あと2曲、私の愚痴を聞いてください。
池ノ上 CAFE ボブテイルのライヴにご来場ありがとうございました。
久しぶりの島崎智子さんの歌。
気迫いっぱいのステージに私はおののいてしまいました。
島崎さんにやられる人が続出しているのもうなずけます。
言葉の強さを改めて感じました。
島崎さんみたいな人は珍しいなーと思います。
所謂フォークソングとはまた違って音楽的なユーモアや快楽もしっかり盛り込まれている。
どうやったら伝わるか(そしてある意味生き残っていけるかを)彼女は真摯にとてもピュアに向き合ってるんだろうなーって感じました。
そしてしっかり上手に自分自身のデトックスもしているなーと。

島崎さんは本当にライヴで歌うことが必要な人なんだなととても強く感じました。
私はそれに見合うだけの歌う理由があるのだろうかと考えてしまいました。
なぜ歌うのだろうかという問いかけは今に始まったことではないけれど。
(「時のかけら」の歌詞ですしブログのタイトルでもあります)

さて私のステージ。
来てくださった皆さんに対しての感謝の気持ちが自然に湧き出てきました。
こんな私の歌を聴きにきてくださったんだって。
皆さんは話下手な私のMCにもちゃんと耳を傾けてくださってありがたかったです。
この日は選曲や曲順をかなりアバウトにしか決めてませんでした。
たくさんライヴをやっていた頃はそういうことをしていましたが、最近はわりと曲目をカッチリ決めてやることが多かったのです。
今回は失敗するかもしれないけど久しぶりに曲を決めないことにチャレンジしてみようと思いました。小さなチャレンジですがそういうのって大切だなって最近思います。
去年福岡でご一緒させてもらった木下弦二さんがお客さんの様子をうかがいながらまるでお料理を出すように選曲していくライヴをされていて、とてもいいなーっと思ったからです。

昨日は私の「どん」をカバーしたいと言ってくださってる中国人のシンガーソングライターのチェン・ビーさんがいらしてくださってとても勇気をいただきました。
音楽って国境を越えるんだな〜って。

またボブテイルで歌いたいです。
またライヴで歌う為に毎日マイペースに精進します。

以下セットリストです。

シャンシャン
紫陽花レニー
どん
かけがえのない日々
ハテナ
羊子
ゴールド
すなのしろ
水分
b0026428_20354245.jpg

(本日の一曲)
バーブラ・ストライ サンドとセリーヌ・ディオン「Tell Him」
by akiyama-yoko | 2018-03-19 20:36 | ライヴ・レポート | Comments(0)


<< よこべー通信三月号 だからライブって面白い >>


Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo