人気ブログランキング |
<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
最近の羊子の肥やし(ジャンルレス、何でもあり、有名無名関係なし、無条件、タイムレス)
ゆらゆら帝国「SWEET SPOT」「ゆらゆら帝国のめまい」など
あぁ、日本にこんないいバンドがいたんだぁって思った。
しかも現役だから嬉しい。ライヴにいってみたい。
最近お気に入りのバンド。

BLANKEY JET CITY「1991-1995」
こちらは解散しちゃってるけどこっちもいい。
特に「ディズニーランドへ」って曲はおすすめ。
浅井さんが歌うからゆるされる歌詞。
こんな人はいないなぁ。まったく。
たいした人だ。

kaki king「...until we felt red」
たまたまタワーレコードでみつけた。
まずジャケットがいい。惹きつけられた。
そして中身もいい。
とても繊細なんだけど力強いギター。
何ていうかアーティストとして誇り高く踏ん張ってるような作品。

フィッシュマンズ「空中」
ボーカルの人が亡くなっちゃってて解散しちゃってる。
最近初めて聴いた。繊細なボーカルがとってもいい。
等身大の「僕」を歌ってる。

コーネリアス「MUSIC」
彼ならではのポップス世界だなぁって思う。
アイディアとユーモアと気持ちよさがいいバランスで入ってる。前作「POINT」も好き。

手塚治虫「火の鳥」「ブラックジャック」
KOHさんにすすめられて読んでみた。
面白い。こんなエネルギッシュだとは。
凄いなぁって思うのは難解な事柄もわかり易く届けてくれること。
違う世界のドアを開けてくれる、そんな漫画家。

ヨハンナ・パウンガー/トーマス・ポッペ「月の癒し」
お気に入りの店、表参道の「クレヨンハウス」でみつけた。
健康とか思想とか食事とかのいろんな本が出回ってるけど、この本がいいなぁって思ったのは決して押しつけがましくないこと。
あくまでも自分の感性に頼ってくださいみたいな姿勢。

「eau cafe」
カフェをプロデュースしてる人の本で読んでから行きたいなって思ってた。
友達と行ったんだけどとてもいい時間を過ごせた。
店内もいい感じだし料理もなかなかだった。
結構独りの女性のお客さんがいて、こういうのって珍しいなって思った。
by akiyama-yoko | 2006-09-30 00:00 | 最近の羊子の肥やし
命入ってる
ひょんなことからユーミンを聴いている。
こんなにちゃんとしっかり聴くのは初めてだ。
松任谷由実『sweet,bitter sweet~YUMING BALLAD BEST』

ユーミンはいわゆる心象風景を歌う。
ユーミンの描く世界を耳をすまして聴いてみた。
発見があった。

一回聴いただけじゃぼんやりとしかわからないところも何かがひっかかる。
そしてもう一回聴いてみたくなる。
そしたら、みえてくる。
なーるほど、そうかーって感じで。

ナイーブな気持ちにそっと触れる、そんな歌って気がした。

あとちょっと語弊があるかもしれないけど演歌を思いだした。
何で演歌かっていうと命の入り具合かなぁ。
メロディが抜群にいい。そして言葉に力がある。

ユーミンありがとう。

(本日の一曲)
松任谷由実「夕涼み」

b0026428_1503526.jpg
by akiyama-yoko | 2006-09-29 19:19 | 羊子のCD紹介
水俣展
今日和光大学水俣展に行ってきた。

きっかけは作家の田口ランディさんがその中のイベントで講演をやるので気になってたからだ。

行ってよかった。
ランディのさんの講演もよかったし展示会もよかった。

心に残ったことがある。
ランディさんのお話の後に質問コーナーがあった。
一人の女性が手を挙げた。
その人は「質問とかじゃないんですけど…上手く言えないんですけど…私は10歳になる重度の障害をもった子供がいます。とくに原因というのがあったわけではなく生まれつきで…水俣病のように被害者と加害者とかそういうのがないので私のケースは…えーと、、、上手く言えないんですけど…このことをどう思われますか」みたいなことを質問した。

とても切なかった。

想像するにその人は何かを抱えきれないでいる感じだった。
たぶん、自分でどうしていいかわからずいっぱいいっぱいなんだと思う。
誰か加害者とかがいたらそっちに訴えることが出来るのに、そういうわけじゃないからやり場がなくて苦しんでいる、そんな様子にみえた。

帰り道、そのことが頭から離れなかった。
その人の状況をいろいろと想像してみた。
その人の周りの人はしっかり助けたりしてるのかなぁ、とか
例えばその人の場合国からの補助金とかって出てるのかなぁ、とか。


展示コーナーの最後の方に水俣病で亡くなった方々の写真がずらーっと飾られた円形のブースみたいところがあった。
その中に入ると何ともいえない何か圧力みたいものを感じて怖くなった。

(本日の一曲)
Suzanne Vega「LUKA」
by akiyama-yoko | 2006-09-24 22:02 | 日常
漫画
コメントありがとうございます。映画みたら感想聞かせてください。

KOHさんおすすめの手塚治虫「火の鳥」を読んでる。
まだ2巻分しか読んでないけど面白い。
何て大きいんだろう。描いていることが。
ぐいぐいぐいぐい引っ張られる。
漫画だから静止してるはずなのに、
動く。
たたみかける感じとか、不吉な予感のはしる感じとか、
とにかくエキサイティングだ。

その関係でやはり手塚治虫「ブラックジャック」も読んでる。
こっちも噂には聞いていたけどかなり面白い。

(本日の一曲)
KAKI KING「yellowcake」
※最近買ったすごく良かったアーティスト。まずジャケットにやられた。そのうちきちんと紹介します。
b0026428_0265060.jpg
by akiyama-yoko | 2006-09-20 23:59 | 本Book
太陽
映画「太陽」を観てきた。
昭和天皇を一人の人間として描いた作品ということで話題になっていた。
デリケートな題材ということで日本での公開は難しいと言われてたらしい。
そういうのもあって気になっていた。

とてもよかった。
昭和天皇を演じたイッセー尾形さんがよかった。

ずぅーっと静かだけど確かなエネルギーが流れている、そんな映画だった。
金太郎飴のような映画。

そしていろんな余地のある映画だった。
想像の余地があって観る人に委ねられる。ある意味観る方にとてもエネルギーを要する。
この映画を観た他の人はどんな風に感じたんだろうか?
気になる。


映画館から家まで歩いた。2時間くらい。

今日はぐっすり眠れそう。


おやすみなさい。

(本日の一曲)
ゆらゆら帝国「ザ・コミュニケーション」 ※これが入っているアルバムすごくいいよ。
by akiyama-yoko | 2006-09-18 23:22 | 映画Movie
まなざし
コメントありがとうございます。
ネットラジオ聴いてくださってありがとうございます。

昨日何気にTVをつけた。
いつも散歩に行く時間帯だったんだけどなぜか行きたくなくてTVをつけた。
そしたら松本智津夫被告の死刑判決のニュースをやっていた。
そこで松本サリン事件の被害者である河野さんがこんなようなこと言っていた。

「人を恨んでも幸せになれない」

河野さんはサリンを実際に自宅の庭に撒いた教団の人(刑に服して出所してきた人)を受け入れてサリンが撒かれた庭を一緒に手入れしているらしい。

その後別のチャンネルで上祐代表の生出演の番組を観ていたらとても苦しくなった。
コメンテーターの人たちは、死刑判決を期に教団が何か起こすのではないかと不安に思ってる人がいるけど何か対処してますか、みたいなことで責めていた。

ワイドショーがなんぼ不安だ、心配だと騒いでも何も解決にならないと思った。

私は河野さんのインタビューを聞いて救われた。そのまなざしは何かを象徴してる気がした。

それぞれにそれぞれの立場でいろんな事情や葛藤があると思う。
だから一概には言えないけど河野さんのまなざしは何かとっても良かった。

(本日の一曲)
ONJO「Hat And Beard」 ※大友良英さんのライブ行ってきた。
by akiyama-yoko | 2006-09-16 23:59 | 日常
mFステーション
私が出演したネットラジオがオンエアされています。
先日収録してきましたが予想通り冷や汗ものでした。
自分でもどんな風に仕上がってるかどきどきものです。
(家のパソコンでは聴けないので)

よかったら聴いてください。

mF Charts Hot Artist
第52回(06.09.15放送)
http://www.mf247.jp/mfstation/

(本日の一曲)
フィッシュマンズ「POKKA POKKA」
by akiyama-yoko | 2006-09-15 21:18 | 音楽
身近なこと、遠くの国のこと
コメント書いてくださってありがとう。

東京に越してきて5年目以上たった。
東京で初めてライヴをやったのは高円寺のペンギンハウスというお店。
今でも覚えてる。
ばりばりに緊張していた。
とにかく精一杯やろうと、力を全部出し切ろうと、そう思ってのぞんだ。

その日は9.11のテロが起こった3日後の9月14日だった。
サポートメンバーのSさんがライヴのMCで黙とうを捧げたらどうかと提案した。
私は、うーん、ちょっと。。。って感じでためらった。
どうも自分がそういうことやってもうわっ面っぽくないかと。

結局、MCでテロの話題に触れて黙とうを捧げましょうと言った。


あれから5年が経った。
今の私だったなら上っ面ではなく自然に黙とうを捧げることができたか?
と言われるとやっぱり自信はない。
けど以前よりは、気になる。
そう、気になる。
積極的に世界情勢にアンテナを張ってる方ではない。
遠い国で起こっていることにピンとこない感は否定できない。
だけど今世の中で起こってることは気になる。

自分は世界からみればとっても小さな存在なんだけど、
だけど自分がどう生きるか、例えば今日一日どうやって過ごすかが微妙に地球の裏側で起こってることに影響してる気がするの。
その微妙なんだけど微妙が集まれば大した大きさになるんじゃないかって思うの。

(本日の一曲)
ケツメイシ「あなたに冷やし中華」
by akiyama-yoko | 2006-09-13 23:48 | 日常
羊子さん怖い~
しばらく無しにしてたけどコメントありにします。今日から。
気軽に書いてください。
全部にレスできないと思うけどちゃんと読ませてもらいます。
これからもブログ「僕が歌を歌う理由は」をよろしくね。


「何か羊子さん怖い~」
と彼女は言った。

それは友人のAさんと話をしていた時のことだった。
差し支えのないように説明すると、Aさんはあるミュージシャンのことについてホームページ上で書きたいんだけどマイナスな面も含むし自分は音楽の専門家じゃないのに偉そうに書いていいんだろうか、とちょっと悩んでいた。
私はいきなり彼女にぷいと向かって言った。
「Aさんが感じたことひっかかったことがあってそれを書きたいっと思ってるんならそれは書くべきだ」
「Aさんがひっかかったもの、それはきっと何か意味があってのことだろうし何とかそれを形にすべきだと思う」
「それに出さないと不健康だよ」と付け加えた。

いっつも言葉がしどろもどろの私から思わずすらすらと出た。

そこで「何か羊子さん怖い~」となった。
変な言い方なんだけど自分が言ってるというより「相手に言わされた」という感覚に近い。
相手によって引き出されたというか。
だから思わず
b0026428_21284096.jpg「いやいや今のはAさんが言わせたんだよ」
と言った。

いい感じで相手と会話が進んでいるとこういうことあるよね。
あなたが言わせたんだよ、みたいなこと。
私だけかな?どうなんだろう?

私はそれが面白いから人と話するのが楽しいのかもしれないなぁ。

(本日の一曲)
R.E.M.「最高級の労働歌」
by akiyama-yoko | 2006-09-11 21:29 | 日常




Copyright (c) 2002-2008 akiyama yoko All Rights Reserved.
logo