人気ブログランキング |
2006年 09月 24日 ( 1 )
水俣展
今日和光大学水俣展に行ってきた。

きっかけは作家の田口ランディさんがその中のイベントで講演をやるので気になってたからだ。

行ってよかった。
ランディのさんの講演もよかったし展示会もよかった。

心に残ったことがある。
ランディさんのお話の後に質問コーナーがあった。
一人の女性が手を挙げた。
その人は「質問とかじゃないんですけど…上手く言えないんですけど…私は10歳になる重度の障害をもった子供がいます。とくに原因というのがあったわけではなく生まれつきで…水俣病のように被害者と加害者とかそういうのがないので私のケースは…えーと、、、上手く言えないんですけど…このことをどう思われますか」みたいなことを質問した。

とても切なかった。

想像するにその人は何かを抱えきれないでいる感じだった。
たぶん、自分でどうしていいかわからずいっぱいいっぱいなんだと思う。
誰か加害者とかがいたらそっちに訴えることが出来るのに、そういうわけじゃないからやり場がなくて苦しんでいる、そんな様子にみえた。

帰り道、そのことが頭から離れなかった。
その人の状況をいろいろと想像してみた。
その人の周りの人はしっかり助けたりしてるのかなぁ、とか
例えばその人の場合国からの補助金とかって出てるのかなぁ、とか。


展示コーナーの最後の方に水俣病で亡くなった方々の写真がずらーっと飾られた円形のブースみたいところがあった。
その中に入ると何ともいえない何か圧力みたいものを感じて怖くなった。

(本日の一曲)
Suzanne Vega「LUKA」
by akiyama-yoko | 2006-09-24 22:02 | 日常




Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo