.指一本で倒されるだろう
2.ブラボー!
3.バッティングセンター
4.キス
5.ようこそおめでとう
6.ハテナ
7.JR高円寺駅 ドラッグストアの前
8.マフィンみたいな雲

(休憩)

9.やさしい人参(bigmamaカヴァー)
10.I Love You(yojikとwandaカヴァー)
11.向かえのレストラン
12.ピラニアの棲む湖
13.夕立
14.どん
15.水分
16.もう一度僕らは
(アンコール)
17.ウィスキーをどうぞ(リクエスト/bigmamaカヴァー)
18.コロッケパン(リクエスト)

Factotumのマスターと奥さんはとても素敵な方でした。
とても自然に相手を思いやれるそんなお二人でした。
また歌わせてほしいです。

明日は2日目アリワのライヴレポート書きます。
b0026428_19401632.jpg

(本日の一曲)
bigmama「1%」
by akiyama-yoko | 2014-05-21 19:51 | ライヴ・レポート | Comments(0)
つだみさこさんとの2マンライヴ
今週末は九州へ行きます。その後東京に戻って
5/23(金)には、つだみさこさんと2マンライヴです。
場所は銀座ミイヤカフェ。
たっぷりとじっくりとつださんと私のステージを堪能してほしいです。

つだみさこさんとは共演を含めて何度かお会いしてますが、その度に新鮮な印象を受けます。
初対面の印象はまるで思春期の頃の感受性をそのまま冷凍パックしたような方だなと思いました。
とても印象的な女性でした。
その後初めて共演させていただいて、一緒にアカペラセッションをしたのですがイメージを180度覆させられました。
すごーく変キャラで、ビックリしました。いざという時の捨て具合が素晴らしいって思いました。
そんな刺激的なつださんとまたご一緒出来ること心から感謝しています。
b0026428_15315071.jpg

(本日の一曲)
大村みさこ「明日から君はもういないのに」
by akiyama-yoko | 2014-05-15 22:33 | 音楽 | Comments(0)
Cobyさんの紹介
Cobyさんがおやりになっていた熊本のお店「ルーパ」で以前何度かライヴをさせてもらいました。
Cobyさんの魅力に引き寄せられて集まってくる気のいい常連さん達が集うお店でした。
毎回親密で温かいライヴになりました。
皆の母のような存在で女性からみてもさっそうとしててかっこいいのです。
その後とっても残念なことにお店は閉店し去年は熊本行きを断念しました。
言うまでもありませんが熊本でライヴが出来ていたのは「ルーパ」があってのことでCobyさんあってのことです。
そのCobyさんが今回私の熊本ライヴのために率先して動いてくださいました。
非常にありがたいです。

Cobyさんは体全体からネイチャーな空気が漂ってくるシンガー。
そして声量がかなりある。びっくりするぐらい。
たぶん力が抜けてるのだと思う。力を抜くのが一番難しい。
私が演奏してると時々不思議な口笛で合いの手を入れます。
これがまるで野鳥のような響きで、最初「えっ?何今の」と驚いたのを今でも覚えてます。
そして皆が認める美人さん。
ここで歌が聴けます。
https://www.youtube.com/watch?v=eUBHKrXijgA
Cobyさんの動画がこれぐらいしか探せませんでした、
なので自分が今回しっかり撮らせてもらおうと思ってます。
b0026428_1446217.jpg

(本日の一曲)
つだみさこ「或る詩人に会った」
by akiyama-yoko | 2014-05-11 14:47 | 音楽 | Comments(0)




Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo