<   2014年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
2014年もとてもお世話になりました
b0026428_14273130.jpg

今年もお世話になりました。
来年はまずは新しいアルバムを完成させます。
また来年もお会い出来ることをとっても楽しみにしてます。

羊子

(本日の一曲)
曽我部恵一「海までの道をきみと歩いてる」
by akiyama-yoko | 2014-12-31 19:45 | 日常 | Comments(0)
歌い納め
今年最後のライヴ終了。
場所は地元阿佐ヶ谷ネクストサンデーで原淳さんのイベントに出演。
こちらはグランドピアノがあってリハーサルであぁやっぱりグランドって気持ちいいなーっと思った。

5組が出演。
まずは「れーみ☆」さん
まだ学生さん。
どうしても自分と比べてしまうのだけど、早熟だなーっと。
単純に関心してしまった。
時折ジャズっぽいかっこいいフレーズが出てくるので後から聞いてみたら、キースジャレットを聴いているとのこと。

次はあきゆみこさん
どこか音楽が懐かしくて郷愁をそそった。
小さなお子さんが二人いらっしゃるみたいで、母親の視点で書かれている曲は心がこもっていた。

清水ひろみさん
ひろみさんはお客さんの心を開くのが上手。
「壷」はいつもより増してのりのりで会場をみんなを温めてくれた。
清水さんからはいつも気持ちのいい気遣いを感じる。

そして楯川明宏さん
楯川さんは原淳さんと軽快な会話をしながらさらに会場を温めてくれた。
おかげで次にやる私がやりやすくなった。
私が好きな「バラ色メガネ」が聴けて嬉しかった。

そして私
まず「コロッケパン」をピアノを弾かず原淳さんのギター伴奏で。
ピアノを弾かないで誰かの伴奏のみでやることはふだんあまりないので新鮮だった。
その後はピアノ弾き歌い。
ネクストサンデーのグランドピアノは気持ちよかった。

この日はありがたいことにCDがたくさん売れた。
これから新たしいCDを作ろうとしているのでとても励みになった。

以下セットリストです。
コロッケパンwith 原淳
さいごのうた
夕立
水分
もう一度僕らはwith原淳(アンコール)
b0026428_8491213.jpg

(本日の一曲)
ヨハン・シュトラウスⅡ世「美しく青きドナウ」
by akiyama-yoko | 2014-12-29 11:16 | ライヴ・レポート | Comments(0)
ちょっと一息
12/25のバースデイ・クリスマス・ライヴと12・26の年の瀬小景ス
終了しました。
ほっと一息ついてます。

まずは池袋鈴ん小屋さんでのバースデイ・クリスマス・ライヴ。
この日はかなり寒くて身体がちじこまっていましたが、演奏してる間にポカポカと身体が温かくなっていきました。
会場の皆さんもそうであったらいいです。

ワンマンでソロで歌うのは緊張感もありますが、かなり濃厚で集中したライヴになる可能性もあって、私はそこにやりがいをとても感じます。
この日も後半に進むにつれてどんどん核心に迫っていく、そんなエネルギーを感じました。
いつもながらお客さんあっての成せることです。

本当に幸せな時間をありがとうございます。
私も幸せになってお客さんも幸せになれるようこれからもあきらめないで追求します。
以下セットリストです

1st
Happy
マフィンみたいな雲
カラフル
君が描いた地図
ピラニアの棲む湖
ジンギスカン
5月の空に
さいごのうた

2nd
みなとまち
米寿の伝言
バッティングセンター
夕立
向かえのレストラン
指一本で倒されるだろう
水分
もう一度僕らは
 
コロッケパン(アンコール1/リクエスト)
どん(アンコール2)


翌日は東中野のRAFTで「年の瀬小景ス」
何とも刺激的な一日でした。
私以外の出演者はダンス、演劇の人達でいつもと違う人達に囲まれてのイベントでした。
私もステージの時はある程度は演じるわけですが、ダンス、演劇の場合はもっと演じる度合いが強い。
その演じるという迫力に圧倒されてました

ダンスパフォーマンスの「まさおか式」が印象的でした。
身体から溢れでるものが伝わってきました。

出演時間は10分。曲目です
どん
水分

明日12/28は阿佐ヶ谷ネクストサンデーで原淳さん企画のイベントに出演します。
出演は最後で15:10-15:30の予定です。
お待ちしてます。
b0026428_10355914.jpg


(本日の一曲)
Rumer「Dangerous」
by akiyama-yoko | 2014-12-27 13:28 | ライヴ・レポート | Comments(0)
ポカポカ
昨日は少し温かくて過ごし易かったけど、冬本番ですね。
寒くなると出不精になります。
まず朝布団から出るのが「えい!」と気合いが必要。

そんな寒さが日々厳しくなっていく今日この頃ですが、
明後日のライヴも「えい!」と気合いで来て頂けるとありがたいです。
鈴ん小屋さん自体はもちろんちゃんと暖房完備してるはずですのでご安心を。

私は歌うと大抵血流が良くなって手足もポカポカします。
お客さんもそうなってもらえたらなぁーといつも思います。
単純に血行が良くなると気分も上がります。

最近サントリーホールにオルガンコンサートを聴きに言ったのですが、気がついたら体がポカポカしてました。
ただ単に会場が温かかったからではない温かさなんですよ。
運動したわけでないのに血流が良くなってる感覚。
マッサージ受けたそんな感覚に近いかな。

そんな風に来て下さった方が血行がよくなったら私は最高です。
お待ちしてますね。

秋山羊子 バースデイ・クリスマス・ライヴ
2014年12月25日(水)鈴ん小屋(東京・池袋)
OPEN/19:00 START/19:30
前売2000円 当日2500円(+1ドリンク代)
東京都豊島区東池袋1−47−1 庚申ビルB1F
03-6382-7273
http://www.ringoya.org/(鈴ん小屋)
http://yokodiary.exblog.jp/21160310/(羊子の鈴ん小屋紹介)
http://youtu.be/lXBtXkZL_zo(YOKO's セレクション「池袋 鈴ん小屋 ベスト5」)
b0026428_10323847.jpg

(本日のもう一曲)
栗コーダーカルテット「ジョーズ」
by akiyama-yoko | 2014-12-23 10:29 | 音楽 | Comments(0)
動いて動いて
今年最後の「羊子からの手紙」完成しました。
私が毎月配信しているメールマガジンです。
今月は体の調子がだいぶん戻ってとっても嬉しくなりだまっていられなくなり外出をたくさんしました。
CDショップにも何度も行きました。
そこで気に入ったCDを見つけそれに刺激を受けて新曲が出来ました。
アンテナのコーナーでは紹介したいCDが書ききれませんでした。

来年も一杯動いて動いて、「羊子からの手紙」を新鮮で面白いものにしていきたいです。
まだ登録されてない方はぜひ試してほしいです。
以前登録していて再度の登録も大歓迎です。

今月の目次の一部です。
◆今月の新曲「5月の空に」
◆エッセイichi「クリスマス・ライヴとアルバム制作のこと」
◆エッセイni「左足大股歩き」
◆エッセイsan「美味しいカフェ・オ・レ」
◆羊子の逆お悩み相談室 回答編
◆羊子の逆お悩み相談室 相談編
◆今月のガツンときた言葉
◆羊子のアンテナ
etc.
+++++++++++++++++++++++++
継続&配信希望の方は下記へ「更新希望」「手紙希望」とご連絡くださいね。
http://www.hitsujilabo.com/mail/mail.html
mail@hitsujilabo.com
b0026428_763675.jpg

(本日の一曲)
ゴマアブラ「フライ揚げる」
by akiyama-yoko | 2014-12-23 10:25 | お知らせ | Comments(0)
3本の年内ライヴ
今月は都内で3本ライヴがあります。
12/25(木)バースデイ・クリスマス・ライヴ@鈴ん小屋
12/26(金)「年の瀬小景ス」@中野RAFT
12/28(日)原淳presentsよりすぐりLive@阿佐ヶ谷Next Sunday

25(木)のバースデイ・クリスマス・ライヴは毎年恒例のライヴ。
一年を締めくくる大事なワンマン・ライヴです。
単純に今歌いたい歌を素直に歌おうと思ってます。
フライヤーです↓
b0026428_2132582.jpg


26(金)の「年の瀬小景ス」は3日間に渡って行われる賑やかなイベント。
私はその初日に出演。演劇、ダンス、音楽、など一日に8組が出演。演奏時間は10分程。
フライヤーも華やかでこんな感じです↓
b0026428_21265292.jpg
b0026428_21272871.jpg


28(日)はシンガーソングライター原淳さん企画のライヴ。
ピアノやギターの弾き歌いアーティストが6組出演します。演奏時間は20分程。

26(金)、28(日)は演奏は短い時間ですが、イベントならではの刺激を楽しみながらいいステージにしたいです。

来れそうな方は教えてださると嬉しいです。
お待ちしてます。
b0026428_15375279.jpg

(本日の一曲)
竹原ピストル「RAIN」
by akiyama-yoko | 2014-12-17 21:30 | 音楽 | Comments(0)
クリスマス・ライヴは9回目を迎えます。
あと2週間ちょっとで毎年恒例のクリスマス・ライヴ。
今回で9回目(10年目/2006年お休み)。
私が一番長く続けてるイベントです。

とにかく今回は歌えることがとても嬉しくて嬉しくてしかたがありません。

私が伝えたいのは希望です。
希望は私がどんなに聴き手に伝えたいと思っても相手がそれを感じとりたいと思ってないと届きません。
ただ難しいのはその本人も希望を感じたいかどうかわからない場合もあります。

だからこそ足を運んでもらいたいです。
私にチャンスを与えてください。

私は音楽家です。
音楽はキュートで神秘的で愉快で良い加減でいかようにも変化し何とも便利なものです。
その音楽を味方に私にしかできない希望を伝えること。
それが私がやりたいこと。

鈴ん小屋でお待ちしてますね。
b0026428_1232375.jpg


羊子

(本日の一曲)
ジョン・メイヤー「St. Patrick's Day」 
by akiyama-yoko | 2014-12-09 13:49 | 音楽 | Comments(0)
三重県大紀町ヒノキヤストーブ
三重・名古屋4days 4日目。
ひのきやさんに入ると薪ストーブにまずあたりました。
何だろう、この包みこまれるような暖かさは。
遠赤外線効果でストーブから離れてもしばらく体が暖かいそうです。

まずはRAMOさんから。
会場がまた別の意味で温まった。
RAMOさんは人の心を開くのが上手だ。毎回感心させられる。
雰囲気が良くなるので次に歌う者にとってはとてもありがたい。
適度なプレッシャーもかかるし。

そして私のステージ。
お客さんがちゃんとみてるのがわかってうれしく、程よく緊張した。
ひのきやさんに集まってくるひとたちはとてもまっすぐだ。感受性の強さを感じる。

最後のセッションでは待望のRAMOさんの曲「宝くじ号」をやった。嬉しかった。

またここに来たい。そのために変わり続けたい。

以下セットリストです。

・君が描いた地図
・バッティングセンター
・カラフル
・向かえのレストラン
・レール
・どん
・指一本で倒されるだろう
・さいごのうた
・水分

・宝くじ号(アキラモセッション)
・ピラニアの棲む湖(アキラモセッション)
b0026428_1150166.jpg

(本日の一曲)
ケミカル・ブラザーズ「Star Guitar」
by akiyama-yoko | 2014-12-08 11:45 | ライヴ・レポート | Comments(0)
星の街の音楽会 ライヴレポート
名古屋・三重4days 3日目は三重県自閉症協会主催のコンサートへの出演でした。
いつもとは環境、状況が違ったので多少不安もありましたが、気持ちよく歌うことができました。
やりにくい状況かも、と主催の方から言われていましたが、それはマイナスではなく「あ、反応してくれてるな」という感じでした。

この日のお客さんの多くは、ふだん気軽にコンサートへ行くことができない人たち。
直接自閉症の方やその家族とお話するチャンスは少ししかありませんでした。
私は非常に限られた人間関係の中で生きていて、知らないことだらけなんだな。
そして知りたいと思えば、知ることができて、それは私しだいなんだな。
自分の中で何かもやもやしたものが残りました。

以下セットリストです。
・指一本で倒されるだろう
・バッティングセンター
・カラフル
・水分
・ピラニアの棲む湖
・夕立
・どん
・さいごのうた
・ジンギスカン

・コロッケパン(アンコール)
b0026428_12163688.jpg
(本日のもう一曲)
RAMO「宝くじ号」
by akiyama-yoko | 2014-12-07 12:09 | ライヴ・レポート | Comments(0)
名古屋今池valentine drive ライヴレポート
名古屋・三重4days 2日目のヴァレンタイン・ドライヴ。
とても集中することができました。
とても集中することはなんて快感なのでしょうか。

条件がそろってました。
valentine driveは今回で3回目。安心感があったこと。
店主の野村さん、さっちゃんのおかげで心地よい空気が流れていたこと。
お客さん自身がとても集中してくれていたこと。
私の体調も良かったこと。

私だけが幸せになってもしょうがないのですが、とても幸せな夜でした。
以下セットリストです。

1st ステージ
・ブラボー!
・米寿の伝言
・カラフル
・マフィンみたいな雲
・君が描いた地図
・レール
・バッティングセンター
・さいごのうた

2nd ステージ
・エッセイ朗読「はっさく」
・シュークリーム
・ピラニアの棲む湖
・羊子
・夕立
・もう一度僕らは
・指一本で倒されるだろう
・水分

・ジンギスカン(アンコール/リクエスト)
b0026428_12152544.jpg
(本日の一曲)
マイケル・ジャクソン「Beat It」
by akiyama-yoko | 2014-12-07 11:54 | ライヴ・レポート | Comments(0)




Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo