それが全てではない
クエンティン・タランティーノ監督の「ジャンゴ」観てきました。
2時間半ぐらいと長めなのに全く飽きさせませんでした。
それはあっぱれ。

いろんな映画のオマージュが入ってるらしいですが一つも分かりませんでした。
きっとわかったらもっと楽しめるのかもしれません。
けど分からなくても十分でした。

今回「ジャンゴ」を観に行こうと思ったのは、まずアカデミー賞式が最近あったのでそれを参考にしました。
賞に振り回されたくないけどそこまでたくさん映画を観ないから。

一番気になったミヒャエル・ハネケ監督の「愛、アムール」がまだ始まってなくて。
そして次にアン・リーの「ライフ・オブ・パイ」
これは3Dを体験したかったのとアン・リー監督が好きだから。
けどちょうどいい時間がなかった。
そしてタランティーノは嫌いじゃないし、脚本賞を受賞したもポイント高かったです。
故伊丹十三さんが映画は脚本で決まるみたいなことを言ってました。
もちろんそれが全てではないのですが、うなずけるところがあり今特にそういう気分だったので
決めました。

ジャンゴ。
人一人死ぬだけで苦しいのに、かなり残虐です。
けどこれは映画です。
あくまでも。

観た人の感想知りたいな。

教えてね観たら。


明後日サンジャックでのライヴ
来て下さいね。
今月は特に一本だけだし、大事なライヴです。

(本日の一曲)
斉藤和義「ポストにマヨネーズ」
b0026428_13375341.jpg

by akiyama-yoko | 2013-03-10 13:34 | 映画Movie | Comments(0)


<< 生意気 Come On !! >>


Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo