人気ブログランキング |
<   2004年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧
juana molina 「tres cosas」
フアナ・モリーナ『トレス・コーサス』
フアナを初めて聴いた時の事は忘れられない。
圧倒的な何かがあった。
無視出来ない何かがあった。
どうしてだろう?

何だかなつかしい。。。
子供頃を思い出す。
子供の頃の記憶ってどこか不思議で時には不気味でさえある。
子供の頃は物事がよくわからなかったぶん、何かがとっても研ぎ澄まされていた気がする。
ちぇっ惜しいなって思う。

このアルバムの特徴なんだけどサウンド的にはアルゼンチン音響派って呼ばれてて
普通の楽器(主にギター)とかもちゃんと入ってるんだけどそれ以外に
何だろう?これ何の音?ていう音がいっぱい入ってる。
でもこれらの音は人為的に創作したというよりも
フアナの歌につられて何かえたいの知れないものが姿を現したみたいな感じがする。
笛吹いたら壺から蛇が出てくるみたいなノリで。

フアナの音楽って何もしてない感がいい。
そう、とても自然だ。
私が圧倒的って感じたのはとても自然だったからなんだと思う。
だから聴いている私もフアナの歌につられてそのえたいの知れないものの一つになる感じ。

一つだけ古い民謡のような曲がはいってる。
違和感がない。
フアナの曲はどこか新しいのだけどとても古い民謡や日本で言えばわらべ歌のような雰囲気もある。
それはフアナのどこかいい加減な感じの(いい意味で)鼻歌みたいな歌い方のせいもあるし、
曲が短くてシンプルで不必要にドラマティックにしてないせいかもしれない。

今日雪道を散歩しながら聴いていたら、何だかとてもいい感じだった。
フアナの国アルゼンチンは雪が降るのかな。

試聴できます。juana molina

b0026428_2171255.jpg
by akiyama-yoko | 2004-12-31 21:09 | 羊子のCD紹介
SUPER SIZE ME
スーパー・サイズ・ミー」を観にいった。
これはマクドナルドを3食1ヶ月間食べ続けたらどうなるか?と監督自ら人体実験したユニークなドキュメント作品だった。
自ら危険を冒し実験台になるというのに強く惹かれた。
何ていうか身体を張ってるものってやっぱ理屈ぬきで伝わるものがある。
変な例えだけど、君の為ならこの川に飛び込みますって言って飛び込まれたら
びっくりするけど本気度は伝わるってくる。
プライドを何処まで捨てられるかというのは本気度のバロメーターだ。
あるとき気持ち悪くなってゲロしてしまうのだけどそれもしっかりとカメラにおさめられてる。
さすがにあちゃーって思ったけど。
プライドを捨てられる人はプライドがちゃんとあるから出来るのだと思う。

この映画は世の中に対して何かを投げかけてるのだけど全体的にとても爽やかだ。
何でだろう。
子供が夏休みの自由研究をやってるようなそんな爽やかさがある。
素直な疑問から始まり素直な反応を残して終ってる。
必要以上に何かを非難していないどこか公平な目がある。

私は普段からマクドナルド(ファーストフード)をあまり食べないけど、普段よく食べてる人はこれを観てどう思うのだろうか?
by akiyama-yoko | 2004-12-29 21:57 | 映画Movie
小川美潮「ウレシイノモト」
小川美潮さんのアルバム『ウレシイノモト』
このCDは何回も何回も聴いた。
久しぶりに今日また聴いてみた。
このCDは92年発売なのだけど色褪せない。
よく一昔前の音楽を聴くとあー昔だなぁーって否が応でも気になっちゃうんだけど
このアルバムは気にならない。
たぶんそれは厳選された音だから普遍的なんだと思う。

やっぱ自分が一番好きなのは10曲目の「人と星の間」という曲だ。
これは何回聴いても毎回震える。
これは小川美潮さんしか絶対作れないし歌いこなせないだろう。
あと、リズム隊がよくてとっても気持ちいい。
それと2曲目の「きもちのたまご」も好き。
詩が特に好き。作詩は工藤順子さん。

ドラムの青山純さんはプロデュースに関わってるみたいで
アルバム前面にリズムが押し出ている。
なのに決して歌の邪魔はしてない。

先日鈴木朋さんのライブを聴きにいった時予約特典に1曲入りのCDRがついてきた。
聴いてみたら何だかちょっぴり小川美潮さんを思い出した。
そういえば鈴木朋さんはお気に入りアーティストに小川美潮さんをあげていた。

小川美潮さんとピアニストの渋谷毅さんとの二人のコラボレートしてるライブを聴きに行ったことがある。
とってもよかった。
渋谷さんのピアノってもの凄く音数が少なくて、微妙ーに後ノリ気味なんだけど
それがとっても快感なんだよね。

『4to3』というアルバムも良い。1曲目の「デンキ」と9曲目の「窓」がお気入り。
あー何だかこっちも聴きたくなっちゃった。

b0026428_2341053.jpg
by akiyama-yoko | 2004-12-28 23:42 | 羊子のCD紹介
新曲「どん」
「なぜやりたいことが(歌いたいことが)わからなかったのだろうか?」
「そもそも一体なぜ自分は歌うのだろうか?」
ずっとずっとわからなかった。
ていうか本当にわかろうとしてなかった。

たぶん良かれ悪かれ守られてきたからだ。
何かを歌わなくたって生きてこれた。
その方が生きやすかった。
そうしてどんどんどんどん鈍っていった。時に鈍ってない人を羨ましがったり理不尽にけなしたりもした。

私は随分お休みしてた。感じるということを。
あぁそれはもったいないことだ。
「目からウロコ」って言うけど
ウロコは落としたもの勝ちだ。
どんなにへこんでもウロコが解決の糸口になる。
ウロコを落とすために感じていたい。
やりたいことを探す出発点は感じること、そこから始まる。

もし大事な大事な宝物を奪われたなら
宝物を返せって歌えばいい。

新曲「どん」ができました。
by akiyama-yoko | 2004-12-22 12:29 | 「羊子の独り言」
Coldplay「静寂の世界」
Coldplayはイギリスの4人組ロックバンド。
聴くとU2を少し思い出すけどColdplayの気持ち良さはU2の気持ち良さとちょっと違う。当たり前だけど。
Coldplayの音楽はある意味ぼやーっとしている。表向きは。
何回も聴くと実ははっきりしてるということに気づく。
それはたぶん欲張ってなくて言いたいことが一つだからだと思う。
全くぶれてない。

いいなと思うのは弾かないところはおもっきり弾かないでスパンっとなくなるところ。
でも足場を失った感じにはならない。
なぜなら実際は音として鳴ってはいないのだけど、その背後に幽霊のように聴こえるから。
アレンジの変化はあるのだけどずっとずっと肝心なものが継続してる。

一番難しいのは音を出さずして聴かせる(感じさせる)ことだ。
Coldplayはそれをやってのけてる。
すごっ。

美空ひばりさんもそうだ。歌ってない時も歌っている。
表に出てるもの(声)は耐え切れず思わずもれ出てしまった。そんな感じがする。
そしてひばりさんの涙は冷静だ。
泣いているのに泣いてないのは、もっともっと奥深いところで号泣しているからだ。

Coldplayもとっても奥深くで叫んでる。
叫ばずして叫んでる。
聴き手もそれに反応して叫ぶ。
ColdplayのライブDVD観たけど観客の熱狂ぶりは凄かった。
ステージの熱と観客の熱がぐるんぐるんに絡み合って化学反応を起こしてるのがDVDからでも伝わってきた。
CDもDVDもお薦めです。

b0026428_22203291.jpgb0026428_14343914.jpg
by akiyama-yoko | 2004-12-21 22:21 | 羊子のCD紹介
恋の門
松尾スズキさんが監督した映画「恋の門」を観にいった。
面白かった。
主演の二人(松田龍平、酒井若菜)が特によかった。
主人公に入り込めた。
男性側から女性を描く時たまに美化する傾向があるような気がして嘘だぁーって思う事があるんだけど
この映画では程よく女性の変態性も描かれていてリアルだった。
酒井若菜さんはとってもキュートだった。とてもいい女優。
あと、口に出さない心の中の本音が効果的に使われていてそこがポイントだった。
心の中の台詞といえばコントの二人組アンジャッシュが好きだ。笑える。

表現に携わってる人が誰でも直面する、どうやって食べていくか、という事への想いがこの作品を引き締めエネルギッシュにさせていた。
この映画全体にファンタスティックなオーラがあった。
そこがにくいところ。
私が一番「きた」のはその説明のつかないファンタスティックな部分だ。
そこには未知なものも含めて世の中にある全てのものへの敬意が漂っていた。
そういうものに触れると私は泣きそうになる。
by akiyama-yoko | 2004-12-15 22:13 | 映画Movie
川村結花「native colors」
今年の6月にリリースされた川村結花さんのアルバム『native colors』はパッと聴きもいいし何度も繰り返し聴ける。
「美人なのに飽きない」という感じ。
アレンジもいい。

特に一曲目「わたしが知ってる」は(別のパターンも出てくるのだけど)基本的に1つのネタをひたすらくり返す。
途中間奏になってチェロが入ってきても、これでもかというぐらいひたすらくり返す。
それでいて不思議と飽きない。終った後も洗脳されたみたいに離れない。
あっぱれだ。

アルバム全体に共通の匂いがある。
最初の入り口は、あー切ないなーって感じなんだけど、そこで終わらずちゃんと明かりがある方まで親切に連れて行ってくれる。
いろいろあるけどさぁ、まぁ、頑張ろうぜ!みたい感じ。

以前インストアライブを聴きにいった。
よかった。
とても自然な感じのお姉さん、って感じの人だった。
次のアルバムも早く出してね。

b0026428_1919999.jpg
by akiyama-yoko | 2004-12-13 19:20 | 羊子のCD紹介
そこから始まる。
否定から入られると人は心を開かない。
どんなに経験の浅い子供でも、どんな人生でもそれはたった一つの尊いその人の人生だ。
何かを人に伝える時や人付き合いの基本はまず相手への敬意、認めることから始まる。
当たり前の事なのかもしれないけど。
最近そう感じる。

何かに(誰かに、社会に、自分自身にetc)それでいいのか?と疑問を持つことは大事だ。
それがなくなったらお終いだ。
でも何かを変えたいのならまず現状を認めるべきだ。
そこから始まる。
じゃないと意味がない。

現状を認めるのは簡単じゃない。
だって私達は不完全だから。
by akiyama-yoko | 2004-12-11 18:57 | 日常
U2様
私がU2のファンになったのは最近。
新しいアルバム『How To Dismantle An Atomic Bomb』も聴いたけど
一番好きなのは『The Joshua Tree』だ。

この『The Joshua Tree』を聴くと大事な事を思い出させてくれる。
それは「気持ちいい」だ。

曲が終ってもまだずっとずっと続いてる感じがする。
曲がとっても長いものを切りとった断片のようだ。
やっていることに無理がないというか、もの凄く深いところで感じてるというかそんな気がする。
とにかく感じることにただただ捧げてる、そんなアルバムだ。
だからかな、何だか尊い匂いがするのは。
ボノのボーカルは熱いのに暑苦しくない。
そしてバンドの演奏がどこか冷んやりとした感触なので何だかそのバランスが好きだ。
Coldplayというグループもそういう感触を受ける。

お薦めのアルバムです。

b0026428_2263862.jpg
by akiyama-yoko | 2004-12-10 22:25 | 羊子のCD紹介
Welcome to the Dollhouse
トッド・ソロンズ監督「ウェルカム・ドールハウス」をDVDで観た。
学校でいじめられ家でもビミョーな冴えない女の子が主人公のコメディータッチの思春期もの。
何でだろうな、、下手すると感傷的になり過ぎちゃうような場面もいい塩梅になってる。
初めはコメディータッチのせいかな?って思ったのだけど、それだけじゃなくって
バサッバサッて切り捨てるような描き方のせいだ。
何だか容赦ない。
この容赦のなさというのが映画を支えてる感じがする。
この容赦のなさに監督さんのエネルギーと個人が見え隠れする。
この監督さんは描かずにはいれないものがちゃんとある。そんな感じがする。
だから容赦ないのだ。きっと。

トッド・ソロンズ監督の他の作品で「ハピネス」というのもとてもおすすめだ。
是非観てほしい映画です。
by akiyama-yoko | 2004-12-08 21:50 | 映画Movie




Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo