<   2005年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧
羊子からライヴハウス様へ。その2
第二弾を書いているうちに違うぞ?あれれ?ってなってきた。
「羊子からライヴハウス様へ」というより「羊子から無条件に関わるみなさまへ」って感じになってしまった。
ごめんなさいね。でも伝えたかったことはこういうことです。

私は自分の弱さを改めて知った。
世間(日本)の常識に振り回されてる自分がいた。
私は自分ひとりで何かを変えられるとは思ってない。
けどやりたいことがある。
単に我を通したいわけでは決してない。
今、瞬間瞬間近くにいる人(ライヴハウスのスタッフ、お客さん、共演者、対バンの人、無条件に関わる人々全て)と一緒に作っていくことがやりたいこと。
模索してるの。トライしたいの。

まず興味深い意見やブログがあるので紹介するね。
■一度行ったことがある渋谷のバー、BAR BOSSAの店主のブログより
なぜ日本にはライブ・チャージのない気軽なライブ・バーが存在しないのか
■お世話になったあるレーベルの社長さんの言っていたこと。
要約するとこんな感じです。

私も一度矢野顕子のコンサートを聴きにブルーノート東京に行ったけどお店も含めてよかった。
けど私にはチケット代が高くてしょっちゅうは行けないなぁ。


今回ワンマンライヴをやることになって普通の対バン式と違って当然負担や責任が重くのしかかった。
それは望んでることだった。
でも重圧の質に疑問を感じてきた。
ストレスだった。
それは集客力=「よろしい」
みたいな脅迫観念だった。
そんなことよりいいライヴをやるんだ!いえーい!って私は思ってたけど、、、なり切れなかった。
「集客力がない、もっというと有名でない、ということに私はコンプレックスがあるのだ。」ということに気づいた。
もちろん私がいいと思うアーティストは有名だからとかそういうのとは全く関係ない。
自分も出世欲とかはそれほど関心がない。
ただ、何かが弱いと思った。
何かとは本当にいいライヴしたいという気持ち。
どんなことでも跳ね除けるパワーがないとウソだ。

闘っていた。
振り回されたくない。
秋山羊子という一人の人間としてがんとした価値観を持ってたい。

私はだんだんわからなくなってきた。
混乱していた。
いい音楽をすることよりも集客することに一生懸命になっていきそうだった。
これは今回に限ったことではない。やばやばい、って途中で思った。
こんな風に実際に言ったこともある。
「大事なのはお客さんの質じゃないですか。じゃないと(私もライヴハウスも)続いていかないと思います。」
けど空しく響いた。
なんで空しいのだろう。
お店にこんなこと言ったからといってどうとなるって問題じゃないように思えたから。
同じような立場にいるんじゃないの。

私はいいライヴをしていきたい。
そのためには協力は必ず必要。
ライヴハウスやお客さんや、
もっと言えば全人類の。
うぉー、話が大きくなりすぎかな。
「音楽はみえないもの。だって感じるものだから。だからこそ評価が難しい。でも無限だ。末恐ろしいパワーを秘めている。」
それに私は人生を賭けてる。

(本日の一曲)
ERIS REGINA「帆掛け舟の競争」
by akiyama-yoko | 2005-12-31 14:30 | 音楽 | Comments(0)
羊ラヂオ
※現在メールマガジン「羊子からの手紙」を希望してる方専用のページにアップしています。

バースデイ・ワンマン・ライヴのときに配布した「羊ラヂオ」をホームページ上でもアップしました。
音源の部分はワンマンのライヴ録音に差し替えたりしました。
それぞれネットの環境って違うと思うから(私もその辺詳しくないのですが)、
なんか重かったり、など不都合な点があるのかもしれません。そういったことでもよいので、
ご感想お待ちしてます。

b0026428_13492889.jpg
羊ラヂオ 2005年12月25日
出演:羊子、ELI
構成:ELI
編集:鈴木多加志、

1.どん(live@多作2005.12.25)
2.誕生日
3.凶暴さ
4.指一本で倒されるだろう(live@多作2005.12.25)
5.旅に出よう
6.危ういもの
7.生と死の境界
8.日比谷カタンさんについて
9.山田庵巳さんについて
10.鏡の反射
11.狂った手(live@多作2005.12.25)
12.羊子へのメッセージⅠ
13.羊子へのメッセージⅡ
14.ハテナ(live@多作2005.12.25)
15.ぼく
16.母
17.健全さ
18.羊子からのメッセージ
19.アオイソラ(live@PLUG2005.11.26)
20.収録後

by akiyama-yoko | 2005-12-30 14:05 | Comments(0)
羊子への反応(ライヴ@多作)その3
b0026428_14361458.jpg今日も直接メールにて感想をいただきました。
※本人の許可をいただいてから紹介しています。

★YOU16さんからのメール「ワンマンライブお疲れ様でした。
-羊子コメント-
うん、緊張してたぁ。自分でもびっくりしたもの。
YOU16さんが想像してる年齢が私の年齢です!

(本日の一曲)
ドビッシー「月の光」
by akiyama-yoko | 2005-12-28 14:31 | 羊子への反応(LIVE)
宣言しますⅢ
長い旅でした。
お手伝いをしてくれるレーベルや事務所をずっと探してました。
自分の居場所を探してました。
けど見つかりません。
どうしてなのかな?
それは、、、
ないからです。
ということに気づきました。
居場所は自分で作るのです。
もしくはもうあるのに気づいてないだけです。

応援してくれる人がいる限り活動は続けられます。
ありがとう。

私は選びました。
実感を。
今この瞬間生きているという実感を。
それが欲しいのです。

CDは自主リリースします。
録音した音源はあるけどジャケットのこと流通のこと著作権のことなど
よくわからないことや考えなくてはいけないことがいっぱいあります。
誰かに相談したりお手伝いを頼んだりしながらやっていこうと思います。

これからもよろしくです。

(本日のもうもう一曲)
秋山羊子「アオイソラ」
by akiyama-yoko | 2005-12-27 23:16 | 日常
羊子への反応(ライヴ@多作)その2
今回は直接メールでいただいた感想です。
※本人の許可をいただいてから紹介しています。

★近藤浩毅さんからのメール「ワンマンライヴお疲れ様でした。
-羊子コメント-
「メーちゃん」とは昔の私のあだ名。
b0026428_22104818.jpg私も近藤さんもお互い変わったのかもしれないね。

★小倉孝司さんからのメール「今だったら、ケイト・ブッシュと対バンしても勝てそうだ。
-羊子コメント-
そっかーアンコールで昔の曲やるのって結構あるんだ。
最近の曲のこだわりに気づいてくれて嬉しいなぁ。
にしてもタイトルにはびっくりしました。

(本日のもう一曲)
Kate Bush「Prologue」
by akiyama-yoko | 2005-12-27 22:16 | 羊子への反応(LIVE)
羊子への反応(ライヴ@多作)その1
ブログやアンケート、直接のメールで感想を書いてくれた人を紹介したいと思います。
私も日々誰かの表現に触発されて表現している。
ライヴ最中もそうでした。
その場でお客さんの反応に刺激されライヴが作られる。
今回私のライヴを聴いて何かを感じてくれてその人から出てきたものは一つの作品だと思ってます。
今後もこのようなかたちで私が面白いと思った「羊子への反応」を紹介していきたいと思います。
※ブログやダイアリーで何か書いてくれた時は教えて下さい。教えてくれないとたいてい気がつかないので。
※アンケートやメールでの感想は本人の許可をいただいてから紹介します。

★ELIさんのブログ「“I wanna be your flower”」「singer/songwriter  Yoko Akiyama
-羊子コメント-
ライヴ直前に読みました。何とも嬉し恐ろし挑戦状。
ELIさんの番組で私を取り上げてくれてどうもありがとう。

山下スキルさん12月25日のDIARY「アオイソラ、ボクハマダシンデナイ。」
-羊子コメント-
何故「アオイソラ」の歌詞がカタカナだとわかったのかな。ちょっと不思議。
ミニマルへの愛、感じました。

★I♀SS-NET主催、大楽さんのブログ「クリスマス☆
-羊子コメント-
帰り際ちょっとお話した。
大楽さんは心の中にいつも火を燈し続けてる。

★Sound and vision of Hide「拝啓 秋山羊子さま
-羊子コメント-
終演後、私に絵本が浮かんだ、と熱く語ってくれた。
羊CDと羊ラヂオの感想もありがとう。

★ドラマーの菅田さんのブログ「多様性の強度とシンプルさが持つ純度
-羊子コメント-
BGMでかかっていたCDを早速買って帰っちゃうところがすごい。スピードがある。
b0026428_12284116.jpg次の課題がよりはっきりしました。

★写真を撮ってくれたチュー太さんのブログ「聞いとくれ。ちゃたろう!
-羊子コメント-
写真撮影どうもありがとうございました。
写真に集中力を感じました。

★神谷きよみさんのブログ「ラジオ
-羊子コメント-
ステージからちょうど神谷きよみさんの姿がよく見えた。
確実に彼女もステージに上がっていた。

(本日の一曲)
ダニエル・ラノワ「WHERE THE HAWKWIND KILLS」
by akiyama-yoko | 2005-12-27 12:30 | 羊子への反応(LIVE)
ワンマン・ライヴレポート@多作「予想外」
一瞬一瞬がいとおしいかった。
ライヴ前から。

いとおしいということ、
愛するということはこんなに激しいんだと思った。

私はなぎ倒されそうになった。

ライヴが始まった。
ステージに出た瞬間、会場のパワーにたじろいだ。
逃げ出したくなった。
あぁ、ダメかもってなりそうになった。
あ、けどけど
いいんだって思った。
いいんだ。
緊張している私を認めた。
緊張している私を存分に観てもらおうと思った。
わーい弱虫と思ってもらって結構。

そう、今更なんだって思った。
自分の気の弱さは知ってるはず。

必死だった。
けど楽しかった。


はっきり決めていたことがあった。
アンコールはやらないと。
それはお決まりがいやだからだ。
そもそもアンコールはやらなきゃならないなんてなんか変だ。

最後の曲が終わって楽屋にひきあげた。
私は自分の出来はハテナマークというか判断が出来なかった。
ただ必死でこなしたという実感が残ってただけだったので。
ステージの内容はよかったのかわからなかった。
けど客電がついてBGMが流れても拍手は鳴り止まなかった。
本当に望んでいるアンコールだと判断して促されるように1曲演奏した。
(本当に望まれたアンコールだと思いたい)

アンコールの曲は本当に困ったあげく、弾き歌いを始めたとき作った曲「食べよう!」にした。
歌ってる途中であぁ失敗したって思った。
キーが高くて歌えない。

ライヴはお客さんと作るものなんだってつくづく思った。
あまりにお客さんにパワーがあったので倒されそうになったぐらい。
これからもどうか倒して。
倒して。

b0026428_13211236.jpg思わずMCで、皆さんのこと大好きです、って言った。
自分でもびっくりした。
皆さんが言わせたんだと思う。
してやられた。

たくさんの人たちからプレゼントをいっぱいもらった。
ありがとう。
これも予想外。

今までで最高の誕生日だった。

アコーディオンの田ノ岡さんはそのつど違う。
その時の状況で臨機応変に演奏することができる。
けど頑として変わらないものも感じる。
それはひとえに音楽が好きって気持ち。

セットリスト(ライヴ音源は近日中にアップ予定)
1.スキャット
2.太陽さ
b0026428_1322194.jpg3.みなとまち
4.ハテナ
5.コロッケパン
6.ジンギスカン
(休憩)
7.タンゴ組曲(田ノ岡さんソロ)
8.アドリエンヌ(田ノ岡さんソロ)
9.もう一度僕らは
10.狂った手
11.時のかけら
12.指一本で倒されるだろう
13.アオイソラ
14.どん
(アンコール)
15.食べよう!

photo by 置名さん

(本日の一曲)
ウォーターメロン砦「oh!babe」
by akiyama-yoko | 2005-12-26 13:27 | ライヴ・レポート
羊子の独り言(2005.12.25)
今帰ってきました。
頂いたコロッケパンを食べながら書いてます。
では本日の「羊子の独り言」(これは毎回ライヴ会場にて配布しているフライヤーの文章です)

2005年羊子の肥し

岡本太郎
多大なる勇気をもらいました。今でも日々もらってます。最高に愛すべき人。私のアイドル。

岡本敏子
岡本太郎という存在は敏子さんがいたからだと思う。敏子さんの本物の強さにとても惹かれます。

水谷勇紀
レコーディング・エンジニアの水谷さんからはいろいろなことを教わりました。

田口ランディ
私が表現する上でとっても影響を与えてくれる作家。いつも肥やしをもらえます。
講演会にも行ってきました。よかったよ。

ELI
「羊ラヂオ」で対談した、ELIさん。感性は子供のように柔らかい。
こんなに柔らかい人は珍しい。

ジョン・レノン
アルバム「ジョンの魂」をはじめ、曝け出し具合やストレートさにとても共鳴した。

シガー・ロス
繊細さと力強さを兼ね備えた奇跡的なバンド。来日公演行きます。

奥田民生
もっと早く聴けばよかった、と後悔した。余裕がある。いい意味で。

しりあがり寿
ランディさんがおすすめしていた漫画「ア○ス」は衝撃だった。根こそぎ心臓を掴まれた。

福岡正信
エンジニアの水谷さんから教えてもらった、なんともユニークな人物。
いろんなことを覆された。農業という枠を超えて。

はなふぁーむ
無農薬やさいを宅配してもらってます。味的にはあっさりしていて飽きないです。
食卓になくてはならない存在。

(本日の一曲)
ELIS REGINA「CAI DENTRO」

b0026428_2315910.jpg










どうもありがとう。
by akiyama-yoko | 2005-12-26 02:33 | 「羊子の独り言」
「姿勢がいいですね」と以前アンケートに書いてくれた人がいた。
へー面白いこと言う人だなぁ、って思った。

確かに私が日々意識していること。
歩いてる時、
座ってる時、
こうやって書いている今も。

姿勢は基本だと思う。

ここ最近骨盤のゆがみとかTVでも何かと注目されてる。

私は、骨盤がゆがんでるといい表現が出来ない、とさえ思ってる。

感覚を研ぎ澄ませたい。
いつでも準備万端な状態でありたい。
身体が羽のように軽くありたい。

私、明日は飛んでいっちゃうかもしれない。

(本日の一曲)
さだまさし「 推理小説 ミステリー
by akiyama-yoko | 2005-12-24 11:31 | 日常
ランディさんの講義
田口ランディさんの講演会に行ってきた。
場所は東大の法文館。
はじめて行った東大構内は広かった。
教室って感じの小さな部屋で中は満員立ち見だった。
初めて見るランディさんにドキドキした。
ジーンズにセーターというカジュアルな格好。
小柄な人だった。
しゃべりたいことがいっぱいあるの、と言って熱っぽく話し出す。
だんだんと会場の雰囲気が密になっていく。
あぁこの感じいいなぁ。

私はお話を聞く子供のような気分でランディさんの話に耳を傾けた。
自分が今興味のあることばかりが話題にのぼった。
だから片時も漏らさず聞きたいと思って集中した。

「生きてるって、どういうこと?」
それがテーマだった。
何となく格好悪いなぁって思っちゃうテーマだけど
ランディさんが言うとそうならない。
何だか格好いい。

立ち見で少し疲れたせいもあってランディさんの講義が終わってすぐに帰った。
その後は質疑応答があるみたいだった。
とにかく聞きに行って良かった。
ワンマン・ライヴに向けていいイメージをもらいました。

(本日の一曲)
シガー・ロス「Agaetis Byrjun」
by akiyama-yoko | 2005-12-22 20:52 | 日常 | Comments(2)




Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo